お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

帰る場所が必要なの



私は、趣味で手芸をやっている。


誰にも作品を見せたことは無いが、私は好きでそれを小さい頃からずっと続けているのだ。
しかし手芸といってもセーターやマフラーを作るのではなく、毛糸の間にビーズを編みこんでオブジェを作るのが私の作風だった。

ひと針、ひと針と編んで行くとき、私は図案を全く紙に書き出さない。構想は頭の中で組み立てる。だから最初はどんなものができあがるのか自分でも想像することができない。

ただ本能のままに編みこんで行きながら、自分が見たいものを作ろうとして鈎針を行ったり来たりさせるのが私のやり方だった。


…私はこれまで、手芸とはなんの関係もない大学に在籍し、毎日を実験や卒業論文に追われて過ごしていた。

いきおい手芸に熱中する時間など無く、それはいつも私の不満の種だった。


―心行くまで手芸をできる時間があったなら…


―手芸で身を立てることができたらいいのに…


私は今まで何度も妄想した。


しかし、実際に手芸作家として成功しご飯を食べていける人間など、ほんの一握りに決まっている。
そのため私は手芸より現実的な進路を優先し、それほど興味を持てない大学の講義にきちんと出席し卒業証書を得て、春からは某企業に就職することを決めていた。


だが最後の春休みに入ってすぐのころ私の頭に、卒業記念にひとつ手芸作品を作ってみたらどうかという考えが浮かんだ。

幸いこの春休みにはなんの予定も入ってなかった。

私はその考えを実行することを決め、近くの手芸屋で気に入る毛糸とビーズを買い込んで、1人暮らしの小さなアパートに篭城する準備を整えた。


それからというもの、私は人生でかつて無かったくらいに熱中した。


卒業制作には、ただ自分と毛糸とビーズと鈎針があればよかった。
ひとの温もりも声も携帯電話もメールも音楽もテレビも邪魔で、全て拒絶してひたすら指を動かした。

私は殆ど風呂にも入らず、ただお腹が空いた時だけは数日に1回近所のコンビニに行って手に入れた食べ物をムシャムシャと口に入れたが、食べている間さえも作業の手を止めなかった。


そうして数週間…


すっかり世捨て人のようになった私の手のなかで、ついに渾身の力を込めて作り上げた作品が完成した。



―ああ、できた…



私はそれを見て泣いた。
感動の余りに泣いた。
金色の毛糸をベースにキラキラと光る何色ものビーズ編み込んだそのオブジェは、自分にとっての最高傑作といえる出来だった。


けれど作品を枕の元に置いたまま眠りについて…



再び目を覚ました時、私は突然茫漠とした寂しさに襲われた。



ひとが恋しい。誰かの声が聞きたい。私の居る場所に戻りたい。
そんな衝動が込み上げてきて私を支配した。



私はその時、『男はロマンを追うものさ』と言ってふらりと出掛ける癖のある放浪癖の友人が、なぜ放浪の限りを尽くしたあと必ず日本の自宅に帰るのかということを理解した気がした。


『戦うこともいいと思った。でも疲れ果ててしまうと思ったの』と言ってキャリアウーマンをやめ、お嫁に行った友人の気持ちも分かった気がした。いま彼女は二児の母だ。





―ああ、そうだったんだ。人間には帰る場所が必要なんだ。





…私は、のそのそと起き上がり、出来上がったオブジェを仕舞うのに適当な箱を部屋から探し出し、そっと作品を入れて蓋をした。



そして来春から働く会社の寮への引越し作業を、おもむろに始めたのだった。
[PR]
# by kirakirakiraku | 2008-03-08 08:59 | ひと

部活追い出しコンパ

きょう、部活の後輩に卒業生として追い出しコンパを開催してもらった。忙しくてあまり部室にいけなかったのに、後輩から花束、プレゼント、色紙、心配り、メッセージなどを頂いて、大感激してしまった。

きょうは、部員の人たちの


「研究室が厳しくて」


「就職活動が大変」


「最近の部の雰囲気は」


なんて話題がひとつひとつ、まるで宝石のように感じられた。

だってもう私は学生じゃなくなるんだもんね。

もうこの土地ともお別れだ…

そう思うと、全てが懐かしく愛しいような気がする。


今日送られてみて思ったのは、今まで追い出しコンパで送る側だったからわからなかったけど、見送られる人は見送る側以上に感激しちゃうんだなぁってことだ。


さて。私の、国家試験前のような、やまいだれに満ちた日々は既に過去になりつつある。

友達と旅行に行って、

プレゼントを開けるときのワクワクする気持ちを久しぶりに思い出して、

好きなことに1日を使って、

生きている日々。

人生がこんなに楽しくて明るくて未知のドキドキに満ちているものだなんてこと、もうずっと忘れていたような気がするんだけど、それを少しずつ思い出せてきている。


日記としてつまらなくても敢えて言わせてもらおうではないか。

いらいらすることや、思いどおりにならないことは勿論ゼロじゃない。

でも…私はいま、


間違いなくちょ~幸せ


にやっています。ありがとう。
[PR]
# by kirakirakiraku | 2008-03-02 02:02 | 生活

SMバトンやってみたよ

SMバトンでっす。 真琴ちゃんのところで拾いました!

このバトンはOCHAHIME channelの中の
「SM診断」をやってみて答えてください。


1  あなたの診断結果は?
(http://ochahime.comのSM診断へGO!その結果を書いてください)

あなたはオレルールなエス

普段のあなたはエスっぽくないエスです。
あなたは結構気分しだいで生活しているため人にも流されません。
かといって他の人に要求したり、不満を感じることも少ないヒョウヒョウとしたタイプです。
「自分は自分、人は人」という感じが、マイペースなエスっぽさを感じるくらいで
本質は許容範囲が広く、ツッコミキャラにはれないでしょう。
むしろ若干ボケなんじゃないか?とまわりに思われてしまうマイペースっぷりは
気分しだいの奔放なエスのくせにまわりを和ませます。
思わずツッコミを入れたくなるようなくらいの気まぐれさですが
「受ける~!それ自己中すぎ~~!!」などと突っ込みを入れても
ダメージはまるっきり受けないキャラ。
ツッコミは本人に入れるより第三者を交えての笑いに使われるでしょう。

マイルールで生きているあなたは毎度毎度気分しだいなので
まわりはあなたの行動をなかなか読むことが出来ません。
あなたも当然相手の心理を読むことや駆け引きなどには、まったく疎いタイプです。
いや、むしろ面倒ですよね、あなたには。w

そんな駆け引きをしないあなたも恋人にはもちろんセクシャル面の駆け引きを発揮。
相手の「も~なにすんの!」という態度に快感を覚える、あなたは当然セクシャルエス。
横柄な態度をとって相手の好意を確認してることもあったりして♪
自分のペースでいさせてくれる相手が大事でしょ?

あなたは相手に自分のペースを受け入れてくれることを第一条件として持っているタイプです。
え、それってある意味生きてる姿勢そのものが「どエス」じゃないですか?
奴隷に対しての女王とかじゃなく、奴隷が皆無でもあなたが紛れもない絶対的キングって感じですね。



2  どの辺が「ぎゃふん。あたってる。」と思いましたか?

ほぼ全部…だけど特に「マイルール」なところ…
相手の心情を推察するのがそもそも面倒だというところ…



3  「心外だ!」と思ったところは?

当たりすぎていて特に心外と思わなかった…
まぁ「まわりを和ませる」方ではないと思うからそこは違うか…



4  あなたのまわりにはSとMどっちが多いですか?

多分Mが大量に居ます
(でも私もMだと思ってたからな…意外に隠れSが居るのか?)



5  あなたは普段自分はSとMのどっちだと思いますか?(いわれますか?)

Mって言われます。
「ドMでしょ~」って言われてヘラヘラしていたしなぁ



6  そう思う普段の行動はたとえば?

「ツッコンデ~」と言わんばかりのネタフリと自虐的な姿勢
↑けどこれってドSの脳内自分がもう1人の脳内自分をいじめてるから表出しているだけの現象かもしれない



7  恋人や好きな人に接するときのあなたはS?M?

MのふりしてSだったり。
分かりにくいMにまわってみたり。
でもSのふりはしない(怖がられるんだもん顔がSだから)。



8  そんな自分は大好きですか?

大好きというほどではないが国家試験が終わってから自分が好きになりつつあります(こ~の支配からの!卒業~♪)



9  「世の中、SとMだけじゃねぇ!N(ニュートラル)だってあるはずだ!」とおもいますか?

そうかもねぇ。「無い」と断定することは「あるはず」より難しいね



10  あなたと反対のタイプ(SならM、MならS)の羨ましいところは?

状況察知能力に優れ相手に合わせられるところがいいな。



11  このバトンを回したいお友達三人をあげてください。

欲しい方強奪プリーズ
[PR]
# by kirakirakiraku | 2008-02-25 14:20 | ひと