お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

OSCE3。

(つづき)  
 こんなかんじでとっても楽しい診察時間ですが、時間終了を知らせる鐘(あのか~ね~を~♪鳴らすのは~、あなぁ~たぁ~♪)が鳴ると、何があってもそこでおしまい。考察をニ、三点指摘されておしまいです!患者の口に入れた棒をどこに置くか考えて、とかはどの先輩も注意されていましたけど、どの人も患者役の私に対して親切で、評価されていました!

 この流れを三回繰り返して、あとは別の人と患者役を交代しました。

 でもその前に、三回目にちょっとしたハプニングがありました。
 それまで私は勝手に
「佐藤太郎さんですね!?お入りください」
と言われて、「佐藤太郎さん」にされていたわけです。女なのに太郎さんですから、明らかに矛盾しています。だけど二回それできたので、三回目も当然そのつもりでいました。
 しかし
 三回目に扉が開かれ、先輩に呼ばれたとき・・・
「佐藤花子さんですね?お入りください」
と突然言われたのですっ。

「わ・・・ワシ、いつ名前変わったんだっっ!!!???」

と、一瞬私の中の佐藤太郎さんが、激しく動揺。
「私は佐藤太郎ですじゃ!」
と主張したい気分でしたが、何度も、
「佐藤花子さん、どうぞお入りください!」
必死な目をして訴えられ、とりあえず
「はいっ・・・」
と言って入室するしかありませんでした。

かさねがさね、標語は「こらない わがない らけない」、「おさし」です!!!(だから何がだ)

しかし、部屋に入ると、机の上の指示書を見た先輩が
「あ、すみません、佐藤太郎さんですよね!!」
と言うではありませぬか・・・。
勝手に名前を「花子」にしたんですか先輩(笑)!!何故「花子」だったんでしょうか!!?
訊きたいが訊けず。ミスながらも、お茶目で面白かった・・・(笑)。

 でも、診察が終わった後、評価する人は、
「この人は耳が詰まってるから聞こえなかったんですよね~」とか
「名前を間違えてもいいんだけどね!」とか言っていて、そのことについては全然気にしていないみたいでした。本番だったら医療ミス寸前ですが、このへんは単なるケアレスミスとも言えるため、甘くしているんだなぁと思いました(笑)。

 全体的に他人事気分で気楽に終わりましたが、やっぱり三人の診察を受けただけでも、一つ一つ優しいかんじで話しかけてくれる人には好感を抱いたり、理屈じゃわからないけどうまい診察があったり、人間同士の相性も確実にあるなぁ~ってのが実感です。でも、先輩方は本当に準備が大変だったと思います。お疲れ様m(_ _)m ってかんじです!

To 来年のきらく
てことで、ちゃんとここに書いておいたんだから、試験前になったら、ちゃんとココを見て雰囲気を復習しろよ~~!!
           From 今のきらく
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-01-09 04:45 | 生活