お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「ザ・インタープリター」

 今日、私はキレていたのである。

 仕事が忙しいのを理由に、朝起きられなくて二度寝する自分に。
 駆けつけたけど昼休みの会議に遅刻してしまったことに。
 仕事仲間に傷つくことを言われたことに。
 休み時間がなくて、授業時間に家に帰って風呂に入る生活に。
 放課後も仕事が山積で、部活まであることに。
 生放送を手伝うはずのスタジオに駆けつけると生放送は明日だったことに。
 そして何よりも、笑顔で休んだ日のノートをとっておいてくれる友人に、頼りすぎていることに。

 気がつかないうちにためこんだものが鬱積していたのかもしれない。
 妙にイライラしたり、車の中でひっそり涙が止まらなかったり、なんかおかしかった。

 生放送を手伝うはずだった時間が空いたので、車に乗って帰ろうとしたら体がいうことをきかなかった。ひたすら遠いところまで走ってしまう。メーターを見たら120とか出ていたけどそのくらいがちょうどよかったのかもしれない。早い車に遭うまで追い抜きなどを繰り返し、ブッ飛ばす前の車に全速力でついていったり、アクセルがんがん踏み込んだりしてしまう。そんなことを2時間も続けていたら、部活の時間になった。
 久し振りの運動をするも、邪念でボールが飛ばない。思うように振れない。イライラして、仮面をつけたみたいな気持ち悪い笑顔を見せて、帰りに思った。

「絶対映画みてやる・・・プライベートの時間は好きなことするんだぁぁぁ!!」

 最近できたばかりの映画館に、夜中駆け込んで、チケットを買って座席についた。

 待っていたのは・・・

 全部忘れさせてくれる二時間。

 観た映画は「ザ・インタープリター」

 娯楽といえる範囲の適度な難解さと伏線がすっっごく面白くて、音楽も映像もよくて、興奮して涙して、あと二回くらい観たいと思った。
 久し振りに生活のことを全部忘れた。すごい。だからこの際細かいツッコミ所は気にしない。

 普通にメインストーリーも面白かったけど、恋愛もいい。抑えた恋愛が。観ながら「お願いだからヤルなよ・・・安易にヤルなよ!!」と祈ってしまった微妙な関係性がよい。あんな素敵なオトナの恋がしてみたい。
 でもああいう恋はせつなすぎだから、あの映画を「面白かったね!!」って言い合える人と付き合えたら嬉しい、という程度がいいかな。ニコールの知的ファッションもよかったし、国連という興味のある舞台設定もよかったし、俳優もよかった。特にショーン・ペンがカッコよかった・・・(うっとり)。

 私は洋風の顔が好きではなく、涼しげな切れ長のひとみの和風顔が好きである。そのためアジア人の男性を見るときはマイナー気味の、しかし必ず固定ファンが存在するタイプを好きになってしまうのだが、洋画を観ていても俗に言う「イケメン俳優」には全く興味が湧かない。ディカプリオもブラピもジョニーデップもジュードロウも「べっつに・・・」としか思わない(失礼)。

 そのためか、「うわっカッコイイ」と思う洋画俳優は、オッサンが多い。何故かオッサン。しかもさほどイケメンでないオッサン。渋い雰囲気とか、セクシーさとか知的さに惹かれたといえば聞こえはいいが、要はファザコンなのだろうか・・・。

 ま、とにかくそんなわけで、映画館からの帰り道には、怒っていた自分がバカバカしくなった。
 嫌な出来事なんかどうでもいいや、と思った。
 帰宅後仕事のリーダーでもある欧介さんと電話会談をして励まされ、ますます元気になった。
 明日からまた新しい気持ちでやれそうだ。わーい。

●「ザ・インタープリター」公式サイトその1
●「ザ・インタープリター」公式サイトその2
●アマゾンの密林「ザ・インタープリター」
●詳細情報
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-06-02 00:36 | 映像