お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

私の生い立ち

 ふと、先ほどの投稿で「医師免許があればいつでも復職できるっていいじゃん!今気付いた」というような、大半の医学生にとっては「ハァ?何をいまさら」みたいな内容の事を書いてしまったので、少し後悔すると共に、自分の生い立ちでも書いてみようかなと思った。そういうズレた発言をしてしまうのは、多分私の生活環境と医学部に来た経緯のせいだから。

 これまでは
「そういうコアな事を書くと、見た誰かが学生課に告げ口して、裏で手を回されて退学させられるのではないか・・・」
などと不安に思って書かなかったのだけれど、数々の私の「医学生らしからぬ不満発言」「あまりに偏った医師観」などについて、このブログを見ている人に誤解されるのも嫌だなぁという考えもあるので書いてみる。

 まぁ自分で自分語りをするわけだから多少ならずとも美化・脚色があるだろうが、私の生い立ちは以下のようなかんじである。

 私の父と母は医者ではないし医療関係の職業でもない。

 だが、私の母の家系は、医者だらけの筋金入りの医者家系である。祖母に至ってはどっかの藩の典医の血筋が入ってるどうたらとかいう、何代も前からの医者家系だ。母方は、祖父も祖母も叔父も、遠い親戚も医者である。

 父の実家は医者とは関係なくて、商売をしていた。

 ところがそんな父と母の間に生まれた私は、小さい頃から核家族で育ち、父の実家にも母の実家にも、疎遠だった。単純にどちらとも、離れた地方に住んでいたからだ。 

 そして、小さな家庭に私が生を受けた瞬間、母は「この子は不細工だ・・・独り立ちできる力をつけさせなくては」という理由(泣)から、私を「女医」にすることを決意し、洗脳を始めたのであった。

 だが実際には、私は高校生になったあたりから理系の成績が目覚しく急落したし、もともと医学部に行きたいとは思っていなかった。本当は中学生あたりからずっと、将来は文科系の仕事がしたかったのである。
 しかし幼少からの洗脳の呪縛と、母の猛反対と期待により、半ば強制されて医学部を志望することになり、結局二年も浪人してギリギリで今の大学に拾って頂いた。

 そこで一つの問題が現実味を帯びた。
 病院の後継問題である。
 母方には、祖父母の開業した病院があるのだ。
 ところが、順番で言えばそれを継ぐはずだった叔父は、優秀かつ変人だったので、根っからの研究医になり臨床を離れてしまった。となると、直系で次の代は私で、一応私は医者になるからには、そこを継ぐと思っていた。

 ところが。
 私はエリート医学部に入れなかったばかりか、2年も無駄に浪人してしまい、しかも女だったので、親戚の期待は限りなく薄かった。実際、確かに私のようなチャランポランな人間が病院のヘッドをやるというのは、かなり無理があるのは間違いない。
 その結果、やれ旦那として医者を連れて来いだの、せめて10年修行してから来いだの言われてしまい、すぐに病院を継げるものだと単純に考えていた私は、何もかもがすっかり面倒になってしまった。

 さらに悪い事に、私は隔離された家族の中で育っているので、いくら親戚に医者が多いといっても医者の仕事の実際の良し悪しなんて全く知らないのである。母から吹き込まれた医者の話は、一昔前の開業医黄金時代の夢物語であり、現代の医者とはかなり事情が違うので混乱するばかり。

 一方、私の父は、家業を継ぐために無理に理系の学部に進学させられた結果、「数学なんかだいっ嫌いだった」と「商売は好きじゃない」が理由で、長男のくせに家業を捨てて公務員になったという経歴の持ち主である。
 このルートは、母の家系の流れで無理に医学部に来た私に近く、そのためその点に於いては父は私に同情的である。「まぁ医学部を卒業したら研究でもなんでも好きな事をしろ」と父は口癖のように言う。

 そんなわけで、偏った情報により混乱しがちな職業選択をしたため、私の医師観はどこかトンチンカンで浮いているのである。これで両親のどちらかが医師だったり、祖父母と同居していたりすれば全く考えは違ったと思うのだが、結局つながりがなくて、どうにも上手く医師という仕事を理解できない。

 医師について、理解したり自分なりに考えたりせずに医学部に来てしまったから、未だに迷いもあるし理想の将来像も曖昧である。
 こういうのが一番大学から嫌われるパターンだという自覚はあるから一応隠してはいるんだけど。

 と、以上のような経緯で、私は時に「なんでこんな事言い出すの??」とも思われそうな医学部や医者についての妙にズレた発言をしてきてしまったのではないかと思う。米山医師と医師免許の話しかり。

 もっとも他のみんなはきっと、心から患者さんを助けたくて、社会の役に立ちたくて医学部に来たはずで、そういう私の発言や態度で、もしかすると気を悪くしているかもしれず、もしそういうことがあったら、ごめんなさい。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-22 05:40 | ひと