お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

夢バト~ン。

静流ちゃんから頂いた夢バトン、忙しさのあまり放置していました(><)ごめんね静流ちゃん!!ということで、お恥ずかしながらお答えしたく思いますっ!


Q1.小さい頃、何になりたかった?
・小説家
・弁護士
・漫画家
・情報関係の仕事

一瞬だけ考えてすぐについえた夢を除外すると、こんなところですかね・・・。

情報関係の仕事っていうのは、高校生くらいの頃から考え出したから、「小さい頃」じゃないかも。国際政治関係の情報を扱うような、大規模でスリリングなやつがいいなぁと思っていた。でも日本は情報部門がめちゃ弱いと言われていて、具体的に就職したい所は無かったんだけど・・・。あとイデオロギーの争いに巻き込まれて死ぬとかは阿呆らしいので、あくまで「007」より「シンクタンク職員」。どちらにしろ妄想レベル。

小説家と漫画家は凄く面白いと思うんだけど、残念ながら才能がないし、職業としてリスキーなので実現せず・・・。これに限らず、何かを作る職業には憧れて止みません。

弁護士は、かなり本気でなるつもりでした。私は某大学附属中学校に通っていたので、大学の法学部教室に変装して乗り込んでみたり(絶対怪しいよなぁ中学生・・・)、法学部の生徒が売り払った教科書や問題集を古本屋で買ったりしてちょっと勉強始めてたり、司法試験予備校のパンフレットまで収集したりしてね(ちなみにそのパンフレットはその後、私をどうしても医者にしたい母によって目の前でビリビリに破られるという憂き目にあう)。
そんなとき、教育学部の大学生が教育実習に来て、最後の日、別れの挨拶で「僕は・・・何もやりたいものがなくて、しょうがないから教育学部に来て・・・でもみなさんと実習できてほんとに感動しました」みたいな事を言いながら泣いた。所謂「でもしか先生」である(先生「でも」するか、先生「しか」やることないかなぁ、みたいな人のこと)。
中学生だった私は、自分自身はすっかり弁護士になるつもりだったので、あとでこっそり「大学生のくせに何だよそれって思ったよ!」と、友人の前で憤慨した。
だけど結局私は弁護士になる夢を捨てたし、「でもしか医学生」になってしまった。今思えば、ほんとガキだったよなぁ・・・(今もガキですけど)。ごめんねあのときの教育学部学生さん・・・。

あ、ちなみに医者は、自主的な夢じゃなかったけど、つねにぼんやりと頭にありました。おそるべし洗脳力。


Q2.その夢は叶ったか?
どれも叶いませんでしたね。というか形を変えて進行中だと思いたい夢も、あることはあるかな。


Q3.現在の夢は?
①自分のやりたい仕事をやること。
でも私は、その仕事の名を知らないから、もしかすると私がやりたい仕事って、職業コースとして一般的ではないのかもしれなくて、一言じゃ表せない。
ま、それはあくまで現在の予定、だだとにかく、自分の好きな仕事をして社会の役に立って、幸せになりたい。チャンスは逃さずトライ、できれば大成するべし。
国家規模、世界規模の仕事がしたいなぁ・・・これも妄想レベルか。

②アリがいない部屋に住むこと。
我が家はどこでもアリを見るんです。どうしてですか。どうしてですか~~!!(発狂寸前)

③そこそこお金を持って、健康で、人間関係に恵まれた上で、めくるめくワンダーランド人生を歩むこと。
いろんな友達が欲しいニャ。
幸せな家庭が欲しいニャ。
どうせ1回きりならば、波乱万丈で楽しみたいニャ・・・。


Q4.宝くじで三億円当たったら?
一億円は両親にあげる。一億円は、好きに使う。ものを買ってもいいし、世渡りのために使ってもいいし。惜しげもなく使うのがポイント。一億円は貯蓄する。貯蓄用一億は、手堅く守る必要があるので、一円たりとも減らないような方法で貯蓄して凍結しとく。老後の生活資金です。


Q5.貴方にとって夢のような世界とは?
生きている事に、絶望しなくてよい世界。


Q6.昨晩見た夢は?
覚えてない。
ただ、私は結構精神的な不安が直接夢に出るタイプで、最近また悪い夢を頻繁に見るようになってきた。一時期悪い夢を見るのが止まっていたんだけどね。
原因はもうだいたいわかっている。
悪夢のようなスパイラル。


Q7.このバトンを渡したい5人は?
次のバトンは、友人少ないので欧介さんにだけ渡しますということでお許しを・・・。欧介さん、よろしくね~。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-10-29 00:16 | 生活