お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

電話が鳴るの

 どうも、きらくです。

 ついにアンケート用紙を発送完了したので、研究の問い合わせ電話が、昨日からじゃんじゃんかかってきますです・・・。

 本当は試験のない研究メンバーの家にあるはずだったこの問い合わせ窓口電話・・・
NTTの不具合(かなり腹立ったから太文字)のせいで急遽うちに来たわけですが、研究始めたのは自分とはいえ、一言でも間違ったことを言うわけにはいかんと思って電話に応対するのは、結構疲れるデスネ・・・はぅ。と、それを理由に(というわけでもないが)テスト勉強棚上げな私であります。

 来週は、研究の師匠(勝手に呼んでる)の科の試験があります・・・・・・il||li _| ̄|○ il||liう、受かる気がしないから怖い・・・。
 私には、「その教科の教授を好きであっても、試験には落ちる」という暗黒の法則があります(ただ試験に落ちやすいだけとも言う)。別に好きだからわざと再試験を狙っているわけではなく、
先生が好き⇒いい成績とりたい⇒なのに何故か気が散って勉強できない⇒再試験・再評価
という流れに何故かハマってしまうのでありますよ!

 例えば三年生の頃、私は、病理学の某A先生の、そのちょっと関西風味入ったあっさりした物腰、ロングな身長、細い眼が好きで、顔を見るのが楽しみでありました。しかも先生は、グループコンパ(というのがうちの学校にはあります)の先生だから、絶対病理の試験を落とすわけにはいかんと思っていました。落ちたら恥だ、とさえ思っていましたよ・・・

 しかし・・・

 行き着いた先は、再試験、再評価・・・。ついに四年生にまで病理を持ち上がり、今年の夏になってやっと病理の単位を拾いました。そんな私が、本試験のあと点数を聞きに行くと、先生は「う~ん・・・この成績はひどいな」とだけおっしゃいました。せ、センセイ・・・。そして、再試験合格が発表されたあと廊下ですれ違ったら、たった一言

 「やっと・・・」

とだけおっしゃいました。何が「やっと」なのか。もう暗黙の了解であります。
解剖のY先生も大好きだったのに、私、たった数人の再試験メンバーにしっかりエントリーされてたしな・・・。

 ってまぁ、嫌いな先生の教科でも、再試験にはエントリーされてますけどね(だめじゃん)。ただ、好きな先生、お世話になっている先生の教科であればあるほど、落ちる辛さは倍増なのは間違いなしであります。

 は~、来週の試験、どうかヤマをはずされませんように(また他力本願かYO!)!!!
[PR]
by kirakirakiraku | 2006-01-20 16:37 | 生活