お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バブル、バブル、バブry

こんにちは、きらくです。

なんか最近、バブルが再来しかけているそうですね。
バブルって、経済の、あれですよ。

私は、個人的に、「バブル再来」なんて聞くと、「そりゃ~楽しみだねぇ」と思いますね。

振り返ってみれば、今20代後半の私の青春、経済的には真っ暗な時代でした。
「失われた10年」とか「大不況」とか言われて。

私が子供の頃、バブル真っ只中でしたけど、ボディコン着てジュリアナで踊り狂ってたのは、テレビの中の一回り年上のおね~ちゃんであって、お札のチップ貰って潤ってたのも、テレビの中の知らないボーイのあんちゃんであって、実際に私がその人たちの年齢になった頃の日本は、もうそれどころじゃなかったですからね。

当然私が高校生になった頃には就職戦線は大氷河期で、それを見据えた周りの同世代には、安定志向の資格職とか公務員が大人気でしたよね。

だから、なんか、私の中には変なギャップがあるんですよ。
子供の頃、風景として刷り込まれてた「華やかな大人たち」の姿と、自分が大人になったときの「華やかじゃない自分たち」の姿のギャップ。
「人生なんてラクショ~!」って笑っていた若者と、「生きるって大変だ…」って暗い顔している自分たちとのギャップ。

特に、田舎の医学部に来ちゃったせいもあるでしょうけど…。
(医学部の生活とは大学生活ではなく職業訓練校のそれである)

なのでね、バブルがまた来たらいいじゃないかと思うんですよ。
「世の中って明るいねぇ~」「景気いいねぇ~」って言いながら、世間の片隅で浮かれてみたいわけですよ。一度くらいはね。

医学生の研修先として都会が人気で、田舎に人が来ないっていうの、特に東京が人気だっていうのも、なんかわからなくもない。
景気がよくて、自分が小金持ってる時だったら、やっぱり都会は面白いだろうな、って思うもん。

まぁ、世の中の医学生が何を思って都会を目指しているかはわかんないけど…。

そんなわけで、私もちょっと、東京の病院に見学に行ってみよっかな~と思ってしまう(多分見学だけで終わる)、今日この頃。

…好景気だろうと不景気だろうと、どちらにせよ私はお立ち台の上で踊るようなガラでも、年でもないんですけどね。
[PR]
by kirakirakiraku | 2007-02-28 09:30 | ひと