お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

不安になる。

大学祭に向けての作品を作るので、今夜は徹夜です。私もうトシなんで、つらいですわ。ところで今日私の心に、魚の小骨程度につっかかったことがあったので、なんかヘンだけど書いちゃいます。

 私は、今大学で専門の科目を習っていて、毎日自分が専攻している学問のことばかりを聞いたり話したり調べたりしているし、そのことに裂く時間も一日のほとんどを占めるため、当然日常もその専門科目を中心に成り立っている。

 でも今日、私と、同じ学部の友達A子ちゃんと、他の学部の生徒とで食事をしているとき、私がA子ちゃんと話している内容を聞いた他の学部の男子生徒二人に、こっそりA子ちゃんの退席中をみて(多分A子ちゃんと二人は初対面だったからだと思うけど)、
「会話が専攻している学問の話題になると、入り込めないし、もしかするとそういう話についてこれない人や自分より偏差値の低い人間とは、深くつきあおうと思っていないんじゃないか、自分たちは見下されるんじゃないかという気がしてしまうから気をつけたほうがいい、特に女の子は知識があるのを見せないほうがいい」
というようなことを言われてしまい、焦ったしすごく落ち込んだ。

 私の専攻している学問は日常生活と密接に関連しているから、ちょっとした話の時にいつもの延長線上の気分で専門的な話をしてしまっていたのだ。覚えたての知識を披露するとか、知らない用語を使うことで相手の入り込めない世界を作ろうという感覚は全くなかったけど、大抵いつも周りにいる人間は同じことを専攻している人たちだから、大きな共通の話題として「専門的な話」があるし、試験や宿題の事でパニックになるくらい頭がいっぱいになって、気が付かないうちについ話題や考えが専門に偏りすぎた人間になってしまっているのかもしれない。

 だけどそのことで、他人を不快にしたり、「自慢してる」と感じられたりするというのは、本当につらいしあってはいけないことだ。もしかすると私の大切な他大学のサークルの知り合いにも、そんな気持ちを味あわせているんだろうか。いや、味あわせている気がする。私専門の話とかわりとよく話しているし・・・。そうだとしたら、すごくそんな自分が嫌だ。

 大学という場所は、一応、「最高学府」で、そういうところに在籍していると他の生徒がとても優秀だということを毎日痛感して自分の情けなさを感じてしまうし、やっぱり適当な努力ではプロフェッショナルにはなれないのだと実感する。そういう自分に対して喝を入れたい、びりっけつでもプロを目指す一員だって自負したい、じゃないとこんな辛いスケジュールで試験試験実習試験の毎日なんてやってらんないという気持ちが、どこかで滲み出して自慢げに見えるのだろうか。それは、自慢なんかじゃなくて、どっちかというと能力のない人間の精一杯の虚勢なのだけれど。本当に余裕があったら、こんな気持ちにはなるまいと思う。

 だけどまたその一方で、私が男だったら、食事する相手が女性だったらどう言われるんだろうと思ったりもした。うちの学部の男はモテる。卒業後の主な就職先、職業が、比較的高収入で安定している人気職種だからだ。
自分の非を認めたくないんじゃない。だけど私が男だったら、相手の女の子はわけわかんなくてもとりあえず話をあわせたりそれともはなからそんな専門の話の意味不明さなんかスルーして、お金目当てに私と結婚しようとしてくれたりするんだろうか、なんて思った。本当はそんな単純なものじゃないのかもしれないけど・・・。ちょっとだけ言外に
「男は女が自分より上だと思うとすげぇ不愉快なんだよね、それをわかってないから君たちの学部の女ってモテないんだよね」
ってニュアンスを感じたのも確か。女が上だと、「不愉快」と言われてしまうのだろうかって、不安になった。

 食事した相手は大切な友達だし、だからこそ本音で話してくれたんだと思う。これからも友達でいたいし。もしかするとこれは私が今半端者であることの弊害でしかなくて、就職してもっともっと成熟したり、何もなくてもそのままの私を受け入れて好きでいてくれる人を見つけたら、自然とこんなこと悩まなくてもよくなれるのかもしれない、そうだといいな・・・。どうなんだろう・・・。自負心やプライドと、高慢の違いってなんだろう。自分のそういう不快感を与える要素ってどうやったらなくせるのかな。あと、自分は人見知りだし警戒心や人間不信感も強くて、愛想悪いタイプだってことはわかっていたつもりだけど、それを抜きにしても私、やっぱり鼻持ちならなくて可愛げのない女なのかな・・・(そうなんだろうな・・・そんな気がするわ)。 

 というわけで、なんとなく、魚の小骨がつっかえてとれないような不安を感じたんだよね、という話でした(あ~、こんな本音トークしたら大半の人は引くかなぁ・・・どう?)。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-23 04:20 | ひと