お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

かつての親友の話。

どうも、片付けが大盛り上がりで疲れまくりのきらくです。

ここ数日、雑誌類を部屋からゴミ捨て場まで何往復もして運んだり、家の中でひたすらウロウロしたりしているせいか、ガテン系の兄ちゃんが好みそうな脂っこいご飯が食べたくて食べたくて、なりません。

肉!油!肉!白いメシ!
…みたいな。

しかし、部屋を見回して思うことは…このモノの量はなんだろうという困惑。
四年生の時の試験資料だけで、特大ダンボールが二つ埋まってしまうくらいの量がある。それに加えて大量の本・本・本。化粧品とか、趣味の文房具とか、洋服とか靴とか…。
捨てても捨てても出てくる。

このままではどう考えても、片付け完了の日はゴールデンウィークをオーバーしてしまう。
困ったなぁ…。
クエバンやらないといけないのに。

と、まぁそんなことを考えながら、片付けばっかりやっているのにも疲れたので、パソコンの電源を入れ、かつての親友のブログをのぞいてみた。
わけあって現在連絡を取り合うことはできないのだが、私はそのブログの愛読者だ。

…その人は、今、某芸能人にぞっこんらしい…。
その某芸能人への愛が、長々とつづられていた。
そして愛情を表現する言葉の中に「根暗なあの人」というのを見つけた。

そういえばかつて私はその人に、
「きらくちゃんって、根暗だよね」
と言われ、ちょっとだけヘコんだことがある。
いやいや勿論、自分自身が陰湿な根暗であることは充分自覚していたのだが、「根暗」というネガティブそのものな表現を当てはめられてしまうと、自覚はあっても多少は傷つくものだ。

でも、根暗という表現に、その人はあまり悪い感情を持っていなかったのかもなぁ…などと、数年経ってから今日、思った。
実際、私たちはかなり仲がよかったし。

人の人に対する気持ちには、色んな種類や深さがあるわけで…。
それを上手に判断するのは難しいと思う。
自分の感情さえうまく読み取れないときもあるくらい。
特に、相手の短所(と一般に判断される性質)を見たときは難しい。

「(短所)だけど、私はあなたが好き」
ということなのか
「あなたの(短所)は、好きじゃない」
なのか。

基本的に感情に任せて判断するしかないんだろうけど、あまりにも他人の短所に寛容だと巻き込まれて不幸になる場合もあるからね。
とくに、相手が将来一緒になるんだと思っている人だったりすると、重大な問題になってくる。

私は、一度「好き」にカテゴライズすると、どんどん相手を容認してしまう傾向があるのだけど、結果的に周りの人間から
「なんでそんなに我慢するの?」
「最低じゃん、離れなよ」
などと指摘される。

あんまり他人に理想を押し付けるものじゃないとは思うけど、横暴な他人に合わせ過ぎて奴隷化するのも嫌だしなぁ。その辺どこまでシビアにやるべきか、ときに悩む。


…では、掃除に戻ります。
[PR]
by kirakirakiraku | 2007-05-05 02:36 | ひと