お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー

2004年 12月 25日 ( 1 )

 うちの大学がある場所は、田舎である。

 田舎だけど、ここはイイ田舎である。土地の人は優しいし、野菜も美味しいし。変な宗教に勧誘されたりとかもないし(ていうか昼間家にいるときは寝てるだけだからか)あったかいしほどよく開けてるし。

 でもやっぱり、どこに行っても知り合いに会うのだけは、田舎の嫌なところだ。
 あまりに遭遇率が高いので、常に監視されている気分になる。

 今日はクリスマス。しかし私にとっては大切な試験後の骨休めの日・・・のはずであった。
 BUT。
 朝から電話の音と100通ほどの連続メールで寝覚めはBAD。家の壊れた箇所を直しに修理屋が来るから起こされたわけだが、メールのほうは、私が試験前であるため一切音沙汰ないようにメールを我慢していた母(もう我慢の限界らしい)からのくっだらない用事メールだ。相当暇なんだろうか。そんなに送ってこられたら、さすがに怨念に近いものを感じるんだけど。

 昨日は疲れて顔も洗わずに寝たので、私はジーパンにセーターに化粧顔のままだった。もう、生きるのが面倒だ。そのまま化粧を上塗りして、髪の毛を整えて電気屋に対応。明るいおっちゃんだが、大学名とか聞かれるのは正直面倒だ。ほんと、うちの大学が総合大学でよかったよ・・・。まだプライバシー守られるから。
 電気屋のおっちゃんが帰り、ぼーっとする。読書が普通にできる普通の休日。かといって切れた日用品とか年賀状のことが気にならないわけではない。うちの町の指定ゴミ袋がきれている。ないと困る・・・。次なる試験の資料が揃ったのでそれを綴じるファイルも欲しいし・・・。出かけるか・・・。

 かくして私はクリスマスだというのに起きたままの姿で(ニュアンスとしては「生まれたままの姿で」みたいな、この言い方いやらしぃよなぁ、ダサいだけにいやらしぃんだよ)出かけたのであった。しかし!BUT!

 ここは知り合いに会う町。田舎。
 ♪きょ~う~は、クリスマス。
 自分は汚い格好でうろついている(いかにも一人身)。
         ↓
カップルで幸せに今日の晩御飯を選ぶ知り合いに、絶対に会いたくない日ワースト1。

 ということで、ぎりぎり隣の市ではなく、うちの町の境目にある店を探す。というのも、普通ここらのお店はわざわざ隣の市町村の指定ゴミ袋まで置いていないからだ。

 ところが、三件回ってもなかった・・・。すぐそこだと思っていた店が、車で5分の場所が、実は「隣の市」のものだったからだ・・・。チッ、ここは「郡」扱いだってのによぉ!町役場のすぐ側に、「市」との境つくんなゴルァ(暴徒化)。いろんな店を回りながら、その都度くだらないものを買って浪費をしてしまう私。早く帰りたい。でもうちの近くの店はダメだ!ぐるぐる。ぐるぐる。

 疲れ果てた私は、諦めて、町の中でも繁栄していないスーパーを選択することで妥協した。あそこならせいぜい会っても一人。そのぐらいは我慢しよう。そのスーパーに行くと、予想外にガラガラに空いていた。クリスマスの夕飯どきに、スーパーに居るマヌケは少ないらしい。しめしめ・・・と一人満足げに微笑んでゴミ袋のあるコーナーへ向かう。
すると。

 そこにあったのは、
 ○○町指定ごみ袋 燃えるごみ (小)
 だけであったのだ!!!!!!(大)がないのである!(大)が売り切れているのである!!!

 仕方ないので(小)を買う。しばらくごみ袋にだけは困らないよう、まとめ買いする決心さえしていたのに・・・。サンタクロースなんて、嘘っぱちだね、ママン。

 欲しいものが欲しいと言えない素直じゃない自分の性格には慣れていた。しかしここに来て、周囲の目が気になりはじめてからは、「欲しいものを手に入れに行く」のが怖くて言えないことが増えたと思った。それは、単にごみ袋だけじゃなく。
 この土地は好きだけど、次はもうちょっと田舎じゃないところに住むと、決意。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-25 22:51 | 学校