お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー

2005年 02月 04日 ( 3 )

ヤバい。ヤバい。

 今日学校へ行ったついでにふらふらしていたら、うちの学年の集団に遭遇した。
 その人たちは病理学の試験結果を聞くというので、私もついて行った。
 一人ずつ部屋に入り、先生に点数を教えてもらう。
 張り出された紙だけでは、どのあたりで落ちたのかがわからないので、わざわざそうやって聞いたりするのだ。

 すると・・・私の一病理の点数は・・・。

 6点
 
 でした。


 もう一度いいます。

 6点

 ろくてん。


 ・・・ひぃぃぃぃいぃぃぃぃぃぃい!!!!!!!!!六点しかないのかぁぁぁぁぁっ!!

 いくらできなかったとはいえ、六点だとは、思いもしなかった。30点くらいはとれていると勝手に思っていた。しかも一病理の先生、カッコいいから好きなのに~・・・(煩悩炸裂)!6点じゃもう、どうにもならないよ!!

「・・・ごめん、オレ、もうダメかもしれない」

 本気でそう思った。本気で。ヤバイ。

 病理のあと薬理学の部屋に行き、門前払いされた私は、もはや人を越え、アニマル浜口のような顔をして購買部にコピーをしに行った。そしたらおっちゃんが、
「再試験が決まったんだ・・・でも、それはそれ、あとは笑って再試験にのぞんで、ね!」
 と言ってくれた。おっちゃん、いいこと言うね・・・。さすが元高校球児は違うよ。

 しかも、またしても友達が資料くれたり情報くれたり励ましてくれたりする。ありがたい・・・。
 地獄に仏だよ。本当にありがとう(ノω・、)

 
 しかし、油断してたら本当にヤバイのには変化はない。
私、自宅のポトスライム観て癒されている場合じゃなかった。
お茶を飲んでリラックスしている場合じゃなかった。
いっそアメーバたっぷりの泥水を飲んででも、進級だけはしないといかんのだ。

ということで、このblogへの書き込みは減らします。せっかく定期的に来てくれる人が増えてきて、嬉しかったんだけど、ごめんなさい。また試験終わったら書きます☆




 ところで、こうもイライラしているときに限って何故 いつものあいつに 会ってしまうの??
 「いつものアイツ」

 そう、私の車の前に違法駐車して行くチンピラさんっアナタ!!!!
 私の車が車庫入れできないの!!
 私の車が車庫入れするの待ってて私の車の鼻先に停められるとむかつくの!!
 せめて私の車が入ってからひっそり停めてよ!!
 しかもその
 
 スキンヘッド
 サングラス
 セカンドバッグ
 派手な刺繍入りジャージ
 型落ちの高級車(カーテン付き)
 サンダル

 もうどれをとってもアナタ見るからにチンピラだから怖くて文句言えないからストレス溜まるんデスよ!!
 むかつく・・・。
 今日はイライラして、車内からヤツを睨んだので、ちょっと不安デス。でもむかつく。以上。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-02-04 22:44 | 学校

植物と暮らす。

 突然だけど、うちには数鉢の観葉植物がある。

 実はアップルミントとかいろんな植物が居たのだが、枯れ果てたので・・・捨てることになり(ほんとに悪いことした)、今は生命力の強いのだけ生き残っている。
 
 何故そんなにも私の家の植物は死んだのかというと、それは私が大の虫嫌いで、土を使わず水だけで栽培するという、「ハイドロカルチャー」にしているせいだと思う。
 見た目が綺麗だし、土がないので虫も湧かないけど、やっぱり向き不向きがあって際限なく大きくは育たないのがハイドロカルチャーだ。
  今生き残っているやつは、一度水をやれば1週間以上そのまま放置されても平気というほどハイドロカルチャー向きの育て易いヤツなので、ズボラな私の部屋でも生きてこれたというわけだ。
 b0034968_4253677.jpgでも、結果的に生き残ったやつはすべて私の特別気に入っていたヤツばっかりだった。具体的には、一番最初に家にやってきた鉢と、水分がたっぷり含まれていて綺麗な黄緑色のポトスライム(写真)。
 ポトスライムは、昨日久し振りに落ち着いて部屋を見渡したら、すっかり水切れして干上がる寸前だったんだけど、水を足しておいたらまた元気になっていて嬉しかったので写真撮影。
 あったかいお茶を飲みながら寝巻き着て眺めてると、ほんと癒されるなぁ~。ツルツルの葉っぱが可愛いや。ほのぼのします。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-02-04 04:15 | 生活

ごちゃまぜ。

第一次大戦の結果、見て来ました。
 予想通りの惨敗でしたね・・・。下手すると留年しそうな勢いでイロイロな教科、落としています。
 でもショックを受ける私を慰めてくれる友人とか、ノートを貸してくれる友人がいて、本当にありがたいです。どうやってお返しをしていいのやら。
 もう進級決定した人達のことは正直、羨ましいですけど、そういう人は努力したから受かったわけで。またしても私は走り出したいと思います。

映画「ターミナル」観てきました。
 楽しかった。まず最初に、キャサリン・ゼタ・ジョーンズはやっぱり美人だなぁと。私、ガイジン顔は別に好きじゃないけど、彼女の顔は凄く好き。美人だと思う・・・うっとりだよ。
 話の筋は荒唐無稽というか、かなり「あり得ない」。だけど、最後までそれを持って行く根気に、力技的実力を感じました。私なら、あのストーリーで映画撮れって言われても困るもん。なんだかんだできちんとラストに落とし込むのが、一番プロとして大切で難しいところだと思うので。やっぱり凄いな。
 とはいえ、私が中学生なら面白くないと思っただろうなぁ・・・とも思う映画。個人的に、「待つ」っていうことに最近思い入れがあるので、観てて全く飽きなかったんだけどね。

以前紹介したゲームと同じ作者さんのflash紹介。
 これのストーリーモードがかなり好き。じんわり心に染みます。

人類学の先生のHP紹介。
 なんだかとっても個性的な先生のようで・・・。いつか北九州に行くことがあったら、是非教室に遊びに行かせて頂きたい(ってそんなことしていいんだろうか)という気持ちになる遊び心のあるページです。
 その中でひとつ、心に留まったのが「いろいろなやりかた」の中の「いきあたりばったり系旅に必要なものとはなにか」というやつ。ふらっと旅に出たくなったよ~(><)。ところでそのページ内の↓の言葉・・・まるで愛情の話をしているようですね!
---------------------------------------------------------------------------
3日。ドキドキするばかりで、言葉も習慣もわからず、不安な、しかし最も印象深い日々。

3ヶ月。いろいろなことが判りはじめる。たくさんの友人もでき、毎日のように楽しいことにであう日々。

3年。言葉もほとんど問題なく使え、フィールドの複雑な人間関係も判ってくる。そこに住み続けるかどうかの選択を迫られる。共同体の中での自分の立場も明確にしなくてはいけなくなる。さて、次の旅をさがそうか・・・。
---------------------------------------------------------------------------

お次は、ヤバいくらいお気に入りになってしまったページ、「市井の昭和史」
 これは面白いよ。毎日ちょっとずつ読んでる。自分の祖父母に昭和の思い出を聞く、とかそういうことがね、できないの私は。恥ずかしいから・・・。「思い出を教えて!」とかなかなか言えない。きっと面白い話が沢山あるのにね。このページはそんな「昭和の思い出」が幾つも飾られているから楽しい。
 市井の人の実話だけに、どれも話がリアルでよろしい。「好きな人が終戦直前に兵隊に行って死んだ」という思い出を持つおばあちゃんが、もう何十年も前の事なのに未だにその人のこと忘れてなかったりとかして。凄いなぁ。かと思えば死んだはずの旦那がひょっこりある日帰ってきたとか、そういうのもあるし。ドラマです。

●今日は友達と遊んだんだけど、そのついでにお茶買ってきた。
 フレーバーティーとかイロイロ。これから最終戦争に向けて辛いと思うから、せめてお茶でリラックスしようと思って。お湯に入れると花が開くお茶も売ってたから買ってきた。ちょ~楽しみだぁ~(><)これからやってみよっかな??

 ではまたね(*゚∀゚)ノ
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-02-04 01:54 | 生活