お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2005年 04月 05日 ( 4 )

出会いと別れ

 春は出会いと別れの季節だなんて、もう聞き飽きたセリフだろうか。

 さて、出会いはこれからだとして、もう別れはだいぶ沢山体験した今年の春。その中でもある意味印象的だったのは
 「お別れだな」
って精神的に完全に突き放した別れだった。突き放した別れというのはつまり、これからも是非機会があれば会いたいと思うし会えると信じているのとは違って、もうこれから一生会わないかもしれないと覚悟した上で、それでいいと認めるという事だと私は考えている。

 それは、もう二度と会わないかもしれない場所へ旅立っていく人との別れ。何かありそうで結局何もなかった相手だった。ずっと多少気になっていたのだが、他にも思うところがあり、そこまでの相手だったんだなぁと思ってこの別れを機に忘れることにした。
 最後の挨拶の時、私を乗せた車の窓の外に立って手を振るその人を、私は驚くくらい冷静な気持ちで見ていた。運転席に座る知り合いが、
「きらくちゃん、いいの?好みのタイプだったんじゃないの?」
ときいたけど、私は、
「いいんです。好みのタイプの男の人なんて沢山いますから」
と冷たく言い放った。自分でもそういう自分が怖いなぁと思ったけど、もう沢山だと思った。押しているような反面煮え切らない態度とか、いつも肝心な時には後姿を見せてそそくさと逃げていくところとかが。あと20年一緒にいたって、あの人と私の間の距離は変わらないと思った。「さようなら」の時間だ。
 知り合いは車のアクセルを踏んで、私は決まりごとのように一度座席から振り返って手を振ったけど、心の中ではもう前を向いていた。

 私は今も先月と同じ家に住んで、また同じ学校で学ぶ。
 最後にもらった彼の新しい住所を書いた紙はまだ財布の中にあるけれど、私は彼に手紙を書いたりはしないと思う。あの人は遠い場所で、私がいなくても絶対に幸せになるだろう。それでいい。

 満開になったと思ったらすぐに桜が散り始めて、暖かい日差しの中をドライブしていると花びらが舞い落ちてくる。
 春はいつまで続くんだろうか。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-05 02:30 | ひと
 さて、忙しさにかまけて忘れていたんですが、研究テーマの方もなんとかしないといけないので、備忘録的に記します。え~、細かいことはおいといて、先日出会った人について以下、レポートにしたいネタ。

●韓国の漢方医●
韓国での漢方医と洋方医の対立、ワニの本事件、韓国での代替医療、アメリカで韓国人中国人日本人の行う代替医療の対象とは

●鍼灸の先生●
実際に鍼灸before→afterを体験して。

●食事療法の薬剤師●
「牛乳は危険だ!」「ガンには玄米食だ!」と主張する某先生への中立的立場からのインタビュー。しかし、ここだけの話、食事の節制を説く割に、飲み会では一番騒いでいたような・・・。あと、外見がみのもんたみたいだった・・・。


 とりあえず実体験レポとしてはもう少し上の話を広げて、あとデュークをやって・・・。それから、あとは、もうちょっと文献調査をしたい。全然勉強できていない歩行分析の話も別口でやらないといかんし、最初は混沌としていてつかめそうもなかった代替医療の世界が、ちょっとずつ掴めそうな糸口が見つかってきたから力入れて頑張るぞい。
 
 そしてなんともありがたいことに、友人が「きらくさんがそのテーマでやるなら、今年の文化祭でうちの部活も代替医療について展示をしよっか~」と言い出してくれた。あ、ありがたい(涙)なんせ、一人で戦っていては守備範囲が狭くなるというもの。本当に、持つべきものは友人というか。なんて私は幸せ者なんでしょうか。展示、必死で手伝いますから(涙)。ありがとう。

 レポートの構成、どうするかなぁ。大体は思いついてるんだけどね、もうちょっと練ろう。

 しかしこんなことをしていても、私は●●外科の医局に行くと気持ちがキュッと引き締まるのを抑えられない。だって、先生方は、私が「代替医療」なんて言いながら遊びみたいなことをしている間にもちゃんと治療行為をして患者さんを助けているんだもん。その仕事の意味に、白衣が光って見えてしまう。やっぱりこんなことしていられるのも、学生だからだろうな。教授は「好きにしていいよ」って言ってくださるけど、やっぱり私が一番スゴイと思うのは代替医療じゃなくて、大学病院で第一線の医行為をしている先生達のような気がしてしまう。「権威に弱い」ですかね。その通りです。
 でも人間、いくらレポートのために取材したって、マスコミの流す言葉を聞いてたって、最後は自分の立っている場所から物事見るしかないと思うんですけどね。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-05 01:29 | 学校

シーガイアと妄想。

 以下、某サイトさんからの引用。筆者さんは、Mの国に旅行に行かれて、シーガイア見学しながらこんな白昼夢に浸ったらしい。

2004年のアメリカ大統領選挙を目前にしてブッシュ陣営の旗色は各種の世論調査でも厳しいものがあるとき、北朝鮮の核保有問題が急にクローズアップされる。アメリカ、中国、ロシア、韓国、北朝鮮、日本の六ヶ国による会議も暗礁に乗り上げ、国連や国際社会もこの極東の危機を固唾の飲んで見守る中、北朝鮮は最後の博打とでもいうべき核実験に踏み切る。
それを合図に第二次朝鮮戦争も辞さない強行態度でアメリカは動き始める。まず米軍はソウルの前線部隊を南の後方へ下げ、日本に統合作戦本部を置くことを決定。その場所は・・・・そう宮崎のシーガイヤ。

広大な松林に囲まれたここはそう考えてみるとまさにうってつけじゃないだろうか? あまり知られてはないが日本最大級のテラバイト級のインターネットの基幹ラインは沖縄から宮崎、北九州、広島というように自衛隊の基地をつなぐような形で列島を縦断しているのだ。宮崎には情報系のインフラはすでに整っている。まさかそういったことを予見して米国資本がこの場所を買い取ったわけではないと信じたいのだが、魑魅魍魎が跋扈する現代、何がその背後に隠されているなんてわかりっこない。


 う~ん。あり得ん。しかし元スパイ志望者(なれっこないんですけど)としては、こういう妄想個人的に好きなんです。あはは。

 そういえば、過去にTV放送された某「西部警察スペシャル」でも、シーガイアは国際テロリストに占拠されたらしいです(笑)
 テロとか国防とか、シーガイアには何かそういう気持ちを掻き立てるものがあるんでしょうか。あと、ちなみにその西部警察スペシャルでは、実際にはMの国では走っていない市バスがテロリストによって爆破されてたらしいです(笑)ガンバレMの国。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-05 00:56 | サイト

ニセ医師さん。

2002年11月14日(木) 22時54分
よくある?で済まない事 TVにも出演のニセ医師逮捕(読売新聞)
 神奈川県警生活経済課と港南署は14日、名古屋市北区若鶴町、健康コンサルタント会社「日本健智研究会」社長吉原正登容疑者(36)を医師法違反(医師でない者の医業禁止)や薬事法違反(無許可医薬品販売)などの疑いで逮捕した。

 吉原容疑者は、フジテレビ「発掘!あるある大事典」などのテレビ番組にも出演。医師免許がないにもかかわらず、97年ごろから、「バイタルチェック」と称して35都道府県の約2750人に血液検査をしていたとみられる。

 調べによると、2000年11月から今年5月にかけて、東京都江戸川区の同社事務所で、墨田区の無職女性(40)ら4人に「赤血球の形から栄養バランスが推測できる」と言って、顕微鏡で拡大した女性らの血液をモニター画面に映し出し、「カビが多いので体がだるいんです」「肝臓が疲れている」などと診断した疑い。また、大田区の女性会社役員(38)ら7人に健康食品を医薬品の効能をうたって無許可販売するなどした疑い。

 県警では、健康食品の販売だけでも約5300万円の利益を上げていたとみて裏付け捜査を進めている。(読売新聞)


「●●外科と代替医療」関係にまたしても取り組もうと思って色々なサイトを回っておりましたらこんなのが。知らなかったなぁ、古いニュースなんだけど・・・。なんだかね。

 健康番組とか、凄く浸透しているイメージがあるので、こういうニュースがあるとどこかで「やっぱりなぁ」って失望する。「代替医療」なんて、ダークでカオスちっくなテーマを選んだことも、ちょっと後悔しちゃうってもんです。まぁそれについてはまた詳しく書きます。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-05 00:48 | サイト