お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー

2005年 08月 16日 ( 2 )

カリスマ

 実は、ポシャってしまった前の研究テーマのときから、「カリスマ性」という言葉に興味がある。だって、代替医療とかいうけど、ちょっと論理的根拠がヤバめな治療を人が受け入れてしまうのって、やっぱり施術者のカリスマ性と関係があると思いませんか??医療って、半分は宗教だったりするのかもしれないなぁと私は思う。

 スポーツ選手を見ていても、やっぱりちょっと「カリスマ性」について考えてしまう。同じ色のメダルをとっても、スターに昇り詰めてしまう愛され体質の選手と、それほど興味を引かない選手がいる。その違いは何だろうと思うと、まずやっぱりすぐ思いつくのはビジュアルの良し悪し、というやつなんだけど、それだけでもない気がする。

 かといって一人の人間のカリスマ性というか、人を引きつけるオーラみたいなのは生涯一定ではなくて、平凡で人波に埋もれてしまいそうな人が、何かをきっかけにして突然VIP風に変貌したりもするから不思議だ。

 医者も、カリスマ性のあるなしで病院が繁盛したり閑古鳥が鳴いたりするのは間違いない。西洋医学の保険適応範囲では、診療報酬は誰がやっても同じだけど、同じ施術をされても患者の気持ちや治り具合は、本当はまちまちなんだろう。

 以前私が出会った、ある合宿に参加されていた医師は、「自分はカリスマを演じている」とおっしゃっていた。その先生によると、強烈なカリスマ性を持った人の行動を逐一真似ていくと、次第にカリスマっぽくなってくるらしい。確かに、その先生は年の割りになんとなく色っぽかったというか、女にモテそうな雰囲気のある先生だったのだけれど、それもカリスマなのかなぁ??う~ん。カリスマという言葉自体が、まず難しいね~。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-16 11:44 | ひと

世界陸上

 やっと我が家に研究用パソコンがやってきた。ここまでの道のりは大変長くて、このブログでも文句を言いまくったけど、実際にパソコンが手元に届いてネットに接続できたあたりから、そんなことは忘れてしまった。意外と、人生もそんなもんなのかもしれないNE・・・(←単なる鳥頭)。

 ところで、世界陸上、終わっちゃいましたね。毎日見ていたので、なんだかさびしい(><)もともと私はスポーツは観戦専門だし、陸上にそれほど熱を上げているわけじゃないけれども、今回は
「ドーピングが研究テーマ→ドーピングといえば陸上や水泳→見るぞ」
という流れでかなり熱心に見ていたので、楽しかった!!

 そしてその中でも、為末選手の400メートルハードル銅メダルが、やっぱり一番感動しました!
 スポーツ倫理学の本などを読むと、「安易にスポーツを見て”感動した”と言ってはいけない」とか書いてあるのでちょっと躊躇われるんだけど、でもやっぱり私は感動しましたぞ!
 雨がザアザア降りしきって、体が勝負のアスリートなら絶対に怪我を恐れる状況なのに、「この体が故障したっていい!」っていう気迫で走り抜けたのが凄かったと思う!

 
 あっ・・・それで、ぜんぜん話は変わるんですが、新潟で衆議院議員選挙に立候補したという「超エリート医師」米山隆一氏、凄い経歴ですね!!テレビで見た範囲では、確かになんとなく、高偏差値人が持つ変わり者系オーラb0034968_1110522.jpgにあふれている気はしますが・・・。田中真紀子氏の対立候補ということで、簡単に当選とはいかないかもしれないけど、あの経歴と物腰で、どのくらい票を集めるのか、面白そうなかんじで、目が離せないなぁと、個人的には思っていたりします。(写真は米山医師)
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-16 11:10 | 映像