お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:宝石、アクセサリ( 2 )

近頃のお気に入りです☆

b0034968_23385033.jpg

 ども、きらくです。今日は、USBケーブルが使いこなせずにミーティング一個吹っ飛ばしたよ。友達に申し訳ないことしちゃいました。

 さてさて立ち直って(早ッ)上の写真はミッ●ーのイヤリング♪これ、最近のお気に入りなのです。こまか~いクリスタル(?)が埋まっててキラキラしてるのです。店頭で見つけてかわいいから即買いしたものの、結構でっかいので
「いい年こいてミッ●ーなんて、恥かきっ子行為なんじゃぁないだろか」
と心配になり、まだつけて外出したことがありましぇんが・・・(ノω・、)

 ところでミッ●ーものといえば、スリリングなのがその版権関係です。ウォルト・ディズニーさんは著作権にうるさくて、自分のとこのキャラを無断で使用するのは、絶対に許さない!という会社です。しかし・・・世界に広く流通する、エセミッ●ーたち。
「似てないけどそれがミッ●ーで、隣にいるのグーフ●ーのつもりなんだネッ!!?」
みたいな看板とか、よくありませんか??

 著作権を大切にする姿勢はいいことだと思いますが、あまり必死になられると、なんとなくそんな世間の逆風などものともせずに笑うエセミッ●ーを見るのが楽しくなっちゃったりします。そして結果、防げども防げどもパクられるミッ●ーが好きになっちゃったりとか(ってそんな興味本位でいじめてるうちにソイツのことが好きになるみたいなことが・・・あるんですね!!)します。

 で、とある事情で、エセミッ●ーの画像を探していたら、妙なモンに行き当たりました。なんと
ミッキーのガスマスク

b0034968_0271225.jpg

 へたくそながらサイトを要約すると・・・

 このミッキーマウスガスマスクは第二次世界大戦の時にアメリカ軍産業プログラムの一環として正式に作られたもの。もちろんエセミッ●ーとはワケが違います。
 日本のパールハーバー襲撃を受けてアメリカでは毒ガス攻撃に対する危険感が高まり、多くのガスマスクが生産されるに至り、その中で、有毒ガスから幼い子供を守るためにこのようなものが企画・製造されました。(子供に遊び感覚で楽しくかぶらせる目的で)。

 1942年にウォルトディズニーの正式な承認を受けて1944年には、1000個のミッキーマウスガスマスクが作られました。これらのマスクは戦時中には様々な人に記念品として配られましたが、実際にはアメリカが毒ガス攻撃を受けることはないまま終戦となり、マスクへの強い関心は過去の物となりました。現在では大変めずらしいものとなりましたが、アメリカ陸軍の化学美術館にそのプロトタイプが展示されています。


 ・・・ということです。本当に不気味なのはこういうヤツだよね・・・エセミッ●ーが持つおおらかさがないって。怖いよ。夢に見そうですな。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-01-13 00:14 | 宝石、アクセサリ

真珠の輝き

 この秋、ビーズでアクセサリを作るのにハマっている私が、今一番注目しているのが真珠。高校生の頃には地味な宝石だなと思う程度だったけれど、何故か近頃は真珠にとても魅かれる。

 真珠の粒を見つめていると、つい引き込まれる。自然が作り出したとは思えない程の真円が、白く淡く、内側から輝くようなその様はとても美しい。イメージとしても、ギラギラしていなくて清楚なのがまた良い。派手な美人というよりは、控えめなのに存在感のある女性という感じかな。
 ゴシック調のアクセサリにも、フォーマル用のジュエリーにも、ビーズアクセサリにも使われるが、どの場面でも、真珠特有の個性美を発揮するところも魅力的だ。
b0034968_843651.jpg

 古来から大切にされ、月の雫とも天使や人魚の涙とも言われてきた真珠は、日本書紀や古事記にも、「しらたま」と記載され登場している(しらたま、か・・・。白玉団子を思い出した・笑)。研磨技術のそれほど発達していない時代でも輝いていた真珠は、もともと貝が偶然に作り出す宝石だというのもロマンチック。

b0034968_8441832.jpg そんなわけで今日は、手ごろな価格の真珠を一粒だけ使ったビーズのリングを作ってみた。残りのビーズは、イミテーションの真珠っぽいガラスビーズと、手持ちのあまり気に入っていないビーズアクセサリをほどいたものを使ったというリメイク品なのだが、可愛く出来てとてもお気に入り・・・。
 でもいつかは、ハイクラスな真珠のジュエリーを買ってみたい。そしてその日までに、真珠の輝きが似合う人間になれていたらいいな(照れ)。右の画像は、フェルメール作「真珠の耳飾の少女」の一部。シンプルだけど、とても美しい佇まいの空気を表現した、真珠に似合いの名画。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-11-07 08:45 | 宝石、アクセサリ