お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー

<   2004年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

やりのこした恋愛。

東京から来た友達と、遊んできた。
私なりに採点してみると、今回の友達歓迎は、60点かな。もっと楽しませてあげられる方法があったかもしれないのに、って思うところあり。人を招待するとか、歓迎するというのは難しいなと思った。もともと感性の違いとかがあるし。
雨だったのもあったけど、道が封鎖されていて回り道をしたりして、結果的にほぼ6時間くらいぶっとおしドライブになってしまって、疲れさせたかなぁと思ったりとか。私は普段から3時間くらいは毎日走っているからまだいいけど、それでも疲労したのに、彼女の疲れはもっと大きかっただろうな・・・。喫茶店とか探して寄ったりしたらよかったなぁ。気のきかない自分のバカめ~(笑)。デートのプラン立てる男の子の気持ちがちょっとわかったような(笑)
あと、遊んでいる途中で急遽火曜日に入った試験の事が気になりだして、それが伝わってしまってたかなぁとも思った。でも気になる。
営業の人って、商品を買ってもらうためにお客さんの接待とかするのだろうけれど、きっとこういうときの活躍ぶりはすごいだろうな。お互い都合を優先させつつ、相手も自分も楽しませるっていう秘訣を教えてほしい(笑)

てことで今日から火曜日の試験の資料をひもといてみたんだけど、今回も範囲広いデスね~・・・。前回寝飛ばしてるから合格はのぞめないとしても、その場その場でがんばっていきたいのになぁ。全然ダメなヨカン・・・。
b0034968_1956046.jpg

なのに、テーマは「やりのこした恋愛。」詳しく語る気はないけど、私には多分、やりのこした恋愛がある。ずっと忘れられないし心にひっかかっている。それを今日また思い出したのでテ-マとしてみた。
今日、いつもネットにつないだら必ず読むと決めている某サイトで、「2046」っていう話題の映画の紹介をしていて、紹介文の筆者が「やりのこした恋愛」という言葉を使っていた。
よく形がつかめない自分の心理状態が、この「やりのこした恋愛」という言葉の器に、するりとはまりこんだから、私はこの言葉をすぐに気に入った。
ヤツと過ごした頃よく乗っていた、都会の黄色い電車に揺られているときだけじゃなくて、今住んでいる土地の開放的な景色をぼーっと見ているときでさえふとあの恋愛を思い出してはどうしようもない気分になる。あれはきっと「やりのこした恋愛」なんだ。
どうしてヤツだけ忘れられないのか。理由はどんなに考えても自分では分析できない。自分の感情が、「やりのこした恋愛」と名づけられるものだってことも今日他人の言葉を読むことで初めて気がついた。
「ああ、あの時、違う行動をしておけばよかった」を繰り返して、取り返しがつかなくなって、手の届かないところにいってしまったから、忘れられなかったのかな。

本当の答えなんて、死ぬまでわからないかもしれない。そんな気もする。でも「やりのこした恋愛」状態は苦しいから、いつか、昇華させて楽になりたい。このもやもやしたどうしようもないせつなさを全部注ぎ込んだものを作ることで、早く「ただの思い出」にしてしまいたい。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-31 20:02 | ひと
 明日は東京からやってくる友人と久し振りに会えます。嬉しいです。
試験?風邪?そんなものはふっとばして、しばらくバカンス気分を楽しんできます。

 そういえばもうすでにめちゃめちゃ寒いんですっかり忘れていましたが、きらくの住んでいる土地って、暑い夏の夕暮れに、シルエットだけ黒く空に映るフェニックスの木を見ながら車飛ばしていると、そこはかとなくハワイな香りが、する所なんですよねぇ。学校帰りにちょっとその気になって異国のアジア系料理など食べたりとかして。今年の夏はアロハシャツまで買って浸ってしまっていましたよ。そういう瞬間、偏差値とか、都会とか、そんなちっぽけな言葉が吹き飛んで「あ、今幸せだ」と思うのです。

 楽しい旅行になるといいですな。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-29 01:16 | 着る

嗚呼、終わった・・・。

 文化祭に向けての作品原稿が、終わったのは今朝の八時・・・。それから数時間で寄生虫学のレポートを仕上げ(ほんといい加減に・・・)学校へ。実習だと思ったのに、授業でした。やたら肌寒くて、実習用にもってきた白衣をコート代わりに着て、免疫学の再試験エントリーを知る。
ちなみに、このブログの左上に表示されているプロフィールみたいな写真、実は白衣じゃなくて「白いコート」の画像なんですね。白衣にしか見えませんね。いやぁ、寒い寒い。この前まで、冷房ガンガンかけてたのにね。

 作品ができあがって、達成感と、気力が失せる感覚と。両方あるんだけど、とにかく作るのにだけ気持ちを使い果たしてもう提出する元気がない・・・。今日は雨だから明日にしよう・・・。ということでできた作品はまだ家においてある。
出来上がってみると、なんだってこんなもんのために時間費やしていたんだって思うくらい、どうしようもなく下らなくも思えるし、まぁ自分にしてはこれくらいでも上出来なんだろうか、っていう諦めもあるし。他人にこんなものを晒して、どう思われるんだろう、くだらないなぁって一蹴されて終りかなとも何度も思う。見飽きて暗記するぐらいに何度も何度も見返して手を入れてきたたった8ページの作品。
でもここ数日の私、あんなにも何もかも投げ捨てて、頑張って作ったんだなぁ・・・っていう感慨だけはこの心に残った。どのくらい何もかも投げ捨てたかっていうと、毎日毎日コンビニご飯で、洗濯物が溜まりすぎて仕方なく洗濯機を回すものの、なんだかんだと作業しているとあっという間に一日二日がすぎ、洗濯機の中で湿った洗濯物が取り残されてだんだんにおってきて、結局もう一回洗濯機にかけるのにまたそれを干せないまま一日経ってしまった、っていうほどの投げ捨てようである。
気恥ずかしい作品を提出できるとしたら、もうこの、やれるだけやりました感だけが頼り。それしかもう、残っていない。

 本当は今日、甲状腺機能と、甲状腺機能亢進症治療について、調べてレジュメ作ってパワーポイント画像作るつもりだったけど、めちゃ眠いから無理だわ・・・。ね・・眠い・・・。眠いよぅ・・・。明日のミーティングまでに用意しないとならないんだけどな・・・ああ・・・眠い・・・。ぐぅ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-26 20:24 | 学校

不安になる。

大学祭に向けての作品を作るので、今夜は徹夜です。私もうトシなんで、つらいですわ。ところで今日私の心に、魚の小骨程度につっかかったことがあったので、なんかヘンだけど書いちゃいます。

 私は、今大学で専門の科目を習っていて、毎日自分が専攻している学問のことばかりを聞いたり話したり調べたりしているし、そのことに裂く時間も一日のほとんどを占めるため、当然日常もその専門科目を中心に成り立っている。

 でも今日、私と、同じ学部の友達A子ちゃんと、他の学部の生徒とで食事をしているとき、私がA子ちゃんと話している内容を聞いた他の学部の男子生徒二人に、こっそりA子ちゃんの退席中をみて(多分A子ちゃんと二人は初対面だったからだと思うけど)、
「会話が専攻している学問の話題になると、入り込めないし、もしかするとそういう話についてこれない人や自分より偏差値の低い人間とは、深くつきあおうと思っていないんじゃないか、自分たちは見下されるんじゃないかという気がしてしまうから気をつけたほうがいい、特に女の子は知識があるのを見せないほうがいい」
というようなことを言われてしまい、焦ったしすごく落ち込んだ。

 私の専攻している学問は日常生活と密接に関連しているから、ちょっとした話の時にいつもの延長線上の気分で専門的な話をしてしまっていたのだ。覚えたての知識を披露するとか、知らない用語を使うことで相手の入り込めない世界を作ろうという感覚は全くなかったけど、大抵いつも周りにいる人間は同じことを専攻している人たちだから、大きな共通の話題として「専門的な話」があるし、試験や宿題の事でパニックになるくらい頭がいっぱいになって、気が付かないうちについ話題や考えが専門に偏りすぎた人間になってしまっているのかもしれない。

 だけどそのことで、他人を不快にしたり、「自慢してる」と感じられたりするというのは、本当につらいしあってはいけないことだ。もしかすると私の大切な他大学のサークルの知り合いにも、そんな気持ちを味あわせているんだろうか。いや、味あわせている気がする。私専門の話とかわりとよく話しているし・・・。そうだとしたら、すごくそんな自分が嫌だ。

 大学という場所は、一応、「最高学府」で、そういうところに在籍していると他の生徒がとても優秀だということを毎日痛感して自分の情けなさを感じてしまうし、やっぱり適当な努力ではプロフェッショナルにはなれないのだと実感する。そういう自分に対して喝を入れたい、びりっけつでもプロを目指す一員だって自負したい、じゃないとこんな辛いスケジュールで試験試験実習試験の毎日なんてやってらんないという気持ちが、どこかで滲み出して自慢げに見えるのだろうか。それは、自慢なんかじゃなくて、どっちかというと能力のない人間の精一杯の虚勢なのだけれど。本当に余裕があったら、こんな気持ちにはなるまいと思う。

 だけどまたその一方で、私が男だったら、食事する相手が女性だったらどう言われるんだろうと思ったりもした。うちの学部の男はモテる。卒業後の主な就職先、職業が、比較的高収入で安定している人気職種だからだ。
自分の非を認めたくないんじゃない。だけど私が男だったら、相手の女の子はわけわかんなくてもとりあえず話をあわせたりそれともはなからそんな専門の話の意味不明さなんかスルーして、お金目当てに私と結婚しようとしてくれたりするんだろうか、なんて思った。本当はそんな単純なものじゃないのかもしれないけど・・・。ちょっとだけ言外に
「男は女が自分より上だと思うとすげぇ不愉快なんだよね、それをわかってないから君たちの学部の女ってモテないんだよね」
ってニュアンスを感じたのも確か。女が上だと、「不愉快」と言われてしまうのだろうかって、不安になった。

 食事した相手は大切な友達だし、だからこそ本音で話してくれたんだと思う。これからも友達でいたいし。もしかするとこれは私が今半端者であることの弊害でしかなくて、就職してもっともっと成熟したり、何もなくてもそのままの私を受け入れて好きでいてくれる人を見つけたら、自然とこんなこと悩まなくてもよくなれるのかもしれない、そうだといいな・・・。どうなんだろう・・・。自負心やプライドと、高慢の違いってなんだろう。自分のそういう不快感を与える要素ってどうやったらなくせるのかな。あと、自分は人見知りだし警戒心や人間不信感も強くて、愛想悪いタイプだってことはわかっていたつもりだけど、それを抜きにしても私、やっぱり鼻持ちならなくて可愛げのない女なのかな・・・(そうなんだろうな・・・そんな気がするわ)。 

 というわけで、なんとなく、魚の小骨がつっかえてとれないような不安を感じたんだよね、という話でした(あ~、こんな本音トークしたら大半の人は引くかなぁ・・・どう?)。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-23 04:20 | ひと

作品完成ですわ!!

 いやぁ、疲れたケド爽快感いっぱいだね!

 大学の文化祭に向けて、サークル活動の一環として個人作品を作るってやつの〆切が迫っていまして、ここんとこ軽く悩みの種だったんですけど、ついに下書きが完成!あとは、原稿をなくしたりしなきゃルーティン作業で完成というところまできたってことなので、イッキに気持ちが楽になりました!!
 今回の作品は、あんまり他人には受け入れられないだろうけど、自分にとっては大切なものになりそうです。ひとにみせたら
「・・・なんか暗いね」
って切り捨てられそうなかんじですけど!私暗いんですよ。ネクラなんです。歌も暗いのとか好きだしね(笑)だからありのままでいいやってことで!

 あ、風邪はほとんど治ったのではないかと思われます。でも、原稿に取り組んでいるときは暑くてしかたなかったのになんかまた寒くなってきた・・・。集中しすぎていたのかも??
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-21 04:04 | 美術

薬がきつい。

どうも、風邪引きのきらくです。

今回は静かにフェードアウトするように治るんじゃないかと踏んで油断していた風邪が、悪化しまして。最悪具合悪いです。しかも深夜になってから半分精神病んでるんじゃないかと思うくらいに不安になってきて。「もうダメだ、私はもうダメだ、死ぬしかない」とか一人で思いつめて、本気で自殺しそうになっていました。なんか息苦しいし、不安だし混乱するし・・・。

部屋が汚いせいかな(ああ洗濯物がたまっている)
それともこの前むかつくことを言ってきた友人に話しかけられて思いっきり冷たくしたのを心のどっかで後悔したからだろうか(ごめんやっぱごめんすごいごめん)
〆切が迫っている原稿のせいだろうか(これももはやラスト主人公が自殺する筋書きしか思いつかない)
来週もレポートの提出があるせいか(うぉぉ)
実習途中で抜けてきたせいか(欠席扱いだぁ)
台風で大雨低気圧のせいか(台風多いな)


ああわかんないわかんないでもとにかくなんか行き詰っている
まるで体だけ別のとこ行っちゃってるみたいに 抑制が効かない
不安にならなくていいって言い聞かせてるのにああ不安で不安で仕方ない息が苦しい混乱する
そうまるで体だけ別の・・・もしかして。

ふと思いついた。「飲んでる風邪薬の副作用じゃない!?」

私は薬の副作用がほんと人一倍出る性質で、薬を飲むのが嫌い。だけど薬飲まないとなかなか治らない。だから今日しぶしぶ買いに行ったらすすめられたあの薬。リココデ顆粒 S。

成分のコデインが麻薬で鎮咳作用があるのは知っていたけど。
なんかあんまり見ない薬でちょっと不安になったけど。
なんか値段高いんだけど!
「眠くなりませんか」って聞いたら「あんまり眠くなりません」って言うからもうどうでもいいやと思って買ったのに家帰って飲もうとしたら「車の運転をするときは飲むな、眠くなるぞ」ってはっきり書いてあって「ヲイ」って思ったけど。

・・・この薬の副作用・・・のような気がする。

ということでネットで調べたら、中枢神経系に作用する呼吸抑制効果は相当強くて、ゴホゴホ咳をして眠れない時とかならまだしも、今回のように「ちょっとノドがイガイガする」程度で飲む薬としてはおそらく不適切。成分から推測するに、ごくまれに出る副作用として「不安」がある(長期服用後突然中止した時に出る方が多いらしい)。しかも血圧がけっこう下がるらしい。普段から超低血圧なのに・・・。皮膚の冷感、これも出てるし・・・。どうりで具合が悪いわけだ・・・。ということで続きは飲まないことにした。ちなみにこの薬、「ここの地域全体でひとつの指定薬局に」ってかんじで置いて売っている薬らしい。ちょっとレア?ちゃんと使えばいい薬なのだと思うけど、私には合わないみたいで。
↓噂のリココデさん画像
b0034968_695481.jpg

本当に抑うつ気分でつらかったけど、薬のせいとわかって少し安心した。薬の副作用なら薬が切れたら治る。だけどどうしても毎日こんな気持ちでいなきゃいけないとしたらたぶん3日目くらいで耐え切れなくなって自殺を図ってるだろう。それにしても、薬局で、かなり適当なかんじですすめられて飲んでしまったけど、ちゃんとじっくりカウンセリングしてもらって薬を選ぶのって大事だね。私も風邪だからってぼーっとして適当に買ってしまったけど、もうちょっと日ごろの勉強の成果を発揮して質問したりすればよかったかもなぁ。

は~、ま、ひと安心、ということで、明日は台風が来て学校休みのようだから(そうじゃなくても休む)、あったかくしてゆっくり寝て治したいと思います。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-20 05:37 | ひと

母よ。

 父と母が韓国旅行に行ってきた。なんかすっごく楽しかったみたいで、すっかり韓国マンセーになっている二人であった。単純だなぁと思うけど、うちの親は怠け者の私から見るとなんかやたらと勤勉な人生を疑問もなく送っている様子なので、たまには旅行とかして休んでくれて楽しめたなら本当によかったなぁと思う。

 旅行って楽しいと思う。私は子供の頃にいくつか行っただけで、大人になってからは海外旅行をしていなくて最近の海外旅行事情はよくわからないけど、日常の事全部忘れられるから旅行は好きだ。あぁ、異国情緒に揉まれたい・・・一番行きたい国は今も昔もバリかなぁ・・・。子供の頃にバリを紹介したガイドブックを読んで、「これを買って・・・」とか色々妄想していたので・・・。お金の単位がルピーってのがイイよ。ルピーってのが(なんだそれ)!!暑くてボ~ッとして、「バリの夜は更けていく・・・」みたいなのがイイ!絵葉書になりそうな綺麗な自然に囲まれてトロピカルカクテルを飲みたいぞ~~!お~~!あ、イタリアとかフランスとか、もう行けるならどこでも行きたいんだけどね。

 で、母が「韓国のお土産送ったから~」って連絡してきたから、楽しみにしていた。その包みが届いて、開けてみると・・・!!!

 なんとそこには、「冬ソナ」のメモ帳がぁぁぁ!ヨン様がチェジウと抱き合ってヨン様スマイルしてるよ~~!なんだよコレ~~!韓国まで行ってこんなモノ(失礼)買って来るなぁ~~!!・・・と、最初はちょっと期待と違って失望したんだけど、見つめているうちに親のセンスの良さに感動して嬉しくなり、冬ソナが忘れ去られる前に、このメモを使ってどんどん友達に手紙を書くことを決意したきらくでした・・・。
b0034968_23344094.jpg

[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-17 23:35 | 雑貨・文具

風邪ひきさん。

風邪・・・ひきましたぁ・・・。喉とハナと熱に、微妙にきてるかんじですわ。
でも休めない・・・。やることがありすぎるよ。ちょっと鬱です。
はぅぅ。

と思っていたらステキなサイト様をみつけた。「秘境駅へ行こう!」というHP。この荒廃感が、今の私の心境にツボった。私の住んでいる県のも紹介されてたヨ。ところでこのトップページで流れる曲・・・イイなぁ。このデジタルでちょっと寂し気な音を聞いていたら、切なくて悲しくて、漠然と溜まっていた不安とかつらさが流れ出して泣きそうになりました。

暗いな自分・・・(笑)
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-17 03:03 | ひと

やっちゃった・・・。

 この前自分で「最近睡眠が普通になってきた」って書いたけど・・・。
やっちまいましたよ・・・。初めて(だっけ?)の、「試験寝とばし事件」・・・。おおおおぉぅ。

 寝ないでガリガリ徹夜勉強して、朝方六時半に帰宅して、ベッドの上で休んでたら意識を失うように寝入り(うかつすぎ)、目が覚めたら12時だったんですよ。試験は朝からだったので、完全に寝飛ばし。遅刻ですらなかったよごめんママン。

 大事な試験だったんだけどなぁ・・・。失意のあまり午後の予定をサボタアジュして海へ・・・。そしてそこで↓のようなかわいい動物を見つけたので拾って飼うことにしました。いや、嘘です。試験を寝過ごしたのはほんとだけど、ただこういうペットが欲しいだけです。ああショック。

b0034968_18125459.jpg
b0034968_184059.jpg

[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-13 18:05 | 学校

これ欲しい!

眠りの深さ手軽に測定、東芝が携帯型「睡眠計」開発

・・・これ欲しい!!リンク先の記事によると、
「睡眠の深さを脈拍から判定する世界初の携帯型「睡眠計」を東芝が開発した。
 家庭で手軽に睡眠状態のチェックが出来るうえ、様々な病気や事故の引き金になる恐れがあるとされる睡眠時無呼吸症候群の判定も可能だ。2年以内に製品化を目指すという。」

ということだけど、私はずっと自分の睡眠状態が普通じゃないだろうなと思っていたので、是非使ってみたい。本格的に病院に行って検査をしなかったのは、本当におかしいことがわかって車の運転を禁止されたりしたらどうしようと思って不安だったのと、「睡眠専門外来」って私の住んでいるような田舎にはほとんどないせいなんだけど、これならお手軽じゃないですか??・・・って値段にもよるか・・・。

 以前の私は、若い子は眠いもの、では片付けられないほどの眠り病状態で、簡単に言うと「過眠」状態だった。特に寝起きは最悪。意識がないというか。私の父親も同じく若い頃は眠り病っぽかったらしく、私は個人的にこれを遺伝病として勝手に決め付けているけど、そう割り切れるまではつらかった。
「精神がたるんでるんだよ」
「やる気がないんだよ」
とか言われてしまうと、反論できない。他人の話を聞くと明らかに私とは眠りの深さが違っているのにうまく説明できない。
 でもでも最近ちょっとだけ睡眠が普通の人っぽくなってきたような気がしてるんだよね。なんとなく、眠りが浅くなってきたっていうか。眠ったら深い深い泥沼の底に沈むように意識がなくなっていたのに(夢は見るが、明るい、五月蝿いという事を感じない、下手すると殴られても感じない)、最近は一定の時間眠れば、眠りが浅くなってきて外の音も聞こえてくる。

 まぁこれも予定通りなのさ。だって、若い頃は以前の私と同じ状態だった父も、私が産まれた頃にはすっかり普通になっていて、仕事を寝過ごした事とかもないのを知っているから。本人は「責任感を持ったせいだ」とか言い訳しているが、私は単に「歳を取るとよくなる病気」なのだと思っているという・・・見解の相違(笑)。どっちが本当かは、私の子供の代になったらわかってるかもネ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-10-11 21:13 | おもちゃ