お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー

<   2004年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 どうも、きらくです。わが家は知らぬ間に進化しており、PCでTV番組が見られますです。

 チャンネル権を巡り争いをすることもなく、親への微妙な羞恥心(いい年してジャニーズかよ、みたいな。)に怯えることもなく、堂々と穏やかに、ジャニーズカウントダウンコンサートを観て新年を迎えられるというこの幸せよ。うちのTVより画質イイしうれしいね!キャ~。


 ああ、たぶんもうすぐ除夜の鐘が鳴り始めて、微妙に切ないような変な気分で待って、新年がやってきて、年賀状が届いて、おもちを食べて、だんだん日常に戻っていくんだなぁ・・・。毎年ただそれだけを繰り返しているのに、新年がくると「ハッピー」と違ってなんだか切ない気分になる私。それはちょうど、去り行く夕日が華やかに赤く空を染めるのに比べて、静かに光に溶け込んでいく朝日が寂しげで胸を打つのに似ている。

 2005年・・・。年賀状で「2005年」って何度も書いてたら、違和感がなくなってきた、新年につけられたこの名前。
 私は今、2005年に差し掛かっているし、たぶん2005年の間は生きている。でも当たり前のことだけど、私はたぶん「2500年」になるころにはただの塵になっているんだよね。

 歴史を学んだりしていると、まるで自分が過去のいろんなことを知っているように思えてしまったりするけれど、私の存在なんてちっぽけなものなんだよね。医学だってそうだし。私は積み重ねられたものの上で表面を掬っているだけの、無力で小さい存在なんだ。

 でも、それを悲しいとはちっとも思わないよ。この体もこの罪も、この幸せさえも、この「いっぱいいっぱい」な瞬間も、いつかは善いも悪いもなくなって、まるごと全て流されて消えるのだとしたら、それも天晴れ、おめでたいことだから。

 
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-31 21:45 | 生活

お買い物デース。

 今日は、すっごく久しぶりにお洋服を買いに行きました。が・・・正直、試着室で自分の姿に愕然とした・・・。ここのところ忙しすぎて、
「もう外見なんてどうでもいいんです」
って開き直って生きていたので、相当太った・・・。体型変わってるよぉぉぉぉ(涙)

 というわけで、あまり喜び勇んで洋服を買う気も起きず、短時間でお買い物終了・・・。

 絶対あと5キロ痩せてやるんだぁぁ!!(宣言)

 それと、ずっと欲しかったイメージに近くて、お値段も手ごろなリングを見つけてしまって、衝動買いっ☆嗚呼、お金ないのに、つい・・・(><)でもめちゃ可愛いリングだから許す!!おっきいジルコニアがちらちら揺れるリング、お気に入り登録デス!!2005年にどんどん使うぞ☆
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-30 23:02 | 着る

きらくのきたく。

 お久しぶりです、きらくです。いろいろあって、今関東に居ます。

 一昨日は、徹夜明けだけど移動。朝が来たら車に飛び乗り、空港へ。準備にかかったのは一時間くらいかなぁ。荷物ひっつかんで、出発の10分前に搭乗。飛行機の中で年賀状のコメントを書き、飛行機に酔う。無事到着した空港から、東●大学さんへ移動、調べもの。その後赤門を楽しむ間もなく国会図書館へ移動・・・。自家用車移動が基本の田舎者の足には、荷物を持ちながらの徒歩移動はこたえるネ・・・。いくつか調べものをして、銀座で人と待ち合わせ。疲れました、ええ。

 昨日は、目黒に行き資料収集、そのあと渋谷で懐かしい店に立ち寄り、青山で観劇。楽しかったなぁ。日が落ちてから一年間通った御茶ノ水へ移動。東京●科歯科大学に侵入して、本を調べて一日を終えた。

 今日は、4留9浪、浮気症でやる気がない貧乏男(顔だけはやや私の好みのタイプ)と付き合い始めるというわけのわからん苦悩に満ちた夢を見て、朝から疲れた。そういうわけで一日中だらだらした。今日は雪が降るほどで、私の普段住んでいるところとは気温が違うせいもあり、居心地が悪い。さむいよ~。手元には、学校の課題関連で、あわせて120ページの英語の文章と、読むべき本が4冊。地元に資料置いてきちゃったけど、試験勉強もしないといけないし、この冬もやっぱり、がんばらないとなぁ・・・☆帰ったら絶対温泉行くんだっ(><)
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-29 23:46 | 生活

2004年まとめ。

 この一年を、振り返る。
 みなさんにとって、2004年はどんな年でしたか??

 とっても幸せな年だった、としたら、それは凄く素敵なこと。
 ちょっと辛い一年だったとしても、すぐそこには明日があるよ。
 
 今日は私なりにこの一年を振り返ります。でも暗いので嫌な人はここから下を見ちゃだめ。


-----------------------------------------------------------------------


 2004年・・・今年は色々あったね。
 新しい人間関係もできたし、夢みたいに楽しい夏休みもあった。
 でも、それ以上に思うのは、忙しかったということ。
 この一年で一番印象に残っていることって、やっぱり忙しさ閉塞感だな。
 とくに後半きつかったから。

 今年の私は、本当に精神的な余裕がない状態だった。忙しさにかまけて、傷つけた人や、失ったものも沢山あったけど、そうせざるを得なかったと思うこともいくつかある。
 
 おまけに、私の目指す医師という職業が、今後右肩下がりだとか囁かれて、マスコミに叩かれまくっているので、将来に対する不安が激しかった。マスコミに叩かれているわりには、殺人的な仕事量と仕事時間、重すぎる責任に対する保証は、誰もしてくれないけど。

 このマスコミによる叩きは、私の親戚、親の職業にも向けられているため、私はよく八方塞がりな気分に陥った。例えば愛車の事だって、どこか所有することに罪悪感があった。
 「国民の平均より贅沢するな」
って、常にどこかで言われている気がしていたからだ。

 そんな中で、進級はマジで危ういし、学校の課題は忙しいし。
 気を抜いたら転落するんだ、ってそればっかりいつも考えていた。

 そういう自分の無能さとか、不安、つらさを前に鬱な気分になったり、愚痴ったりして、
 「それなら医者になるのはやめたほうがいい、患者さんに失礼だから」
 とひとこと言われたらもうそれ以上何も言い返せなかったのがまたキツかった。

 心の中では不満がありながら言えないフラストレーションの繰り返し。
 周りも殺人的に忙しい時には、友達と遊ぶことも、相手の迷惑になるからできないし。
 
 だけど、不安な自分も、不満のある自分も、もうそれでいいんだと、
 この一年も終わりに差し掛かった頃、本気で思った。
 
 贅沢を望むくせに、愚痴る自分
 欲しいものがあるから勉強させてもらっているのに、この立場を恨む自分

 そういうのも、受け入れていく、っていうか、私は間違っているし、悪い人間だし、ひとを傷つけて生きているし、誰かの苦しみの上に幸せを成り立たせているかもしれないけど、やっぱりこの一年間、今までになく生きるのがつらいと感じた日が多かったんだよ。
 それでいい、その不幸を感じる気持ちに、後ろめたさばっかり感じていても進まない、自分の気持ちを「正しいこと」として受け入れようと、思った。

 きっかけは、NHKの福祉ネットワークという番組で、
「介護される側は、人様のお世話になるから、依存するからといって、
 依存している相手の言うがままにならなくてもいい」
っていう考え方を知ったことだ。

 私も今まで心の中で、お世話される側は、「いい人」じゃないといけない気がしていたし、
「お世話される人」は、ワガママだったりとか、自己中心的だったりとかすると嫌われて、
介護する側の意に沿うケアのプランに乗ってくれてワガママ言わないでくれたら喜ばれるという感覚を持っていたと思う。ひいては喜ばれる人間になることが、介護される側なりに、周囲とうまくやっていく方法だとも思っていた。
 でもそうじゃない関係がアリなんだ、と。

 それはつまり、
 「患者様への奉仕者」であるからといって、世論の言うがままにならなくていい、
 自分の幸せと自分の不幸と、自分の義務と自分の権利は、医者自身が決めていい
 (もちろん最低限の良心を持って)

 ということにも投影できると思う。
 別に自分に都合がいいからこの論に感心したわけじゃなくて。
 たまたま自分の事例につながっただけなのだけど。

 特に身動きのとれなさを感じていたこの一年。

 でも、別に私だけの特別な幸せを申し訳ないと思うこともないし、
 私なりの不幸に感じたことを、誰がなんと言っても不幸と思ったっていいんじゃないかな。 
 最後に不幸を突然幸せだったんだと思いなおしたっていいんだし。
 完璧じゃなくていいよ。何事も。

 そう思えたらラクになった。

 誰かに叩かれたって、辛いときは辛いって言ったらいいんだと思った。
 私は私の味方になるだけでいい。
 これが2004年の最後に気がついたこと。
 
 きらくの2004年は、残念ながら漢字一文字にすると、
 「忙」とか「塞」
 だけど、2005年こそは、
 「楽」
 この一文字がいいな(^^)
 らくちんで、ゆとりがあって、たのしくて。来年の話、鬼が笑うって??(笑)
 
 「楽」と言えば、このブログの名前が、「きらきら きらく」だってことが、私は未だに嬉しい。
 自分でつけたんだけど大好きな名前だから。
 ということで、今年のベストネーミング賞はこのブログにあげよう!乾杯!!

 じゃ、ちょっと気が早いけど、よいお年を(*゚∀゚)ノ
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-26 05:15 | 自然

行くんだもんっ。

 目下、温泉選びにムチュ~である。
 日帰りでも泊まりでもOKなお隣県に、行ってくる予定なのだ☆さらにその周辺の観光地を回って、ゆっくりしようという計画。なかなかわくわくする話である。

 何故今温泉なのか??
 私は本来、温泉ですごく癒されるタイプではないのだが、TVで放送していた温泉特集にやられたのだ。普通の温泉は行きたくないが、そのとき紹介されていたある温泉だけは行きたくなった。手軽に行けて、旅気分の距離にあり、何よりも絶景が楽しめる。その景色が気に入った。
 調べてみるとそれは奇しくも私が以前ドライブした所にある温泉であった。その土地の印象は、あんまりにもだだッ広くて、田舎というより「過疎」って言葉がお似合いの、ちょっと人恋しくなる場所という感じであった。行く途中も山道がだらだらと続き、土砂降りになったら崖崩れくらい起きそうな雰囲気。携帯のアンテナが、電波を送受信できない場所も結構あった。
 そんな人里離れた土地にある、壮大な景色の楽しめる温泉で、できることならゆっくり全部を忘れたい。リラックスして、その日ばかりは女湯に天狗が浸かってても笑って許すよくらいの余裕を持って。猿とか豚が浸かってる場合はなんとなく許さないけどね、新型ウイルスとか寄生虫居そうだから。ま、とにかく私なりにプチ浪漫溢れる計画なのだ。

 楽しみ☆
 
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-26 02:08 | 自然
 うちの大学がある場所は、田舎である。

 田舎だけど、ここはイイ田舎である。土地の人は優しいし、野菜も美味しいし。変な宗教に勧誘されたりとかもないし(ていうか昼間家にいるときは寝てるだけだからか)あったかいしほどよく開けてるし。

 でもやっぱり、どこに行っても知り合いに会うのだけは、田舎の嫌なところだ。
 あまりに遭遇率が高いので、常に監視されている気分になる。

 今日はクリスマス。しかし私にとっては大切な試験後の骨休めの日・・・のはずであった。
 BUT。
 朝から電話の音と100通ほどの連続メールで寝覚めはBAD。家の壊れた箇所を直しに修理屋が来るから起こされたわけだが、メールのほうは、私が試験前であるため一切音沙汰ないようにメールを我慢していた母(もう我慢の限界らしい)からのくっだらない用事メールだ。相当暇なんだろうか。そんなに送ってこられたら、さすがに怨念に近いものを感じるんだけど。

 昨日は疲れて顔も洗わずに寝たので、私はジーパンにセーターに化粧顔のままだった。もう、生きるのが面倒だ。そのまま化粧を上塗りして、髪の毛を整えて電気屋に対応。明るいおっちゃんだが、大学名とか聞かれるのは正直面倒だ。ほんと、うちの大学が総合大学でよかったよ・・・。まだプライバシー守られるから。
 電気屋のおっちゃんが帰り、ぼーっとする。読書が普通にできる普通の休日。かといって切れた日用品とか年賀状のことが気にならないわけではない。うちの町の指定ゴミ袋がきれている。ないと困る・・・。次なる試験の資料が揃ったのでそれを綴じるファイルも欲しいし・・・。出かけるか・・・。

 かくして私はクリスマスだというのに起きたままの姿で(ニュアンスとしては「生まれたままの姿で」みたいな、この言い方いやらしぃよなぁ、ダサいだけにいやらしぃんだよ)出かけたのであった。しかし!BUT!

 ここは知り合いに会う町。田舎。
 ♪きょ~う~は、クリスマス。
 自分は汚い格好でうろついている(いかにも一人身)。
         ↓
カップルで幸せに今日の晩御飯を選ぶ知り合いに、絶対に会いたくない日ワースト1。

 ということで、ぎりぎり隣の市ではなく、うちの町の境目にある店を探す。というのも、普通ここらのお店はわざわざ隣の市町村の指定ゴミ袋まで置いていないからだ。

 ところが、三件回ってもなかった・・・。すぐそこだと思っていた店が、車で5分の場所が、実は「隣の市」のものだったからだ・・・。チッ、ここは「郡」扱いだってのによぉ!町役場のすぐ側に、「市」との境つくんなゴルァ(暴徒化)。いろんな店を回りながら、その都度くだらないものを買って浪費をしてしまう私。早く帰りたい。でもうちの近くの店はダメだ!ぐるぐる。ぐるぐる。

 疲れ果てた私は、諦めて、町の中でも繁栄していないスーパーを選択することで妥協した。あそこならせいぜい会っても一人。そのぐらいは我慢しよう。そのスーパーに行くと、予想外にガラガラに空いていた。クリスマスの夕飯どきに、スーパーに居るマヌケは少ないらしい。しめしめ・・・と一人満足げに微笑んでゴミ袋のあるコーナーへ向かう。
すると。

 そこにあったのは、
 ○○町指定ごみ袋 燃えるごみ (小)
 だけであったのだ!!!!!!(大)がないのである!(大)が売り切れているのである!!!

 仕方ないので(小)を買う。しばらくごみ袋にだけは困らないよう、まとめ買いする決心さえしていたのに・・・。サンタクロースなんて、嘘っぱちだね、ママン。

 欲しいものが欲しいと言えない素直じゃない自分の性格には慣れていた。しかしここに来て、周囲の目が気になりはじめてからは、「欲しいものを手に入れに行く」のが怖くて言えないことが増えたと思った。それは、単にごみ袋だけじゃなく。
 この土地は好きだけど、次はもうちょっと田舎じゃないところに住むと、決意。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-25 22:51 | 学校
 酒蒸しにした白菜と豚肉をごまダレに漬けて食べ、煮汁の残りにご飯とポン酢を入れて、たまごを入れて旨味たっぷりのおじやにした。美味美味。こんなウマイものが手軽に食べられてよいのだろうかと思うくらい美味。あ~幸せ。

 免疫学の勉強は混沌として進まず、TVばかり観る自分。なんだけど、だんだんもうどうでもよくなってきた。ギャル文字とか使いたい気分である。つまりそれは逃避行動ということか。


 マヂ○○クンカッコエエ~~σ(∀`〃)も~何時間でも見てたぃくらぃにきらくの好みのタイプなωょ~( ´ё`)優しいトコも、頭イイトコも、めっさ好きやねω!!!それでぁωな美形トカ、フツーぁりぇんカラ!こぅなったらきらくゎ絶対に○○の妻になります☆若奥様(爆)(*^O^*)ムリトカぃわなぃ、ソコ!(笑)
 キャ~っコーフンして鼻血がでるぅ(ノ∀`*)ノ彡☆バンバン!!ヤバいからぁωま考えωようにしとこ・・・妄想ゎ1日2時間まで・・・あぁ~でもそれじゃ足りないよぉ~(ジタバタ)そωなωじゃ○○くω不足できらくは死ぬωょ・・・(ノω・、)ぁぉぃ~ぅ~さぁぎぃ~♪(マジウザ)
 ところで・・・あ~バイトきつい~!一日8時間とかぁりぇなくね?てゅーか店長バイトさωざω働かして自分ちょ~ウダウダだし!!(ワラ でもきらくゎ、お金貯めて絶ッッ対に冬服バーゲン行きますからぁぁ!残念!←ギター侍(ワラ



 ・・・適当に今作ってみました・・・。周囲のイマドキ女子高校生が使いがちな表現を真似てみたんだけど、私にはこれが限界ですな。ちょっとは雰囲気似てる?
 「てゅーか、ぁりえωカラ」とか、地方に関係なくよく使われてると思うんだけど、これってちょっと方言っぽいよねぇ。「きらくちょっと疲れ気味なωょ・・・」とかもさ。なωでゎざゎざ田舎風の発音で「なωよ口調で自分語り」するωダロ(@@)??ま、そωなことどーでもぃっかヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-23 02:19 | ひと
 画像もHPもないけど、私が最近ハマっているお菓子をご紹介です。
 宮崎県で売っている、
 金城堂の 日向夏のパイ!!
 これは美味でございます。
 うすいパイ生地の上に、ねっとりとした砂糖漬けの日向夏(柑橘系フルーツ)が薄切りにして載せてある。食べると、パリパリ、サクサク、ねっとり・・・ってかんじで美味しいよ~。程よい酸味と甘味がたまりませぬ。宮崎県にご縁があれば是非おためしあれ~♪

 では再試験に向けて勉強頑張ってきます(*゚∀゚)ノ
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-20 20:27 | 食べ物

カウントダウン4。

 
b0034968_23411653.jpg

 全教科、再試験になった私。
 そのうちひとつの教科の再試験が行われるのが、聖なる夜、クリスマスイブである。
 
 第一がもう、街が夜になるとキラキラ輝いて、デートだ冬だ恋人だ言ってる世の中に対し、すでに肩身の狭い思いをしているので、いまさらクリスマスイブを潰されたってなんとも思わないが、なんというか、時間が経つのがはやすぎるよね・・・。・・・つまり、告知はだいぶ前だったのにも関わらず、まだ全然勉強に手をつけていないんだわね。
 
 どうするんだろう・・・と思いつつ、多分どうにかするだろうことも想像がつく。三夜連続放送ならぬ三夜連続徹夜をしてでも、私は最後には勉強するだろう(でも多分三夜の徹夜はもう無理、トシだから)。けど、間に合うかどうかのギリギリ最後までは、勉強しないだろうな・・・。もうこんな暮らしには、疲れたナァ。とか言ってみる。

 勉強があると、ろくに読書もできないのだが、最近再び自分の中で来ているのが、読書ブームだ。今日も、気になっている人が紹介した「最近読んだ本」みたいなのを見て、読みたくなり、アマゾンの密林で衝動買いした。前からチェックしてショッピングカートに放り込んでおいた本を含めて買ったので、合計1万7千円也。
 私はアマゾンの密林に相当貢いでいるな。でも本が好きだからいいや。ていうか、今思いついたんだけど、それをクリスマスプレゼントにすることにすればいいか。
 自分への、クリスマスプレゼントです!
 なんて、なんか乙女チックで、いいじゃ~ん。最近暇と精神的余裕がなく、使い道がないために、雀の涙ほどだけど、貯金あるから大丈夫なのさ!
 あ~、早く読みたいヨ~。

Hinanoのクリスマストラックバック企画です。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-19 23:41 | 学校

あぁ~~ウマチョビレ~

 人間は、ストレスを感じると、ストレスホルモンと呼ばれるものを出している。別にストレスがあるからって、心の問題だけが起きるわけじゃないってことだ。たとえば、あまりに痛すぎることをされると(麻酔なしの外科手術とか)人間はストレスホルモンの影響で死んだりするのだ。だから、ストレスを押し込めて生きていくのは「体によくない」のは確かだ。ストレスを感じると、血圧がイッキに上がったりとかもするよね。私は上が90なくて下が50くらいの低血圧だけど、イライラして血圧がドンっとあがったのを感じるときだけは、普段の低血圧をありがたく思うよ・・・。

 「ストレス」と「現代人」は、もはや切っても切り離せない枕詞みたいな存在だろうか。現代では、よっぽど恵まれていなかったら、ストレスとほとんど縁なく暮らすのは難しい。
 では現代人のストレスってなんだ、というと、嫁姑の問題とか、仕事がどうとか、そういうのは昔からあったかもしれないけど、それ以上に私が原因じゃないかと思うのは、よく言われることではあるが、世間が早く動くことだ。

 今の時代、なんでも早い(速い)。早くないと、おいて行かれる。見捨てられる。「ゆったり」するのが難しいのだ。それでも、「自分時間」で生きることができないわけではないが、この社会の中で勝ち組になろうと思えば思うほどに、速さが求められる。
 ネットはブロードバンド対応のページが増えて細い回線じゃイライラするし、研究もスクープも一秒でも早いのが勝ちで価値。おまけに映画でもドラマでも、コマ送りを意図的に流して冗長な場面説明時間を短縮する手法が増えてきたカンジがする(あくまで感覚)。コマ送りするせいでコミカルな印象になってしまうので、コメディに向いている手法だけど、あれをやられると
「あぁ・・・やっぱりなんでも《はやく》なっている」
とも思ってしまう。

 それに加えて、こうやって↑のように主観入りまくりのことを書くと、瞬時に不安になる。徹底的に調べつくしたわけでもないのにこんなこと言っちゃっていいのかな・・・と思う。情報は開示されているのに。情報が増え、アクセスが簡単になったぶん、根拠が必要になった。「父さんが言うなら黒も白」はナンセンス。うやむやに流すのがいやなら、考えなければならないことが多すぎる。元来調べ物が好きな私でも、あまりにも沢山不確定情報を与えられれば、誰か答えを決めて教えてくれたらいいのになと思わなくもない。

 じゃあ「スローライフ」がしたいかというと、私はいやである。うさんくさいとか以前に、この社会の大半がスローライフを始めない限りは、スローであることで失うものの方が多すぎるから。だからまぁ、結局好きでストレスの多い生き方をしているんじゃないかと指摘されても完全に否定はできない。「このストレスの先にあるものが欲しい」という気持ちがなかったら、私は今の生活なんかとっくに放棄しているだろうしね。下心丸出し人生なんですよ。
 
 でも、ひとつだけ憧れるスローな時代錯誤がある。それは「待つ」ことだ。
 現代は、「待たせない」ことを目指す時代。企業も速くなるように努力しているから、通信販売で商品が届くのも、欲しいものを見つけるのも、昔よりずっと早くなった。選択肢も広がったし、「早く買って」「早く答えだして」と言われることが多い。
 だけどそんな中で、相手をせかすことなく、何かに追われたり不安になったりせず、納得して
 「待つ」ことができるだけの何か、
 「これのためなら、穏やかに待てる」というだけの何かには、情熱を感じる。

 たとえば子供が12歳から13歳になるのにかかる時間は今も昔も一年ぴったり。
 好きな人の帰りを「浮気してんじゃないの」なんてつゆほども思うことなく待つのもイイ。
 バスが一時間来ないのを待つのだって、スケジュールが許して、日焼けしないんだったら、憧れるな。もちろんここで「ちょっと、バス遅れてんじゃないの」とかクレーム電話をしたくなるような状況では、ダメである。

 今、私は待ちたい。暇になりたいんじゃない。足踏みとも違う。
 ただずっとじっと、価値ある「待つ」をしてみたいのだ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-19 11:22 | ひと