お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー

<   2004年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

疲れ回復。

 胃腸を痛め、熱が出て、土曜日の予定を全部ドタキャンして16時間寝た。

 最近、起きる時間が決まっていると、安心して眠れなかったが、「好きなだけ寝ていい」と思えば熟睡できる。こんなふうに丸一日予定が入っていない状況は久し振りだった。
 このごろは精神的な疲労が極限まで達し、自分は不幸かもしれないと思わずにはいられなかったけど、目覚めたら久し振りに体中に生気が漲っていた。
 「もう無理かもしれない」と思って、学校をやめることばかり考えていたのに、なんだかまだ頑張れそうだ。

 昨日一時的に起きて見たテレビの、
 「クリスマスイブ(つまり試験の日まであと6日」
 という字幕の文字さえ、今日は少し、ポジティブに捉えられるよ。ふぅ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-19 09:50 | ひと

ステキなビトン。

b0034968_682860.gif
 
 皆さん、上の画像見てどう思われますか??この有名な柄のバッグは、かなり見たことありますよね?でも、端っこにいるパンダ、これ合成画像だと思います?いや、むしろこんなのあったらかなりの金額でも、是非欲しいな~って、思ったりするかもしれないですね。

 実はこれ、本当に、あの有名ブランド、LouisVuitton(通称ヴィトン)の正規商品なんです!お値段約12万円の超高級品。村上隆という日本人アーティストとのコラボ作品なんだけど、売れている・・・らしいです・・・。村上隆コラボのヴィトン商品は以前にも出ていましたが、今回はまぁ、なんというか、前回に輪をかけてスゴイですね。

 ちなみにこちらのキーホルダーは、同じシリーズなんですが、お値段いくらだと思いますか?
b0034968_622325.jpg

 答えは、なんとお値段二万七千円!!スゴイですね!これが高いか安いかは、完全に個人の感性の問題ですね。

 このパンダシリーズ、以下にざっとあげるくらいいろんな種類の商品がラインナップされていて、なかなかにぎやかです。
b0034968_6195760.jpg

 あと、
「このパンダシリーズを買って、裏側を見せて歩いたら、モノグラムのヴィトンっぽくて二度美味しい??」
と思ったアナタ。甘いです。ちゃんとうらには後姿がプリントされているという徹底ぶりです。
b0034968_6103294.jpg

 
 ま、私は・・・いらないケド(^^;)・・・。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-17 06:23 | 着る
 以前紹介した、エニアグラム(性格診断みたいなやつ)の中で、
 「うっ、その通りジャン!痛いジャン!」
 と思った質問が、
 「物事の悲観的側面に惹かれるところがある。」
 というもの。そう、私はお恥ずかしいことに、悲しいものがけっこう好きなのだ・・・。

 b0034968_2353925.jpg
そんなきらくが今回オススメするのは、
「T.M.Revolution の ignited-イグナイテッド-」という曲。アニソンです。今流行っていると思われる、機動戦士ガンダムSEED DESTINYのオープニング曲(いやぁ、あんまり詳しくないからわかんないけど)らしい。左がジャケ写。

 ヒロシです。この曲は、歌詞が切ないとです。
 以下、下線部は「ignited」より、きらくの好む部分の引用。

b0034968_2425763.jpg

 「優しいその指が 終わりに触れる時 今だけ 君だけ 信じてもいいんだろう?」
 「壊れあうから 動けない 淋しい羽根重ねて」

ガンダム臭くてイイ。確かにぶつかって壊れそう。画像参照(笑)
 「哀しい眸のままで 口吻けてしまう度 もっとずっと もっとそっと 守れる気がした」
 「心しか 抱き締める物のない 孤独の途中で 見失う世界がある」
 「変われる事が 怖くなる 深い鼓動の先に」


 いいですねぇ。このせつなさ。かなしさ。それでいてひた走るようなアップテンポ。悲しいもの好きのきらくはこういうのに惹かれてしまうのですよ。
 あと、この曲聴いていると、ドラマチックな映像が浮かび上がるっていうか、かっこよくてヒロイズムに満ちたプロモーションビデオを作りたくなるわけですな。さすが、ガンダムのオープニングだよ!ガンダムとかにガ~ッて出てきて欲しくなる曲だもんなぁ~。


  ところで、アニメといえば、忘れられない光景がある。それはアニメオタクが多そうなスポット、電機街秋葉原のこと。私自身は秋葉原に行ったことはほとんどなく、偏見かもしれないのだが・・・。
 私が秋葉原に初めて行ったその頃は、まだまだインターネット上で「女性です」と言えば、「ウソつけ、男だろ!」と叩かれた時代であり、今では秋葉原の様子もだいぶ違うかもしれないのだけど、駅から一歩出ると、明らかにおかしかったのだ、

 街全体の男女比が。

 もうね、男が多いんだよね。ほとんど男。それで、女の人は携帯電話のキャンペーンガールとか、そういうのばっかりだったの。あそこまで大規模に男女比が崩れている空間っていうのもね、凄いものがあった・・・。ジャニーズのコンサートとかも凄いけど、一時的だし街全体が女だらけなわけじゃないからさ。でも、男女のバランスはおかしかったけど面白い街で、日本のアンダーグラウンドな底力っていうか、ヲタクのパワー感じたよ。道行く人は、当時からアキバ系ファッションで、みんな地味だったけど!


 そして、それから数年経った今、「萌え」とか「2ch」とかがどんどんメジャーになって、ヲタク文化は大きな商業マーケットにはなっているものの、漫画・アニメヲタクとかいうと、やっぱりまだまだ蔑視されたりするものだと私は思っていた(私は蔑視してませんよ)。だけど、この前そうでもないのかも、って思うことがあった。

 それはグループ発表でのこと。時間がなかったわが班は、間に合わせに漫画っぽく描いた患者さんの絵を使ったのだが、発表が終わったあと、クラスの男の子にその絵について
「あの患者さん、美人だったよなぁ、いいなぁあんな患者さん、好み」
と言われたのだ。

 私はかなりびっくりした。その人はピアスとかしちゃって、髪の色も明るくて、メジャーなスポーツの部活に入り、おおよそヲタクというイメージじゃない。なのに、漫画顔について「美人」「不美人」を見分けて、普通に芸能人の顔みたいに判断するんだなぁと。私はてっきり、
 「漫画の顔って、骨格歪んでるよね~、目がデカすぎてキモい」
とは行かないまでも、「漫画は漫画だから」って実際の顔とは分けて考えるのが普通の人の感覚だと思っていたのに・・・。
 私の考えが遺跡並みに古いかね?まぁちょっと、「若者言葉はわからないだろうから使わないようにしよう」と思ってお年寄りと話していたら、向こうが「イケメン」とか言ってきた感覚に似てるかも。
 でも教授とかがよく、「どうみても、それは、イラストだろ!?」ってのを、「これはちょっとね、漫画ですけど」って見下げたように呼ぶのを聞いていると、とてもさっきのクラスの男の子みたいなことを、言うとは思えないから、やっぱり若い人の特徴だと思うんだよね。

 ということで、日本人の若い世代の意識奥深くに、アニメとか漫画の感性ってのは浸透しているんじゃないかってことを実感したのだった。数年前のあの時、秋葉原から感じた静かなパワーは、もはやあの時点でも、秋葉原だけのものじゃなかったのかもしれない。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-16 02:01 | 音楽

エセラッパー。

 今日、友達が車で送ってくれというので、出動した。
BGMとしてかけていたのは、先日も話題にしたm-flo loves YOSHIKAの「let go」。私はしつこいので、一曲リピートに全く苦痛を感じないのだが、たまにそれをやると
「ねぇ・・・BGMこれだけ?」
と、助手席の人にきかれるので、まずいかなぁと思いつつ、今お気に入りの曲なので、音を小さめにして一曲リピート設定して迎えに行く。切ないバラード+RAPの曲なので、場がしんみりしちゃうかなぁと思いながら。
 
 さて、いつもの場所に到着すると、友達が「いやあスマンスマン」と言いながら乗り込んできた。まったく、明日レポート(4つもある)の〆切だってのに、飲み会に行くとは呑気なやつだな・・・と思ったら、突然彼が豹変した。

 「ヘイよ~、カモン、イェ、イェ、きらくゥ、イェ、送りよろしくゥ、お願いします、YO」

 とか言い出している。突然エセラッパー化しているのだ!!
 普段は普通にしゃべってるのに、どうやらBGMの中の、m-floのラップに瞬時に影響されたらしい。その後彼はずっとエセラッパー状態で、目的地に着くまでの30分くらい、喋ることが全部RAP調なのだった。日常会話までアドリブラップで片付ける、あれは、隠れた才能かもしれない。

 で、ヤツは一曲リピートを嫌がるかと思ったら自らリピートボタンを探しだした・・・。ボリュームも上げて「イエェ、カモン、カモン、ブンパパブン」とか言っている。「let go」、気に入ってくれたらしい。しかし、ずっとRAPで面白いこと喋ってるから、当然、しんみりするどころか車の中は笑いの渦になってしまった。私の予想とまるっきり反対。

 人生、思い通りにいかないほうが楽しいこともあるね。
 独りより複数人のほうがずっと創造的だなと、最近思うようになった。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-15 22:24 | 音楽

胃痛胃痛胃痛。

 胃が痛い。
 想像アニサキス感染で痛いわけではありませんよ。
 なんかわかんないけど、めちゃ痛いんですよ。
 
 あと、吐き気がする。
 「思い当たるフシ」があれば確実に「デキたな・・・」と思うくらいの勢いで吐き気がする(でも思い当たるフシがないのでただ不愉快なだけ)。
 想像妊娠ではありませんよ。

 多分、多分だけど「急性胃腸炎」の類。大人では重症化しないらしいけど、吐き気、腹痛、下痢、発熱などが起きるやつ。熱っぽくてボーッとするし、いま流行してるらしいから、そうかなぁと・・・。あ~~、痛いよ痛いよ酔いたいよ(><)。

 あとはねぇ、基本的にストレスが溜まりスギなんだよ・・・(怒)。忙しいのが常態化している上、精神的に追い詰められる要素抱えまくり。誰か助けてくれ~。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-15 22:05 | ひと

今夜は星月夜。

 最近星が綺麗だ。
 この土地は、ネオンが少ないから星がよく見える。

 こんな夜には、自分のふるさとに帰りたくなる。
 どこか遠くに、置いてきてしまったような気がする、私の「実家」に。

 この土地に越してきた時には、この土地を私のふるさとにしようと思った。
 自然が美しくて、人が優しくて、時間がゆったりしているから。
 
 でも、苦しい時、つらい時、「今」に居たくない時、
 思い出す味は関東の醤油の味であり、
 思い出す音は関西弁のイントネーションであり、
 思い出す風景は実家というより無機質で人間の意識が交錯する総武線の車内だった。

 引越しがちだった私には、「青春」の記憶はあるが、明確な「ふるさと」がない。
 友達がたったひとつの「実家」「出身」を大切にしているのを見ると、時々よくわからなくなる。ほとんどずっとこの日本に居たから、重篤な「アイデンティティの危機」には陥っていないと思うけれども。

 忙しい日常に限界を感じると、「帰る場所がほしい」と思う。
 だけど私はそういうとき、なかなか自分の部屋には帰らない。
 結局、いつまでもあてのないドライブをして彷徨っているだけだ。
 ただのないものねだりなんだろうか。
 せっかく星が綺麗でも、迷子になってしまうのでは仕方がない。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-15 02:24 | ひと
 今日、学校で友達にきかれた。

 「きらくちゃんは、カレシがいるときに風邪で具合が悪くなったらどうする?」

 私は答えた。

 「一人でなんでもやる」

 って。
 
 彼女は言った。「え~、だって、恋人がいるんだからその人に助けてもらえばいいじゃん、甘えたらいいじゃん、具合悪いって言ったら普通助けにきてくれるよ」と。

 そうかも。でも私はそういう場合たぶん自分からは呼ばないなぁ。「どうしたの?」って言われたら事情を説明するかもしれないけど、例えば私はお腹を壊すことが多いんだけど、そういうとき、大好きな恋人に来られたらかえって気疲れしそうじゃないかと・・・。
 だって、トイレはくさいよ?いつまた発作(下痢)が来るかわかんないし!もちろん顔色最悪だし、お風呂なんか入ってないし顔も洗ってないし!!
 そこでキラッキラ(愛情レンズで美化)のカレシに見舞いに来られたら、それだけで胃まで痛くなるよ~・・・。うぐぅ。

 やっぱり、私「おひとりさま向きの女」なんですかね(笑)と、一人ドライブしながら彼女との会話を思い出していたら、ふと疑問がわいた。

私よくお腹こわしてるけど、どうしてたっけ?って。

 そしたら、よくよく思い出してみると、いつも具合が悪くなると仲のいい女の子とかが差し入れしてくれるんだよね。しかも顔見なくていいように、玄関口にそっと下げておいてくれるの。だから私は、あまり食料に困ったりせずに無事回復してたんだ・・・。トイレットペーパーを置いていってくれた男友達もいたなぁ(かなりありがたい、もっとも不足する物資のため)。

 ま、たまに食欲に負けて差し入れの美味しそうなケーキとかを食して、また発作(下痢)を招いたりもしてるんだけど(爆)。私忘れっぽくて、すぐご恩を忘れるタチなんだけども、

 ああ・・ありがとう・・・。

って思った。しんみりと・・・。幸せ者です。

 汚い下痢と美しい友情の話でした。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-15 00:56 | 学校

これ凄いなぁ。

 念力みたいだね、「脳で念じるだけでロボットの手が動く」なんてさ。科学には、汚い面もあるけど、夢もあるね。自分のブックマーク代わりにblogに投稿。

脳の信号で人工腕をコントロールする実験、サルで成功

 もしサルがお腹をすかせていても、手を縛られていたら、できることはほとんどないだろう。しかし、近くにある人工腕を自分の脳でコントロールできるとしたら、話は別だ。

ピッツバーグ大学のアンドルー・シュウォーツ教授の神経生物学研究所にいるサルには、それができる。このサルは、自分の頭で考えるだけで人工腕をコントロールし、その腕を使って食事をするのだ。

 この技術が確立すれば、脊髄損傷患者や手足を失った人、あるいは脳卒中患者のために役立てることができるだろう。「義肢として使うにはまだまだの段階だが……今回の成功は、正しい方向への大きな一歩だと思う」と、プロジェクトに参加した生命工学科の大学院生、チャンス・スポールディング氏は述べた。
(記事より抜粋)

 カッコイイ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-14 01:11 | ひと

m-flo loves YOSHIKA「Let go」

 IEの、「お気に入り」の大編成をしたら、凄くネットサーフィンがしやすくなった。とりあえずまた来そうだと思ったら、「お気に入り」に入れちゃう派の私にとって、「お気に入り」欄はもはやジャングルであったので。

 b0034968_2243920.jpgさてさて最近、m-flo loves YOSHIKAの、「Let go」って曲が気になって仕方がないです。私って根が暗いんでしょうかね。未練がましいんでしょうかね。こういう歌を聴くといてもたってもいられなくなるなぁ。好きになると、一曲を4時間リピートとかするしつこいところもあるし・・・。なんか、私って性格悪いかも~(笑)。
 切ない悲恋の気分に浸りたい人はどうぞ。不倫にハマってる人とかも密かに共感できそうな曲・・・。でも私は不倫はいやだけど・・・。歌詞はこちら。私としては、歌詞だけ見るとなんか恥ずかしいけど、曲に載せたらいいかんじだなぁと思う。
 
 ちなみに、「Let go」っていうのは、
「日本語で簡単に言っちゃうと、自分の中にある見えないものを出す、解き放つってこと」
で、
「自分の中でも言いたくても言えないことだったり、忘れたいこととか、とにかく手離したいものとかが何かある」
ってことらしい。切ないね。

『let go』  m-flo loves YOSHIKA
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-12 22:12 | 音楽

レーザー攻撃。

名古屋大学で実験授業中に男子学生の目にレーザー光線が入り視力が大幅に低下する事故
2004年10月、名古屋大学で実験授業中、男子学生の目にレーザー光線が入り、視力を大幅に低下させる事故があったことがわかった。名古屋大学によると、事故があったのは2004年10月21日、理学部の実習中で教員がレーザー光線を発生させる装置のデモンストレーションを行っていたところ、この光線が誤って見ていた男子学生の左目に入った。この学生は、翌日、目に異常を感じたため病院に行ったが、網膜にやけどを負っていて、手術した後も視力が10分の1程度低下したという。


 悲しい事故ですね。でも、うちの学校でも似たようなことはあるよなぁ。視力低下しているかは、わからないんだけど。
 授業でスライドを指したりするための、赤いレーザーポイントがある小型機械。あれ、たまにさまよって生徒のほうにレーザーが飛んでくる。なんかひやひやするんだよね、多分大丈夫なんだと、思うけど。っていうか、思いたいけど。

 で、今日気のせいなんだろうけどひやひやしたこと。
 それは、
 季節外れにも、うちに蚊が居たの。私はそれを反射的に抹殺した。
 本当は虫殺すの苦手だった。虫大嫌いなんだけど、潰すとき触るのとか嫌で。
 だけど今日は別。もう瞬時に殺した。
 それは何故かというと、またしても最近、寄生虫の本ばっかり読んでいるから。
 蚊って、マラリア原虫とか、バンクロフト糸状虫とかの寄生虫を媒介するのだ。寄生虫とか、マラリアとか言ってもなかなか実感わかないけど、光源氏はマラリアに罹ったといわれているし、鹿児島の西郷隆盛はバンクロフト糸状虫に寄生されていたらしい。マラリアは命を奪うし、バンクロフト糸状虫に感染した場合は、象皮症になってしまったりするのだ~!

 ということで、蚊を見た瞬間、私は命の危険を感じたので、瞬殺したの。
 やればできるんだな・・・と思った。

 
[PR]
by kirakirakiraku | 2004-12-12 02:52 | 学校