お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー

<   2005年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ツ反。

 一向に風邪はよくならない。風邪じゃなくて、アレルギーじゃなかろうかと思いはじめる。でもツベルクリンの接種には行く。寝過ごしてしまって、化粧もせずに行ったんだけど、自分でも言うのもなんだけど私は怖い女だった。

 染まりすぎた金髪気味の茶髪に、ジャージにジーンズにサンダルで、寝癖付きの髪をオールバックにしていたのだが、私は目つきがキツいので、化粧もなにもせずにガンつけると大抵の人は凍りつく。高校生の頃、10メートル先の男子を見ただけで怯えられた経歴の持ち主の私。おまけに今日の私は風邪で愛想が悪かったので、すでに帰っちゃった先生の代わりに接種してくれた保健のおねいさんが明らかに引いていた。おねいさん、ごめんなさい。

 田原総一郎とか立花隆が「オレってコワモテだからすぐ怖がられる」って自嘲する気持ちがよくわかる。別に攻撃するつもりじゃないのに、攻撃してしまっているという。まぁオジサンならコワモテもいいけどさ。私花の女子大生(死語)なのに~。

 そんなわけで予定より遅れた時間に行ったので、飲んでいる薬のことを相談しなかった。問診表に「副腎皮質ホルモンを飲んでいますか」みたいな項目があったが「いいえ」とした。しかしこれは間違いだった。

 何も言わずにツベルクリンを打たれてきたものの、帰宅して妙に薬のことが心配になったので、私は「かかりつけ薬局」に電話をした。調剤した人が出てきた。昨日もらった薬は、ツベルクリンと飲み合わせて問題はないかと聞いたら
「問題はありません~。でも、BCGの時にお医者さんに説明の紙を見せて聞いてください」
というではないか。それは私としては、腹がたつことだった。心が狭いと思われるかもしれないが、一応そこは「かかりつけ薬局」なのだ。彼は薬のエキスパートなのだ。対等なチーム医療の一員なのだ。ツ反の仕組みについてわかっていないっぽいのも、しどろもどろなのもしょうがない。でもでも、最後は「お医者さんにきいてください」で医者に責任を丸投げするなんて卑怯である。

 でもまぁ、彼が昨日、私が自己判断で服用中の漢方薬の名前(ツムラから出ているメジャーどころ)を知らなかった時にも感じたけど、今の時代の医療関係者は大変だ。とんでもない知識量をキープしておくなんて、並大抵の努力じゃできないことだ。私が研修医になって患者に同じように聞かれたって、答えられる自信はない。だからお礼を言って電話を切った。

 しかし気になる。ツ反と薬の飲み合わせで死なないとしても、私はもう腕にあの「模様(BCG)」を増やしたくないのだ。反応があるならある、ないならないでハッキリして欲しい。薬の処方内容を見ても、「アレルギーを抑える薬です」、とか書いてあるのがあやしい。そこでネットで調べてみた。すると、私は気がつかなかったのだが、私に処方されていたセレスタミン錠は、間違いなく副腎皮質ホルモンであった。問診のとき「いいえ」とかつけていた馬鹿は医学部四年の私である。どこのサイトを見ても「副腎皮質ホルモン剤を服用中の方は、ツベルクリン反応が弱く出ることがあります」と書いてある。

 しょうがないから処方したかかりつけ医に電話した。すると、彼は「確かに副腎皮質ホルモンだが、その程度なら量が少ないから大丈夫、気にしないでいいよ」と言った。ついでに様子はどうかとか、色々かかりつけ医っぽいことを尋ねられて、私は気分良く電話を切ったのだった。正直、全く問題ないことはないだろうと私は思った。しかし私に充分なツベルクリン反応が出ず、BCGを打たれても私はどうしようもない。薬のせいで反応が出なかったのか、本当に私が結核に対する免疫を充分持たなかったのかなんかわかるわけない。ただ、煙に巻かれた気分ながら、私は充分説明してほしかったし、医療関係者らしい対応をしてほしかっただけなんだろうと思う。

 最初に電話した「かかりつけ薬局」薬剤師をことさら責めるつもりはない。彼は言い忘れただけで、多分セレスタミンが副腎皮質ホルモン剤だと知っていただろうし、それがツベルクリン接種とあまり相容れないことくらい知っていたはずだ。
 私だって人のこといえるほど勉強なんかしてないから、試験ではいつも沢山間違えている。絶対書くべき項目を書かなかった問題があっても、60点取れていたから進級してきた。それで救われた気になって、でも許されて生きている。だから彼を責めない。BCGを1回余計に打たれたからって死ぬわけじゃないし。
 加えて、かかりつけ医は私が医学生なのを知っていたが、かかりつけ薬局の薬剤師は知らなかった。医学生の私が最低限教えて欲しいことと、89歳のおばあちゃんが説明してほしいことを電話口で判断しろっていうのも酷だ。

 でも、しかし。
 「”かかりつけ”らしいいたわりの言葉」「一応説明しておく姿勢」「自信ありげな口調」なんて、そんな「どうでもいいこと」で患者の気持ちは左右されるってことを、色んな意味でキモに命じておこうと思った一件だった。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-26 20:02 | 生活

格言ね

医者を本当に信用できないのに、しかも医者なしではやっていけないところに人間の大きな悩みがある。

というのが、ゲーテの言葉にあるそうな。
なんかわかる。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-26 10:54 | 生活

未来予想図

 相変わらず、風邪に悩む。ハナもすごいし、息苦しいのもきつい。8種類の薬は効いているのかいないのか。とりあえずツベルクリンを受けるのは構わないらしいので、明日受けに行く。でもBCGは体調が良くないと受けられないらしい。めんどくさいからBCG受けなくてもいいといいなぁ。第一あれは、なんであんなマヌケなマークがつくのさ。BCG打たれてから横に成長した私は、模様が歪んでてバカみたいな腕になっている。

 風邪の時は変な夢を見る。今日は、盲導犬を育てるボランティアをする夢を見た。チョ~可愛い子犬を、成犬になるまでしつけながら育ててやるのだ。夢の中で私は「イイコね~」とかいいながら犬を抱きしめていた。かなり幸せな夢だった。
 
 あまり動けないのだが、帰宅してからちょっと前までずっと寝ていたので、眠くない。
 とりあえず、アマゾンの密林で衝動買いした本を手に取った。面白いけど、頭がボーッとするから飛ばし読みだ。ちょっと紹介すると「プロ論。」という本は、各界の著名人に仕事についてインタビューしたページの寄せ集めだ。一人数ページぶんしかないので、良くも悪くも薄っぺらだけど、まぁそれなりに博覧会みたいで楽しい。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-26 01:30 | ひと

病院。

 今日、一時間目は研究でお世話になっている●●外科だったので、何はなくとも、ということで出席してきたがやっぱり頭がボーッとするし、息苦しいので早退して病院に行くことにした。

 最初は学校の隣にくっついてる病院に行こうかと思ったが、受付近くでウロウロしてて何かと世話を焼いてくれる(受付表の書き方とか)オジサンがあんまり親切でもなかったので、やめて近所の病院に行くことにした。せっかく人を設置するなら、もうひと工夫が欲しいねぃ。

 近所の病院では、結局一時間以上待って診察していただく。先生(推定40代・男)にも、受付嬢にもネイルアートをほめられてしまい、この病院ではネイルアートが流行っているのだろうか、とか想像した。ま、先生は「そんなことする暇があったら勉強しなさい」って言ってたけどさ・・・。おっしゃるとおり。

 しかし今回はどうしても28日までに完治しないとならないから病院に行ったが、基本的に私は医者不信に陥っているので、すぐに先生を疑う嫌な患者である。今回も、風邪なのに8種類も薬が出たことについて些か疑問を感じつつ帰ってきた。でもまぁ全部飲めば治るかなぁなんて考えつつ、めんどくさすぎる量を飲んだ。

 それにしても、なんてことだ、と思うのは医療費が安いってことだ。今回私の払った治療費は1000円くらい。待たされたけど、先生に診てもらい、ヘンな薬を吸入させられて1000円。お昼ごはんでいつも500円かかっていることを考えると激安な気がする。ヘンな薬の吸入がなかったらもっと安かっただろうな(医者不信)
 薬は、8種類も出たのに1000円くらい。こんなに大量に出たわりには安い。最低限の薬だけ出されてたら多分500円いってないハズだけど(医者不信)。重病の場合感覚は変わって来るだろうけど、貧乏人でも、お金持ちでもこんな安値で医療が受けられるって、素晴らしい国じゃないか。それなのに「医療費三割負担になったら景気が後退した」とか、本当だろうか。もっと皆他の事で無駄遣いしてないか??私としては、消費税のほうが精神的に負担だけどな。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-25 13:36 | 生活

やばいやばい。

 どうしよう。

 風邪をひいてしまった。

 昨日から、具合がおかしくて熱があったのだが、それを疲れのせいと思っていたのがいけなかった。散々寝てたのにばっちり、喉とハナにきた。周りでもこの「喉風邪」にやられている人は数多く、私にもついに襲来したらしい。

 しかし、私は今ただ事じゃなく忙しい上に、決まった日程に仕事で接種が受けられなかったせいで、26日にはツベルクリンの接種を受ける予定なのである。体全体が弱りまくっている時にツベルクリンを打たれて、そのまま天に召されたら、これはあまりにも無駄死にである。しかし、一度予定日をずらしているので、また変更ができる保証がない。どうしよう。

 しかもさらに「東京湾景」で無駄に家族への愛が高まったせいで企画が進んだGW家族旅行計画は、私が遠方に住んでいるせいで結構ハードなスケジュールとなり、私は授業が終わったらソッコー飛び立って、次の日の早朝から旅行が始まるという予定だ。行き先は、極寒の地、北海道。何故かGLAYの四人が、フード付きダウンジャケットを着ながら雪の中で演奏する姿が浮かんでくる。昨日だか一昨日だかには、雪降ったらしいし。4月なのにもう夏の様相を呈しかけている某県とは大違い、異国である。

 「おい、冬のカッコしてこいよ、阿寒湖とか、凍ってるんだからな!!」
という父を心配させまいと、風邪であることを隠している私はなんていい娘だろうか。今からではキャンセル料発生必至。こりゃ治すしかない・・・んだけど、荷造りできないくらい部屋が汚い。洗濯物も洗ってない。どうしよう_| ̄|○
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-24 20:27 | 生活

一流

 一流の、作品を観ると、どうしようもなく打ちのめされた気分になる。

 私は創作系が好きで、何かを作り出す事が大好きだ。

 そういう作業って、凄く凄く凄く苦しいし、時間なくなるし、ボロボロになるんだけど、何かが作り出せた時の快感は麻薬並み。

 そして、出来たものを見て

 「結構できるんだぁ」

 なんて、自画自賛してしまうこともしばしば。

 しかし、やっぱりプロの、しかも一流のプロの技を目の当たりにすると、そういうボケも一気に吹き飛ぶ。

 凄くいいものを作れる人には、心からカンパイだ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-24 07:08 | ひと

リーダーって。

 今、私は忙しい毎日を送っているということは最近よくブログに書いている。

 でも私はそれが結構ツラいってことを、できるだけ他人に悟られたくない。
 ブログは本音をある程度吐き出せる場所だから書くけど、人より多く、学校の仕事を抱えてしまっている私が「忙しい、きつい」なんて弱音を吐いて、「じゃあ最初から引き受けなければよかったじゃない」って言われるのが嫌だからだ。だから学校では、愚痴はできるだけ言わないようにするつもり。しかし、早くも健康と生活にしわ寄せが来ている面もあって、ちょっと後悔もしている。だけどどの仕事もやりたい仕事で、やってて良かったと思いながらやっている。だから頑張る。最後までやる。

 ところでその仕事で考えるようになったのが、「リーダーってどうすればいいか」ということだ。私は中学くらいまではリーダーになったりもしていたが、高校くらいからは唯一のとりえだった成績も落ちたので、主流を離れて、どちらかというとクラゲのようにプカプカ浮遊しているタイプになった。もちろんそういうヤツが集団の筆頭になることはなく、一人でブラブラしているだけでよかった。私は全ての時間を自分のために使い、かといって何を成すでもなく、ダラダラ楽しくやっていた。

 それが今回学校の仕事で久し振りにHP班の「リーダー」となってしまい、非常に困惑しているのである。HPなんてマイナーな部門だから苦労は少ないほうだと思うのだが、それでも少ないメンバーとうまく仕事したり、話し合いしたり、外のメンバーと交渉したりするのだけで私にとっては凄く大変なのだ。ついでに私は別の企画の副長もやっていて、そこでは「女房役(この言い方には賛否両論だろうけど)としてリーダーを支える」って難しいなぁというのも感じる。別の企画のリーダーと話をして、色々感じることもある。さらにまた別の企画ではヒラ企画員もやっているから、ヒラから観たリーダーについても考えたりする。

 今日読み終わった本に、日経新聞記者の田勢康弘さん作、「ジャーナリストの冒険」という本がある。その本によると、リーダーとは
指導者、すなわち「リードする者」。このリードには語源として「死ぬ」という意味がある。指導者の英語である「リーダーシップ」は戦場で指揮官が命を懸けて組織を率いる、というところから生まれた言葉
ということらしい。
 命を懸ける、なんて、生ぬるい学校の仕事ではあり得ないのだけれども、それだけ気合がいるっていうのは間違いなさそうだ。同じく新聞記者の経歴を持つ櫻木健古さんによると「体力・知力・徳」がリーダーになる条件らしい。うっ、どれも満たしていないではないか・・・。世の中とは、厳しいものじゃい(涙)!ま、この櫻木さんは、「体力」を挙げているだけでなく、「女は本質的にリーダーとしての資質をもっていない」って断言してますけどね。そうなるともう、生まれた時点で私はリーダー失格なんだけど(笑)

 しかし、心強い味方にだけは、今のところ私は恵まれているみたいだ。どの仕事も、一緒にやっている人が優しくて助かる。私がしている学校の仕事全体をまとめているボスも、頼もしいし親切だ。それを思うと、搾り出せる気合の上限が増えるような気がしてくる。そういう人達と仕事ができるのは、純粋に嬉しい。とりあえずできるだけ頑張りたいと思う。終わり。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-24 01:57 | ひと

写真にハマる。

 近頃疲れていて、他人に優しくなれない自分がいたことをとても反省する日々。

 さて、そんな私が今ちょっとハマっているのが写真撮影だ。
 下手の横好きでやっている。

 どうして写真に目覚めたかというと、それは私が忙しくなってしまっている理由のひとつ、某HPの管理の仕事のせいだ。

 その仕事は忙しいけど幸福な仕事で、協力者にも恵まれてまぁそこそこ、一日30~50Hitくらいは順調に稼げているのだが、そこに私は「今日の一枚」というコーナーを持っているのだ。そのコーナーで私は不定期に写真を紹介し、下手な説明文を下につけて公開している。

 もともと、そのHPは某イベント関係のもので、イベントの宣伝と盛り上げが第一目的で作られているが、イベントは11月にあるから、4月の今にはまだ更新する内容がない。でも更新しないと人が離れていく。そういうわけで間を持たせるためだけに苦し紛れで始めたのが「今日の一枚」だった。

 ところが写真を撮る基本とか全くわからない私は、どこかマヌケでださい写真ばかり載せてしまい、それが悔しくて写真についてHPで調べまくった。そしたら凄く楽しくなってきて、写真を撮ることについてよく考えるようになってきた。まだ、満足な一枚を撮れていないけど、ドライブしながらシャッターチャンスを狙っている。ある程度行き着くと倦怠感も出てくるけど、とりあえず右も左もわからず手探りしている段階って、楽しいものだ。パンチのあるステキな一枚を撮れるヒトになりたい。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-24 01:13 | 写真
 この前の投稿では失礼をば致しました。

 なんとなく切なくて酒に溺れ、部屋にこもって一人でキーボード演奏(コムロテツヤかよ)していました・・・。せ、正確にリズムを刻んだあとが・・・。すまんとです。

 ここ数日の私はどうにもこうにも微妙に精神的不安定状態で、しかも忙しくて、なんか泣きそうな気分なのに涙なんて1ピコグラムも出る気がしません。食べてばっかりで胃が疲れました。しかもピザまんを頼んでカレーまんをだされ、食べてから気がついてまたピザまんを買いに走るといったような無駄が多い。ほんとに走ってればいいけど、車で走ってるから肉になるだけです。ついでにからあげ買っちゃったし。でもさすがにね、忙しすぎて食べることができなかった三日前に賞味期限切れの牛丼を食べるのは、やめといたよ。理性が働きました。だって、レンジでチンしても硬いんだよ・・ゴハンが。しかも放置したらすぐにでっかいカビの胞子が生えたよ・・・!!この部屋がカビに汚染されているからこんなにカビできるの早いの??わかんない。もうわかんない。あっ冷蔵庫には一週間以上前の鶏肉が・・・ど、どうしよう。わかんない。

 あまりに生活が荒れているので、ついつい絶対に手を出してはいけないと思っていた某さんにメールを送ってしまった。しかも返事が面白くて食事の約束までしてしまった。返事が面白いのは最初からわかってた。わかってるからメール出さないようにしてたのに・・・。その人、5時間くらい運転しないと行けない場所にいるのに(涙)なんて無駄な・・・。そして不毛な約束を・・・。ああ、もうどうしていいかわかんない。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-20 03:51 | 生活

カラーリング&パーマ

 今日は、美容院に行って「カラーリング&パーマ」をしてきた。これまで私はメッシュを入れた事しかなく、髪を染めたのは初めてなのだが、気分をどうしても変えたくて、敏感なアレルギー体質なのに大丈夫だろうかと不安を抱えながらも勢いで実行した。これによって頭皮が紫色に腫れあがったりしても、もう仕方ないと思えるくらい、気分転換をせずにはいられなかった。

 最悪なことに、知らず知らずのうちに大事な友達を傷つけて平気な顔をしていたことが発覚した私は、とにかくそのままの自分でいることに耐えられなかった。だから髪型だけでも、ヘンでもいいから「変わる」のが大切だったのだ。

 できあがってみると、その様子はギャル化というか、オミズ化というか、決して親に好評とは思えないものだったけれども、それはもともと私にカラーリングが似合わないだけで、美容師さんのウデのせいではない気がする。ただ確かに、少しは気分が変わった。まだつらいんだけど。

 占いとかでいうと、いまの私はのろわれている年だったりするんだろうか。それとも、よくない気とかが体内に入り込んでいるのだろうか。最近、何かとついていないような。でも別に不幸じゃないけれど。落ち込むわ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-04-17 03:53 | 生活