お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー

<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

バス停

 たとえば美しいとかお金持ちだとか明るい性格だとか

 それが人間の正の価値とは限らないし


 ドキドキという訳じゃないのだけど

 キミのとなりにいると心が平らな夜の海みたいに静かになって


 照り付ける陽光に刺されて黒く肌が焼けてしまったとしても

 ただキミのさした日傘と細い肩に守られている気がするのであれば


 それでいいんじゃないかな

 そう思えた夕方のバス停
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-31 02:17 | ひと
 ・・・と、題名をセカチュ風にして始めてみたのですが(でもセカチュの内容知らない)、マジやばいです。というのも、
 どう考えても、病理の再評価間に合わないんです!!(泣)

 思えばこの数週間・・・極楽トンボみたいに暮らしており、病理の勉強はヌル(ゼロ)でした。
 それで今日ふと振り返ってみると、キャンセル不可の旅行日数を引くと、実習試験も合わせて、試験までの時間はあと一週間しかないんです。病理ってすっごい範囲広いのに・・・。ほんとにヌルです!!

 ・・・どうしたらいいんでしょうか。


 とりあえず旅行先にも病理試験ファイルを持っていき、時間を作っては見ることにします(泣) 
 ・・・何やってるんだろうなぁ自分・・・。旅行先で病理の勉強を開始するだなんて。

 読みが甘い私は、いつの試験もこのパターンです・・・バカです。
 もし、何かアドバイスなどありましたら助けてやってください!!!!!
 お願いします(><)!
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-25 22:16 | 学校

忘れたいこと

 今、深夜に旅行先のことを調べていたら、突然自分がかつてやってしまった「スゲェ痛い恋愛関係の愚行」がフラッシュバックして、消えたい、忘れたい!!と思って赤面してしまった!もう結構前のことなのに、なぜ今思い出したのかは、不明・・・。

 あぁ、なんであんなことしちゃったんだろうなぁ・・・と考えると、本当にその人と生涯二度と会いたくないなぁと思い始める。でも会わなきゃいけない相手を対象に愚行をおかすこともあるよね・・・。そういうのってつらいよねぇ。ヤバイヤバイ、ヒキコモリになりそう!!!ギャ~!
 こんな夜には優しい女友達に全くそんなことは関係ないフリをして「元気?」とか突然電話かけて、当たり障りのない世間話をして癒されたい。ていうか、愚行をおかしたけど私はとりあえずまだ正常で、友人らしき方も居てくれる人間だと確認したい。じゃないと私は社会不適合人間なんじゃないかという予感に苛まれて死にそう。ああ~~!!でも深夜3時回ってるから電話とかできない(泣)!!←夜更かし人間はそんなんばっかりや

 そりゃね、恋愛関係では、私だって、「コイツちょっと頭おかしいんじゃないか」と思うようなことは何度かされましたよ。こんなに地味でどうしようもないバカでも、何度かそういう体験をするわけだから、私が好きになってしまうようなイケメン君にとっては日常茶飯事で、「よくあることさ」って三秒で忘れてくれるかもしれないですよ。でもね~。やっぱり思い出すと恥ずかしいよね。消えたいよね。まったく・・・。

 意味不明カキコしてすみません・・・。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-25 03:40 | ひと

たびたび旅へ

 ああ、ダラダラしているうちに、次の旅行の日程が近くなってきてしまった。準備しなきゃ。どうしよう。凄く楽しみなんだけど、思っていたよりすぐ日取りが近づいてきてしまっている。

 旅行に行く前って、なんだかちょっと気恥ずかしくて、どきどきする。新しい土地で、新しい出会いがあって、新鮮で楽しいからかな。楽しみだけど怖い、スリリング。イイネ。

 最近気がついたことは、旅行の荷物を上手にまとめるコツは、必要なものだけ準備して、代用できるものはできるだけ代用する心構えと大らかさを持つこと、あと、一番大きいバッグの中に、細かい袋に分けて詰めた荷物を入れることかなぁと思うようになった。そして、そんな風に上手にまとめた旅行カバン一つで、海外でも何週間も不足なく生活できるような大人になれたら、素敵だなぁと思うんだ・・・。なんだかそういうヒトって、少し自由な気がするので。

 実際私には、あまり一つの場所への執着心がない。お気に入りの店とかには何度も行くし、居心地が悪い空間は嫌いだけど、ずっと一箇所に居ると飽きてしまう。ただ、物質への執着は強いほうなので、どこかにお気に入りの家を構えておいて、そこに所持品は置いておいて、定期的にその家を離れて暮らすのが楽しそうだと思ったりする。
 そんな暮らしをしたら、どこか家以外の場所へ出かける時の私は多分きっと凄く心細くて、そのあと旅先の楽しさに酔いしれて自宅をすっかり忘れて、帰宅してまたホッとするはず。そんなサイクル、甘くてとてもいい気がする。

 ・・・ってことは、自宅を構えてどこかの病院にバイト医として勤務しつつ、時々地方とか僻地の病院へバイトに出かけたらいいかな??もちろんその気になれば自宅の場所もメイン病院も好きに変えて渡り鳥生活する、と。そう考えると、医学部卒業への夢が広がるなぁ・・・。
 普通の会社勤めだったら、あんまり自由に勤務地変えられない・・・よね?(よく知らないけど)多分私、通勤電車で毎朝会社へ、みたいな暮らしは無理で、5年過ごしたら忍耐の限度を迎えて(そんなにもつかどうかもわからない)、小説家になるとか言い出して脱サラして、挙句の果てにニートになっちゃうタイプだと思いますので(汗)。
 できることならば、集中的に働いて集中的に遊びたいな~。やる気のときは馬車馬のようにやれると思うんだけど、疲れたらバカみたいに非生産的な暮らしをしたくなる。時間を無駄にして生きるのもいいよね。

 あ~バスの予約しないと。今回の旅行は、帰宅途中にピーターパンにも会う予定。元気にしとるかなぁ。楽しみ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-24 05:30 | 生活

アイランド

 今日は、映画「アイランド」を観て来ました!!

 前情報として、「どうでもいい夏休み娯楽映画」という感想は知人から聞いていたけど・・・。
 「こっ・・・ここまでつまんない映画は久しぶりだ!」
 ・・・と、思ってしまいました。(ファンの方すまない)

 なんというか・・・具材は悪くないのに、調理を完全に誤ったなぁという・・・。テンポがね、悪いんです。政府関係の団体が作ったプロモーションビデオか、お笑い番組の映画パロディみたいで、どうもしっくりこないというか、ガンガン乗れないというか、「てゆ~か、それボケなの??もしかして突っ込み待ちだったりする??」と思ってしまうというか、そういう類。

 この映画、所謂「クローンもの」です。ジャンルはSFかなぁ。クローン問題は、高校生の頃から興味のあるテーマなので、一応チェックしようと思って観てみたんです。でも・・・ねぇ、私が高校生の頃にすでに翻訳版発行から数年経ってた(つまり古い)、科学者リー・M・シルバーの著書「複製されるヒト」からちっとも話が進んでませんね。クローン関係の発想として、目新しさが無いです・・・まったくないです。でも新しく無くたって、面白くはできるはずなんですよ、いくらでも。そこを大味に仕上げられてしまったので、残念。

 このような、大変退屈なクローンエピソードの合間に挟まれるのは、典型的ハリウッド・アクション。もうこの手のアクションは見飽きたぞ、みたいな。お決まりのカーチェイスに、奇跡の連続に、骨折等々の大怪我を必ずしているであろう行為を繰り返したヒーロー・ヒロインが、なぜか顔に傷が付くだけで無事というあのパターン。その反面、エキストラみたいなヒトはどんどん怪我させられてるし、ザコキャラはバカバカ撃たれて死ぬし、こういうのって、アメリカの悪い面の露呈だよなぁとか思ったり・・・。ヒーローとヒロインさえ無事ならいいのかい?と思ってしまう。

 でも、ここまで駄作だと、笑って許せてしまうというか。エンディングのシーンでは、もう阿呆らしくて面白くなってきました。ハハハァもう好きにしてくれぃ!と思ってあっさり気持ちよく映画館の座席を立つことができました。

 結局、知人の感想「どうでもいい夏休み娯楽映画」が正しかったということかな、うん。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-23 01:12 | 映像

広島6区

 最近家に引きこもることが多くて他人と話さないので、大笑いしたっていうことが少ないんだけど、今ワイドショー見てて凄い笑っちゃいました。

 広島6区の選挙戦のことで、
「ホリエモンVSシズカちゃん」
「のび太くんはどっち応援していいかわかりませんね~、見た目ジャイアンですからね」

という会話に(笑)

「確かに!!!」
と思いました(笑)

それにしても、今回の選挙、ほんと面白いなぁ~。いやぁ、たまりませんなぁ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-22 14:34 | 映像

雑記~生活の様子など~

 前回の記事で、ちょっと愚痴みたいな話をしてしまったですね(><)
 私がこういう心理状態になるのは、決まって試験前です。そう、今は試験前なのです!!私には病理の再評価試験が待っているのです!日時は来月はじめ。結構せっぱつまってます。だから愚痴系投稿しました!すみませんでした(汗)

 病理ねぇ・・・。好きなんです。でもついダラダラしてて、やる気が出せなくて、ちょっと困ってます。こんなんじゃいけないですね・・・。明日から図書館行こうかなぁ。好きでやっている医学生なのに、つい誰かのせいにしたくなるなんてダメっ!ちゃんと勉強して、進級して、前向きに生きたいですね!!

 そうそう、そういえば、色々とこの夏お世話になった人に、お礼に残暑見舞いを書かなくちゃと思っています。そのために、昨日、郵便局で綺麗な切手を買ってきました(^^)☆なかなかいいのがあって、満足!今の時代は手紙ってなんとなく重いアイテムになってしまっているのが切ないですが、葉書くらいならそれほど引かれずにご挨拶できるかしらんと思って・・・。どうですかね??現代っ子じゃないのでよく感覚がわかりませんが・・・。

 あと、昨日は切手だけ買うはずが、ヘアアクセサリも買ってしまいました!!(><)v
 今年は可愛いヘアゴムとかピンとかがずらっと店頭に並んでいるんですよ~。なのでつい・・・。うまくヘアアレンジしてみたいです!!では!
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-21 02:01 | 生活
 こんなニュースがでましたね~。

 これでドーピング問題が注目されるようになったら、ちょっと嬉しいかも・・・。私が研究で対象としている「成長期スポーツ選手」にも、影響あるかもしれないし・・・。

 でも、ドーピング問題って、難しいなぁとは思います。ドーピングを禁止する法律ができてしまえば、それを根拠に罰することはできるけど、それでも「最終的には自己責任なら良し」みたいな論理も成り立つわけだし・・・。
 話が遺伝子ドーピングにまで進んだらもっと話は複雑です。

 最近、「スポーツ」って何だろう、って考えます。スポーツは「見せ物」なのかなぁとかそういうことを。人々は何を求めているのだろう。そしてなぜスポーツは人気があるのだろう。「見せ物」ならば、知らない間に騙されていても、面白ければいいというのもあるかもしれない。

 そりゃ、オリンピッククラスになると、ドーピング検査はかなり厳密です。それを意識しない選手はいないと思う。だけど、ドーピング検査にひっかからない薬を使っていたら、検査は無いに等しいです。たとえば金メダルをとった選手が、絶対にドーピング検査にひっかからない薬物を使っていたとしたら、観る側の「感動の量」や「記録の意味」はどう変化するんだろう・・・??

 正確な数字は忘れましたが、現代ほどスポーツ選手がプロ化する前は、オリンピック選手といえども普段は普通に生活していて、大会のときだけ「スポーツ選手」だったらしいです。現在は違いますよね。生涯を捧げてスポーツしている選手も増えたと思います。でも頂点に立てるのはほんの一握りで、そんなスポーツ人生というのは、凄く厳しいものでもあるなぁと思います。

 まったく違う立場とは言え、私自身も、勝負のギリギリ瀬戸際に立ったときのストレスは、結構感じて生きていると思います。甘いかもしれないですが、バカな私にとっては、医学部の進級試験だけでも凄くストレスです。
「負けたら終わり」
毎回そう思って試験に臨みます。試験のときには、やっぱり私も友達も余裕がなくなるし、私が留年しても、退学しても、周りの人間はいつもと変わらずまた生活していくだけだ、ってことを痛感します。医学部やめたら、自分なんて人間以下の価値しかないかもしれないとさえ思います。私には他になんのとりえもありません。就職のアテもありません。これは結構つらい。

 スポーツ選手の悲喜こもごもを観ていると、こんな自分の姿も振り返ってしまいます。

 私も、栄養ドリンク飲んで試験に臨んだことがあります。結果は、疲れがどっと来て逆効果でしたけど・・・。
 「スマートドラッグ」って言葉に興味をもったこともあります。もともとアレルギー体質で薬嫌いなんで使ったことはありませんが、スマートドラッグで試験が楽になるなら使いたい気持ちは凄くわかります。
 イチョウ葉エキスのサプリメントとか、DHAサプリメントが記憶力向上に良いって聞いて、買ったこともあります。面倒くさがりなんで、三日と続きませんでしたが・・・。気がついたら賞味期限過ぎてました・・・。今部屋のどこにあるのかもわからんです。たぶんカビてる。

 「たかが試験」そうなのです。「されど試験」なのです。だから、あの試験前の追い詰められた心境を思うと、スポーツ選手のドーピング問題も決して他人事とは思えません。そういうのもあって、私は「ドーピング」っていうテーマに興味があるのかもしれません。
 逆に、私が「これで安泰だ」って安心しはじめたら、段々興味を失うかもしれません。極限状態は凄くつらいんですが、過ぎるとあっという間に忘れるんですよ。脳の血管が切れそうなあの苦しみですが、驚くほどあっさり忘れます。人間ってうまくできていますねぇ。忘れなかったら私たぶん発狂してますね。ま、そのせいで毎年進級に苦労するわけですけど・・・(汗)。

 バカな私のみみっちいストレスを、トップレベルスポーツ選手の苦悩と同列にして比べてしまって、すみません。根本的にスポーツやらない派なので、自分で言ってて見当違いな気がしてなりません(汗)。とりあえず研究頑張ります。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-20 13:44 | 生活

カリスマ

 実は、ポシャってしまった前の研究テーマのときから、「カリスマ性」という言葉に興味がある。だって、代替医療とかいうけど、ちょっと論理的根拠がヤバめな治療を人が受け入れてしまうのって、やっぱり施術者のカリスマ性と関係があると思いませんか??医療って、半分は宗教だったりするのかもしれないなぁと私は思う。

 スポーツ選手を見ていても、やっぱりちょっと「カリスマ性」について考えてしまう。同じ色のメダルをとっても、スターに昇り詰めてしまう愛され体質の選手と、それほど興味を引かない選手がいる。その違いは何だろうと思うと、まずやっぱりすぐ思いつくのはビジュアルの良し悪し、というやつなんだけど、それだけでもない気がする。

 かといって一人の人間のカリスマ性というか、人を引きつけるオーラみたいなのは生涯一定ではなくて、平凡で人波に埋もれてしまいそうな人が、何かをきっかけにして突然VIP風に変貌したりもするから不思議だ。

 医者も、カリスマ性のあるなしで病院が繁盛したり閑古鳥が鳴いたりするのは間違いない。西洋医学の保険適応範囲では、診療報酬は誰がやっても同じだけど、同じ施術をされても患者の気持ちや治り具合は、本当はまちまちなんだろう。

 以前私が出会った、ある合宿に参加されていた医師は、「自分はカリスマを演じている」とおっしゃっていた。その先生によると、強烈なカリスマ性を持った人の行動を逐一真似ていくと、次第にカリスマっぽくなってくるらしい。確かに、その先生は年の割りになんとなく色っぽかったというか、女にモテそうな雰囲気のある先生だったのだけれど、それもカリスマなのかなぁ??う~ん。カリスマという言葉自体が、まず難しいね~。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-16 11:44 | ひと

世界陸上

 やっと我が家に研究用パソコンがやってきた。ここまでの道のりは大変長くて、このブログでも文句を言いまくったけど、実際にパソコンが手元に届いてネットに接続できたあたりから、そんなことは忘れてしまった。意外と、人生もそんなもんなのかもしれないNE・・・(←単なる鳥頭)。

 ところで、世界陸上、終わっちゃいましたね。毎日見ていたので、なんだかさびしい(><)もともと私はスポーツは観戦専門だし、陸上にそれほど熱を上げているわけじゃないけれども、今回は
「ドーピングが研究テーマ→ドーピングといえば陸上や水泳→見るぞ」
という流れでかなり熱心に見ていたので、楽しかった!!

 そしてその中でも、為末選手の400メートルハードル銅メダルが、やっぱり一番感動しました!
 スポーツ倫理学の本などを読むと、「安易にスポーツを見て”感動した”と言ってはいけない」とか書いてあるのでちょっと躊躇われるんだけど、でもやっぱり私は感動しましたぞ!
 雨がザアザア降りしきって、体が勝負のアスリートなら絶対に怪我を恐れる状況なのに、「この体が故障したっていい!」っていう気迫で走り抜けたのが凄かったと思う!

 
 あっ・・・それで、ぜんぜん話は変わるんですが、新潟で衆議院議員選挙に立候補したという「超エリート医師」米山隆一氏、凄い経歴ですね!!テレビで見た範囲では、確かになんとなく、高偏差値人が持つ変わり者系オーラb0034968_1110522.jpgにあふれている気はしますが・・・。田中真紀子氏の対立候補ということで、簡単に当選とはいかないかもしれないけど、あの経歴と物腰で、どのくらい票を集めるのか、面白そうなかんじで、目が離せないなぁと、個人的には思っていたりします。(写真は米山医師)
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-08-16 11:10 | 映像