お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 憂鬱がかなり深みに入ってきた。

 多分試験が近いからだ・・・
 
 あと、
「最近太った?あなた40のオバサンそのものだよ、40って言われたら信じるよ」
と言われたからだ・・・なんだよ~わかってるよ体重は4キロ増えたからさ・・・でも、けなげに明るく生きることを決意した23歳に、出鼻を挫くようなこと、わざわざ言ってくることないじゃんか~バカバカバ~カ!!!(泣)

 ということで、Googleさんに「助けて」と入力してみた(病んでいる、病理をやりながら病んでいる)

 そしたらこんなサイトがトップに・・・。

 いや、うん・・・わかるけど・・・。僕も捨て猫みたいな気分だよ。助けて~神様。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-28 04:11 | ひと

ヒィィィ

 車のキーに、陶器でできた小さい目玉おやじがぶら下がったキーホルダーをつけていた。

 ところが今日、車のキーごとそれを床に落っことしてしまった。

 そしたら目玉おやじが首から真っ二つに割れて・・・。


 目玉おやじが

 ただの目玉

 になってしまった!!!!!!



 ヒィィィィ!!




b0034968_5143344.jpgb0034968_5491070.jpg

















左:証拠写真 ぶらーん
右:再現 もとはこんなんでした
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-26 05:04 | 雑貨・文具

弱肉強食。

 図書館で勉強していると、久しく連絡のない後輩からメールが入った。

 「先輩 もう学祭の作品発表の準備してますか??」

 珍しいねぇ連絡してきてくれるなんて・・・と思いつつ、「まだだよ~」と返すと、
 
 「実は僕もまだなんです!第一、原付だと、画材を買い込んで市街から戻ってくるのが大変でまだ画材も準備できてません(><)」

 という返事が・・・。
 そういうことか・・・車出してくれ、って遠まわしに言って来たのね(笑)。
 で、忙しい忙しいと言いながら過ごす毎日なのに、結局

 「試験が終わった直後の時間があるときなら連れて行ってあげるよ」

 と返信してしまった。orz
 その後輩は、GLAYのJIROちゃん系の、ちょっと可愛い男の子なのだ。ついつい甘やかしてしまうではないか~。うぁぁっ(悩)
 私はどうして、好みの顔の男に弱いのだろうか。ちなみに以前はメンクイを名乗っていたが、最近、整った、しかし性格の悪そうな目つきの顔(サド顔というか・・・)が好みだということに気が付いて、メンクイ宣言はやめた・・・。

 友達には「きらくちゃんは、優しくて甲斐性のあるしっかりした男の人と一緒になるのがいいと思う」と言われ続け、頭の中で計算するには、太陽のように明るい性格の男の人なら顔とかどうでもいいと思うんだけど、どうしてああいう顔がいいのかなぁ。ちなみに私は特にマゾヒストじゃありませんよ、多分。

 でもいくら好みでも、運転手扱いでは、どこかむなしいワ。
 図書館から帰る車の中で、
「むかつくんだぜ~顔のいい男が~顔のいい男が~顔のいい男が~♪」
と歌ってみても、どこかむなしいワ。スケジュールやばい。


 で、帰宅すると、ある別の人からメールが。公衆衛生学レポートをまとめながら、サクサクやり取りをして会話しているうちに、
 「入学当初からきらくちゃんのこと気になってたんだ。ほんとだよ・・・告白しちゃった」
 というメールが来た。おぃおぃ・・・。

 ま、ジョークなのはわかるけど、入学当初ってねぇ、その当時あなたには、ず~っと付き合っていた、私より何倍も可愛い彼女がいたじゃないですか。そしてその彼女さんと、今も付き合っているじゃないですか。彼女をおいて、深夜に私に、わけのわかんない冗談メールしている場合じゃないでしょうに。そんな素敵な彼女がいながら、彼女の存在を友達が教えてくれなかったら、うっかり誤解しそうな発言を繰り返すのは何故ですか。ただのプレイボーイなのかラテン乗りなのか、ちょっとネジがはずれているのか、よくわからん。


 昔から私は、恋愛関係ではぞんざいに扱われがちで、こういう半端な役回りが多い。ずっと友達だった男が、彼女にフラれそうになった途端、私の許可なく「今日からきらくが俺の彼女だから!!」などと友人に宣言しはじめ、結局もとの彼女と仲良く付き合っていたりするとか・・・。
 彼女がいる男が「俺は彼女いないよ」と言って部屋に押しかけてきたりとか(もちろん何もないですよ、念のため)。←そのくせ彼女についてうっかり口を滑らせそうになってたりするからバカ

 思えばどうしてそんな扱いなのかというと、つまり弱肉強食。私に「本命」の値札をつけてくれる人が少ないという悲しい事実のあらわれなのだ。情けないのだワ。

 
 そんな中で、最近大事に大事に相手してくれる男の人が出来たかなぁと思ったりもしたけど、変人だし遠距離だしお互い忙しいしで上手くいかん・・・。この連休にもメールが来なかった・・・。やっぱりだめか。でもこれでいいのかも。だってその人、ほんとにちょっと問題あるくらい変だし・・・ああでも私、ある種の変人にも弱いんだよなぁ・・・。ていうか私の男の趣味ってほんっと悪いよね・・・。なんで??
 

 本命扱いのメールが欲しいワ。
 
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-26 03:29 | ひと

愛しのチーズ

 衝動的に、チーズが食べたくてしょうがなくなった。
 いつもは買わないチーズを買い込んで食べ比べてみた(太るよ)。

 外国産チーズもいいけど
 やっぱり雪印の北海道カマンベールチーズは相当美味しいと思うんだけど
 どうかな。

 とろけ~る とろけ~る あははは
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-25 16:15 | 食べ物

愛しのマロングラッセ

 久しぶりに、マロングラッセを見かけたので、買ってみた。
 秋だから、店頭に並んでいたらしい。

 口に入れると、濃厚な栗と砂糖の甘みが広がる。
 高校くらいの頃から、マロングラッセにハマりはじめた私。

 最近食べてなかったけど、やっぱりおいし~です!!(><)
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-25 04:01 | 食べ物

生き方の難しさ。

 日ごろ、両親から生活費を頂いている私。なんだかんだで、甘えきった状態で、会計報告もちゃんとしていない。数千万のものを衝動買いするとか、悪徳業者から借金するとかでもしなければ、結局は親がお金出してくれるかなぁ~っていう甘えが深層心理に全くないとは言えない自分・・・。

 そんな私が研究のために逐一書類をもらってお金を使っている。毎月会計報告も欠かさず。すべて通帳にも記帳して、将来監査に引っかからないように正確にやっている。そのためには面倒でも時間を使って厳密にやらざるを得ず、3時までしか空いていなくて不親切な銀行窓口などにイラついたりもするが、最近はもう、イラついてもしょうがない事については、バカのフリを決め込む事にした。

 幾ら言い聞かせてもすぐ忘れたり間違えたりする(わざとか?ってたまに思うんだけどね)家電量販店の店員にも、見積書なんか端から出す気がない電話会社への説得も、結局、イライラして高圧的な態度に出れば言うこと聞いてもらえないだけだ。相手の非礼もミスも何もかも、忘れたフリで根気よく腰を低くして説得するしかない。これはかなりストレスが溜まるのだが、こんな田舎じゃ乗り換え先の企業も数えるほどだから我慢するしかない。

 でも本音では、二度も三度も言わないと正確な見積書とか商品入荷連絡もしてくれないってのはちょっと商売としてやる気が無さ過ぎな気もするんだけど・・・。そんなもんなのかなぁ、特に利益にならない人間に対する態度って。人間関係って、ある程度の駆け引き材料がないと、話にもならんのかな・・・。そういうの寂しいねぇ。

 こういう生活をしていると、段々他人の要求に対する態度に、余裕がなくなってくる。私自身も色々な人に厳しい態度で対応された結果、私の中で守るべき誠実ラインを超えての要求には応じないようにしたいと思うようになってきた。
 無理な仕事はできるだけ断りたいし、自分第一、という手段でいきたいと思う。あと、「いいひと」を演じるのはやめよう、というのも思うようになった。「いいひと」って結局利用されるだけじゃない?って思う。
 それから、出来ない事を断ってしまった罪悪感は、さらっと忘れたい。そこに罪悪を感じて無理をすれば、すぐ鬱病ぐらいなりかねないと思うので。実際、忙しすぎて鬱病直前まで逝きかけた為、防衛機制が働いてこういう態度をとらざるを得なくなりましたというのが本音ですけど。

 ぎすぎすしてますね、われながら。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-24 07:44 | 学校

私の生い立ち

 ふと、先ほどの投稿で「医師免許があればいつでも復職できるっていいじゃん!今気付いた」というような、大半の医学生にとっては「ハァ?何をいまさら」みたいな内容の事を書いてしまったので、少し後悔すると共に、自分の生い立ちでも書いてみようかなと思った。そういうズレた発言をしてしまうのは、多分私の生活環境と医学部に来た経緯のせいだから。

 これまでは
「そういうコアな事を書くと、見た誰かが学生課に告げ口して、裏で手を回されて退学させられるのではないか・・・」
などと不安に思って書かなかったのだけれど、数々の私の「医学生らしからぬ不満発言」「あまりに偏った医師観」などについて、このブログを見ている人に誤解されるのも嫌だなぁという考えもあるので書いてみる。

 まぁ自分で自分語りをするわけだから多少ならずとも美化・脚色があるだろうが、私の生い立ちは以下のようなかんじである。

 私の父と母は医者ではないし医療関係の職業でもない。

 だが、私の母の家系は、医者だらけの筋金入りの医者家系である。祖母に至ってはどっかの藩の典医の血筋が入ってるどうたらとかいう、何代も前からの医者家系だ。母方は、祖父も祖母も叔父も、遠い親戚も医者である。

 父の実家は医者とは関係なくて、商売をしていた。

 ところがそんな父と母の間に生まれた私は、小さい頃から核家族で育ち、父の実家にも母の実家にも、疎遠だった。単純にどちらとも、離れた地方に住んでいたからだ。 

 そして、小さな家庭に私が生を受けた瞬間、母は「この子は不細工だ・・・独り立ちできる力をつけさせなくては」という理由(泣)から、私を「女医」にすることを決意し、洗脳を始めたのであった。

 だが実際には、私は高校生になったあたりから理系の成績が目覚しく急落したし、もともと医学部に行きたいとは思っていなかった。本当は中学生あたりからずっと、将来は文科系の仕事がしたかったのである。
 しかし幼少からの洗脳の呪縛と、母の猛反対と期待により、半ば強制されて医学部を志望することになり、結局二年も浪人してギリギリで今の大学に拾って頂いた。

 そこで一つの問題が現実味を帯びた。
 病院の後継問題である。
 母方には、祖父母の開業した病院があるのだ。
 ところが、順番で言えばそれを継ぐはずだった叔父は、優秀かつ変人だったので、根っからの研究医になり臨床を離れてしまった。となると、直系で次の代は私で、一応私は医者になるからには、そこを継ぐと思っていた。

 ところが。
 私はエリート医学部に入れなかったばかりか、2年も無駄に浪人してしまい、しかも女だったので、親戚の期待は限りなく薄かった。実際、確かに私のようなチャランポランな人間が病院のヘッドをやるというのは、かなり無理があるのは間違いない。
 その結果、やれ旦那として医者を連れて来いだの、せめて10年修行してから来いだの言われてしまい、すぐに病院を継げるものだと単純に考えていた私は、何もかもがすっかり面倒になってしまった。

 さらに悪い事に、私は隔離された家族の中で育っているので、いくら親戚に医者が多いといっても医者の仕事の実際の良し悪しなんて全く知らないのである。母から吹き込まれた医者の話は、一昔前の開業医黄金時代の夢物語であり、現代の医者とはかなり事情が違うので混乱するばかり。

 一方、私の父は、家業を継ぐために無理に理系の学部に進学させられた結果、「数学なんかだいっ嫌いだった」と「商売は好きじゃない」が理由で、長男のくせに家業を捨てて公務員になったという経歴の持ち主である。
 このルートは、母の家系の流れで無理に医学部に来た私に近く、そのためその点に於いては父は私に同情的である。「まぁ医学部を卒業したら研究でもなんでも好きな事をしろ」と父は口癖のように言う。

 そんなわけで、偏った情報により混乱しがちな職業選択をしたため、私の医師観はどこかトンチンカンで浮いているのである。これで両親のどちらかが医師だったり、祖父母と同居していたりすれば全く考えは違ったと思うのだが、結局つながりがなくて、どうにも上手く医師という仕事を理解できない。

 医師について、理解したり自分なりに考えたりせずに医学部に来てしまったから、未だに迷いもあるし理想の将来像も曖昧である。
 こういうのが一番大学から嫌われるパターンだという自覚はあるから一応隠してはいるんだけど。

 と、以上のような経緯で、私は時に「なんでこんな事言い出すの??」とも思われそうな医学部や医者についての妙にズレた発言をしてきてしまったのではないかと思う。米山医師と医師免許の話しかり。

 もっとも他のみんなはきっと、心から患者さんを助けたくて、社会の役に立ちたくて医学部に来たはずで、そういう私の発言や態度で、もしかすると気を悪くしているかもしれず、もしそういうことがあったら、ごめんなさい。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-22 05:40 | ひと

とりあえず私は元気です

 色々やることがあってブログも更新せず。

 今日は、先生へのメール返信、本の返却など、溜まっていた(そして解決しないとどんどん気まずくなっていく)用事をちょっと解消してすっきりです。まだ残っているけど・・・。毎日は、研究に学祭に宿題にと、なかなか忙しいです。

 つくづく実感することは・・・選挙も同じかもしれないけど、研究も、「これやります!」って公約の宣言するのは簡単なんだけど、それでお金もらいはじめて実際やるとなると、ありがたい反面、色々大変なこともあるのだということ。
 けど、その間にちょっとした喜びとか出会いがあって、それに加えて仲間の存在に支えられて、とりあえず1.5進1退で日々は流れていくというカンジです。
 友達のふとした、でもデッカイ手助けに救われたり、先生の親切に引っ張って頂いたり、そんなことがちょっとあるだけで、凄く力をもらえて、絶えず生まれる不安と、戦えるのであります。

 あと今日は学祭絡みで久しぶりに映像関係の作業をしました。同年代だけど全く環境の違うお姉さま方にご指導いただきつつチマチマ作業をしてきたのです。それがなかなか楽しくてリフレッシュ気分。久しぶりに映像萌えでした。(意味不明)
 
 そんなかんじで仕事はまぁまぁ順調。男女ともに、仕事仲間、先輩後輩、友人関係、血縁関係では好調。
 ただし・・・恋愛関係は微妙で不調。遠すぎる。痛すぎる。破綻している。
 何を言っても負け犬の遠吠えだけど。
 やっぱり厳しいね、色々とさ!!

 ♪ムカツクんだぜ~
  顔がいい男が~顔がいい男が~顔がいい男が~
  焼酎飲んだくれて、愚痴りたい夜もあるわけですよ!!!♪

 (↑「言いたいことも言えずに」を微妙に替え歌・・・
 あっついでに言うと、梶原雄太は資生堂ウーノのCMでめちゃかっこ良くなってたのにこの歌のPVでは別人でビビリました。でもやっぱりウーノのCM見ると「あなただけこの歌に顔があってません」というのが正直な感想・・・どっちにしろPVには興味ないけども。何故お笑いの人が歌っているんだろうか・・・経緯は不明。でもわりとすきな歌)


 最近びっくりしたこと:
 新潟で田中真紀子氏の対立候補として立候補、強い泡沫候補臭を漂わせていた
エリート医師米山隆一氏
が、どうやら本気で政治家になるつもりらしいこと。
 アメリカの仕事やめて日本に戻ってきて次の立候補に備えるんだって。へぇ意外だなぁ。最初のノッペリした偏差値エリート風味が抜けて、どこか政治家志望っぽくなってきてるし・・・。初の立候補かつ、あの田中さん相手で、結構票数も追い上げてたもんね。小泉旋風で上乗せされたってのはあるんだろうけど、ちょっと気になる存在だなぁ(しかしこの人、医師免許持ってる上に経済学までやってるのに医療政策についてHPで何も言及していないのは何故だ)。
 当たり前とは言え、選挙に落ちていきなり「無職ですからね・・・」的な落ちぶれムードを醸し出す(作戦かな??)静岡の城内実氏等とは対照的に、「あたしゃ選挙に落ちても別に生活には困りませんがね~」っていう余裕をチラっと見せている米山氏を見ると、ひそかに嬉しい私。ドラクエ風に言えば


   ダーマの神殿にて
 
   よねやまは てんしょくしても さとりのしょをつかわずに いしゃに もどれるようだ

   ・・・きらくの いしめんきょかくとくへのモチベーションが 6 あがった!


 こんなかんじかな(すいません志が低くて)。
 一年の半分は働き、残りはダラダラ放浪しながら暮らす・・・。
 そういうのって、い・い・なァ・・・。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-22 01:16 | 生活

消化管具合悪い

 昨日・・・いや正確に言うと試験前から、消化管の具合が悪かったのだが、それが突然噴出してきて、昨夜はゲロゲロ吐いていた(汚いねゴメン)。

 吐くだけではなく、頭が割れるように痛くて、「吐き気と頭痛・・・脳外科!?脳外科的疾患・・・??でも病名わからん・・・うわぁっぁあ」と、のた打ち回り、この投稿より一個前に書いた投稿もイライラして削除し、唸りながら眠りについたのであった。

 起きてみると、頭痛はなくなっていて、未だに胃がうずくけど、たいしたことはなくなっていた。良かった。でも食べ物の事をリアルに空想すると吐き気がする・・・。せっかくセブンイレブンのおでんが安くなっているっていうのに。

 やっぱり今はお粥かな・・・。粥・・・。粥・・・。粥状硬化症・・・。うわぁっぁあ!!!(病理の試験が気になって錯乱)

 ・・・ハッ。正気を取り戻さなくては。

 それにしても何故。賞味期限切れのものとか食べてないし。思いつくのは、停電のことくらいだろうか。私は寝てて知らなかったのだが、友人のブログを見るとどうやら昨日は停電していたらしい。停電で冷蔵庫が止まり、悪くなった食べ物を食べたので消化管の具合が悪くなった・・・。という仮説はどうだろう。だめかもしれない。ていうか何時間停電したのか、安眠しすぎててよくわからないし・・・。

 胃が痛くても、用事は待ってくれない。携帯を見れば、東西老若男女からのメールが。親からの20件単位の着信が・・・(←それだけ電話してくるしつこい親も問題だがそれだけ鳴らされても起きない私も問題だ)。ううっ・・・。休ませてくれ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-07 17:34 | ひと

タイフーン愛してる

 聡子ちゃんのブログを見て、ちょっとびっくりした。

 私はここのところ忙しくて、自分のブログもまともに開いていなかったのだけど、病理の試験延長が決定してにわかに時間が出来たので、久しぶりにブログを見たのだった。そして聡子ちゃんブログを読んでみると、8月30日の聡子ちゃんの投稿、同じく8月末付近の私が考えていたことにそっくりだったのだ。
 ちょうどそれとは別に、数ヶ月連絡を取らず顔も見ていない友人のことを思い出した瞬間にその人から電話が来た、みたいなことがあったりしたので、人間って本当はどこか深い所でつながっているのだろうか・・・と思ってしまった。

 つまり、理由はよくわからないが、ちょっと前に突然、私も女らしくなりたいなぁと思い始めたのだ。で、8月末ちょっと前ごろは、まだテストも遠くて暇だったので、メイクの研究をしたりダイエットしたり、ついでにパックやストレッチ運動まで(今までの私では考えられない!)して、女らしさと美を追求していたのだ!!

 暇だったから余裕ができたということだったのか、よくわからないのだが、その頃の私は、女性向け雑誌をじっくり読んで、洋服、肌、メイクや髪型のことばっかり考えて、野菜中心の健康的食事をして、何故か声はワントーン高くなり、ちょっとシナッとしていた。座り方だって、背筋を伸ばして、足をぴったりそろえて横に流した優雅な座り方をしていたのだ。男性全般に対する自分でも嫌になるようなライバル心も鳴りを潜め、いつか彼氏が出来たら(妄想)手料理を作ってあげたいから料理の勉強をしようかなぁ・・・なんてウットリ考えてたし。
 
 聡子ちゃんとは理由は違うだろうけど・・・私の場合、「もしかしてこれは色気!?色気出てきた!?」と自分で思った。お年頃というか・・・。いや、23になってお年頃になるっていうのも遅すぎるけど・・・。自分で言うのもなんだけど、このままのペースで行けば、「美値」の自己(あくまで自己です)新記録はカタいとさえ思われたのだ!

 と・・・ところが・・・。

 ここ数日勉強ばっかりしているうちに、落ちた肉はすべてリターントゥー腹、リターントゥー臀部、背筋は丸くなり、眼はうつろ、誰とも言葉を交わすことなく暮らしていたので、教科書を読んでみると何故か声は「牡丹と薔薇」のぼたんみたいな変なイントネーションのかすれ声、毛穴の汚れもしっかり詰まって、元の木阿弥になっていたのであった・・・。

 勉強も、やってるうちにわかってくると楽しいんだけど、どうにかして女らしいとかキレイとかいう事と、試験の合格を両立させられるようになりたいNE・・・。せっかく年とったんだから、その辺器用になりたいというか。

 とりあえず聡子ちゃんが女らしくなった理由が知りたい(野次馬)。


 ※この投稿で書かれている「美」の基準は、あくまで「きらく偏差値」なので世間の基準と一致するものではありません。
[PR]
by kirakirakiraku | 2005-09-05 23:28 | ひと