お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お久し振りです

どうも、きらくです。かっぱえびせん 都こんぶ味を食べながら書いてます。

まず最初に、コメント投稿してくれてた真砂ちゃん真琴ちゃん、ずっと御返事しなくてまじごめんなさい(><)ブログ開いてなくて、レスできませんでした(汗)

この二週間は整形外科でポリクリしてきました。
で、やっとゴールデンウィーク。ああやった。休みだ。疲れた。
と思いつつ、どこか寂しいような気がしてしまう一人の休日。
これから飛行機乗って家族に会いに行ってまいります。いま、会いにゆきます。意味不明。

さて整形外科のポリクリ、楽しかったです。でもやっぱり体力は使ったなってかんじです。
病理のときには、部屋でだらだらお菓子食べて座ってるだけだったので太ったのですが、整形になったら食事制限もしていないのに体重が2キロ減りました!!うぉぉやったぁぁぁ。ただ足は太くなりました…。多分立ちっぱなしだったからだと思うのですが、強いかんじの足になってしまいました。春休みずっと廃人生活をしていたら廃用症候群で足が細くなったのですが、そのぶんは全部取り戻しました。(結局プラマイゼロか?)

最近はポリクリのほかに、研究の仕事もあるので睡眠時間が減ってしまってつらいです。
週平均だと一日5時間くらいしか眠れない。これは一般人にとっては充分な数字かもしれないけど、眠り星人のきらくからすると、命に危険があるレベルです。今のところ気合でカバーしてます。しかし試験前と同じで、この方法では長く持ちません。どうにかして上手に生活しないとね。大人の階段の~ぼる~♪って、大変なことなんですな。

ゴールデンウィーク明けたら小児科です。ポリクリ班はいいかんじの人ばっかりなのでまぁ大丈夫だと思うけど、結構きつそうな科だから頑張ります!(`・ω・´) ゝ

ではではまた。
[PR]
by kirakirakiraku | 2006-04-29 10:14 | 生活

大人買い~ペコ編~

あ~おはようございます、きらくです。
今回の土日は一歩も外に出ず、インターホンも無視して、完全廃人状態です。
先週はワクチン接種があって土曜の朝に起きなきゃならなくて苦痛だったけど、結局そういう予定が入っていた方が活動的になれて人として正しい生き方ができるのかもしれない。何も無い土日になると私は決まって昼夜逆転生活をしてしまって、
「さ、でかけるか…」
とか思ってドアを開けると真っ暗で、根源的にaloneな寂しさを呼び覚まされたりしてしまうものだ。

さて、出かけようにも面倒なので、
「土日で何回更新してんだ」
と言われそうだけど、いつか書こうと思って放置していた「大人買い」の話を書こうと思う。

買ってしまったもの、それは「ペコスマイル」というお菓子。

b0034968_18365046.gif


210円で、箱の中にミルキーの小袋が入っていて、おまけのおもちゃがついている。
おまけおもちゃにはナースの格好をしたペコちゃんと、ときにドクターの格好をしたポコちゃんがデザインされていて、ポケットティッシュカバー、ミニハサミ、ピルケース、ソーイングセットなど、わりと実用的なラインナップとなっている。
b0034968_1838413.jpg


金曜日、帰宅する前に寄ったコンビニでこれを発見してしまった私は、カラダの奥から突き上げる「ほしい~」な衝動に負けて、15個ほど大人買いしてしまった。しかも三回に分けてレジに持ち込んで…。

大人買いというのは、基本みっともない行為である。
大の大人が、財力に飽かせて子供染みたものを買い占めるわけだから。
狭い近所のコンビニでペコちゃんのお菓子を籠いっぱいに入れてレジに赴く…これはなかなか勇気のいることだ。

私の会計を担当した若い男性は、ブラックジャックに出てくるドクターキリコみたいなヘアスタイルで金髪で、多分普段はビジュアルバンド野郎だと思われた。彼は平然とレジを打つわけだが、
「おかしい客と思っているだろうな…私が帰ったあとバックヤードで噂されてたらどうしよう」
などと、買っているほうとしては内心冷静でいられないものである。

そのような経緯で入手したこの「ペコスマイル」、当たらなかったおまけや、明らかにいらないおまけもあったのだが、可愛い。しかしふと私はある問題に気付いた。それは、

ペコはナースだ

ということだ。このおまけは全15種類だが、そのうちドクターポコが付いているのは4つだけ。あとはナースペコの独壇場なのだ。よって、それらのナースペコのグッズを単品で使うと、ドクターになりたい私としてはなんとなくズレている!!ガッデム!

私としたことが、うかつにも「ペコちゃんのミニ救急グッズ」という言葉にだまされてしまった…。
安いものだし、感染性の物質に汚されたら捨てるつもりで病棟使いしようと思ってたのに、ナースペコを前面に押し出したグッズを使っていたら、
あの子、なまいきね(ガラスの仮面風に)
って、本物のナースに思われちゃいそうじゃないっすかァァ…(苦悩)。

いや、ナース嫌いなわけじゃないんです。看護科の友達とかは大好きだけど、病棟ヒエラルキーの最下位に位置するポリクリ生・研修医にとって、本物のナースのご機嫌は、病棟でうまくやっていく上でとても大きいのです!

でもプライベートでこれを使うってのもねぇ…。医療番組見ただけで鬱になる私が、デエト(仮にあったとして)の時にナースの絵柄がついたグッズを使って楽しいかというと…。う~む。
まぁペコちゃんが可愛いから病棟で使ってもいいかな~。



しばし悩む。



そして今…私は懲りずに、
1500円出せば必ずもらえる!ペコちゃんの救急バッグキャンペーン
に応募するかどうか迷っている。
バーコード二枚に1500円添えて送ればもらえるとのことだが、私は応募しきれないほどバーコードを持っているので、1500円払ってバッグが買いたいという人は私に連絡下さい。バーコードあげます。ちなみにこっちはドクターポコがついているので医学生でも安心です。ハイ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2006-04-16 18:48 | 雑貨・文具

選抜の理由

そろそろ寝ようかと思ったんだけどなんかダラダラしてしまって、録画しておいたゴリエ杯決勝を見た。最近テレビっ子なワタシ。

ゴリエ杯決勝は、日本中から集まったダンスチームが優勝を目指して踊るというもので、期待を裏切らないレベルの高さ。いや~凄いなぁ。
優勝したチームもそれ以外のチームも、流石に選抜されてきただけのことはあって、見てて凄く綺麗だった。チアガールっぽい華やかさもイーネ。あんな風に女の子がそろってダンスしてくれたら、野球もサッカーも頑張れそうだ~!スタイルはどの子もとってもいいけど、小学生で既にに顔面レベルに確実な差がついているというのはなんか残酷だとは思ったが…。でも、子供がダンスしている様子はそれだけでもう、むしょうに可愛らしい。
私も何かをがむしゃらに頑張ってみたい気がしちゃったよ~。

と、ビデオを止めて寝ようと思ったら、「カラダのキモチ」という健康番組をやっていて、知り合いがテレビに出ていた。いわゆる「~~大学の教授にお話を訊いてみました」みたいなカットで・・・。いつも思うんだけど、こういう時に意見を述べるセンセイって、どうやって選抜されているのでしょうかね。

は~眠くなってきた。そろそろ寝よっかな。
[PR]
by kirakirakiraku | 2006-04-16 07:59 | 映像

ドラマ感想言ってみる。

今日は夕方に目覚め、録画しておいたドラマを見た。
「医龍」と「クロサギ」だ。

別にこのセレクトにこだわりはないのだけど、忙しくて何が放送されるのか調べる余裕がなかったので、たまたま番宣を見たやつを録画した結果。

まず「医龍」をみた。







う、うわ~・・・。orz


早速、突っ込みどころの多さ(しかも突っ込んでも楽しい気分になれない系の)に疲労してしまった。
レベルとしては、坂口憲二に、フェイタス…じゃなくてアリナミンEXか麒麟淡麗<生>を届けて欲しくなるくらいの強度疲労だ。
医療ものって、どうしてこういうダメなノリの番組が多いのかな…。


気をとりなおして私なりにドラマ版「医龍」の問題点を挙げてみると、
・残念ながら主役が医者っぽくない。
・大学病院を誤解・曲解している。
・多くのキャラがイタい電波を放ちすぎている。
・医学的正確さがあやうい気がする。

こんなかんじ。
加えて、

ていうか長州小力みたいな医局員!!あんたどうしたんだ!

ていうか長州小力のヘアスタイルを放置している教授!注意しないとやばいだろ!
患者さんビビルだろ!

ていうか大学病院の医者は製薬会社がくれる多色ボールペンをむしろ好んで使うだろ!


といった所でしょうか。

「医龍」に期待できそうなのは、「聖也さん」ならぬ「軍司さん」こと北村一輝の怪演(でもハマり役にはならない予感が)と、稲森いずみの女医ファッション(救命病棟24時の松雪さん系)くらいかな。

…と言いつつ、多分来週も見るとは思う。
面白いからではなくて、医療ものだから念のためチェックせずにはいられないという意味で…。

このまま順調にいくと今後は
見ているだけで演じている役者が哀れになってくる展開
が予想されますが、まぁ、できれば
「イタいのは第一回目だけだったね」
と言える日を願っておりますよ。
フジテレビさん、どうですか?(シャープCMの吉永小百合風に)


で、次は「クロサギ」。
こっちはなかなか面白かったと思う。
商売とか法律とかって自分の関係ギョーカイじゃないからアラも見えないだけかもしれないけど、スパイ映画系の非現実的なところが楽しいドラマだった。
「クロサギ」って存在のアイディアがいいよ~。あんな風に隠し部屋に色んな時計とか衣装とか小道具並べて、計画練って人を騙す…って私もやってみたい!!!(問題発言か?)
これは是非来週も見ることにしよう。
設定を無駄にしてつまんなくなっていくドラマにはならないよう願っておりますよ。
TBSさん、どうですか?(シャープCMの吉永小百合風に)
[PR]
by kirakirakiraku | 2006-04-16 01:25 | 映像

有料道路女、奇跡を逃す

今日はポリクリ第一弾、「病理」が終了した!!
最後の症例発表は準備段階までがとても疲れるものだったが、終わった瞬間には反動で激しくハイテンションになった。普段から喋りまくって五月蝿い私は班員4名から
「きらくウゼ~」
と思われていると思うので自重しているつもりだけど、今日ポリクリが終わった後には特に自分でも反省するほどギャ~ギャ~下らない事をわめいていた気がする。それだけ解放感があったんだけど…スミマセン。
ポリクリって朝から夜まであって疲れるのは勿論だけど、私は解剖の類が非常に苦手なので、病理の症例検討で臓器などを見るのが苦痛だという意味でもつらかった。症例検討会で教授が魚の切り身を見定めるように臓器を手に取るのを見ても、シュール過ぎて気が遠くなりそうだった。私たちの症例発表を見て下さった病理のA教授は相変わらずかっこよくて知的で同じ部屋に居るだけでステキトキメキだったけど、残念ながら私は病理医には向いていないだろうと思う。
今回の二週間には、一度も剖検がなくて本当によかった。剖検があるとご遺体の病理解剖を見なくてはならないから、ホルマリン固定された臓器を観察するよりさらに精神的にきつかっただろう。手術はまだいいんだけどな…。「助ける」っていう目的がはっきりしているし、「助かるかもしれない」という希望があるので。


で、ポリクリが終わった後は、一人でハイテンションのままに車を4時間ほど走らせ、自由なドライブを楽しんだ。だけど長時間車をすっ飛ばしていたら「マイ・ロングドライブコース」を網羅してしまい行くところがなくなったので、新しいドライブコースを開拓するべくいつもと違う道も通ってみた。すると、知らないうちに有料道路に入り込んでしまった。

田舎の有料道路には、普通道路が混んでいないのだからわざわざ差別化する意味もないのにお金をとるという無意味な事態が往々にして起こる。
その上気付きにくい形でドライバーを有料道路に導いておいて、突然「料金所 500m先」みたいな看板を出してきて、気付いたときにはもう引き返せないようにしていたりするのだから全くけしからんのである。

でもまぁここで「有料道路だなんて聞いていない、訴えてやる!」とかゴネるほどの気力はないのでいずれ払う結末となるのはわかっているつもりだったけど、ちょっと納得がいかない気分にはなる(有料道路の料金は200円で、大して高くはない)。そこでふと見ると、料金所の手前の路肩に若葉マーク付きの黒い軽自動車が停まっていたので「いずれ料金を支払うにしても、せっかくだから2分くらい悩んでみよう」と思いその車の後ろに停車して小休憩をとることにした。

すると突然、前に停車していた黒の軽から、若い男の人が降り、私の車の窓に接近してきた。

私の脳裏に、昨日見た「死にたい人にお薦めの危険な街ヨハネスブルグ」の文字がよぎる。このページは、ちょっと鬱になってGoogleさんに「死にたい」と入力してみた時に偶然見つけた。このページによるとヨハネスブルグでは、携帯電話を持たずに車が故障したら、それは死を意味する…らしい。ヨハネスブルグは治安が悪すぎるので移動は車が基本なのだが、もし突然車が故障してしまって助けを呼べなかったら遅かれ早かれ強盗に襲われて、身ぐるみ剥がれるような恐ろしい土地だから、ということらしい。

しかし男の人が話しかけようとしてくるので、「ここは日本だしな…」と思って私はうかつにも車の窓を開けた。すると私は銃を持った数人の男に取り囲まれ、



























なわけはなくて、彼が話しかけてきた。
「俺、知らなくて迷いこんじゃったんですけど、これ出る方法ないっすかね・・・」
私は答えた。
「いや、私も実は迷いこんだんですよね~。もうここからバックするのは無理ですよね?向こうの路線にも行けないし。あとは、あそこの料金所で”迷いこんだんですけど”って言ってみるしかないんじゃないんですか」

彼はなかなかのイケメンだった。中の上くらい。でも雰囲気がダメ男っぽかったので、私は、マイ・コメントを聞いてもまだウダウダと逡巡している彼をおいてさっさと料金所へと車を移動し、「迷いこんじゃったんですけど戻れませんか」と訊いてみた。すると、迷い込んだという言葉に飽き飽きしているような顔で係員は、「戻れますよ、でもお金払ってください」と言う。もうちょっと話しを聞いてみても、今まで走ってきたところが有料道路だったのかこれから走るところが有料道路なのかさえよくわからなかったけど、後続車がどんどん溜まってきて係員もイライラした顔をするので、もうおとなしく払うことにした。

若葉マークの彼はまだ車を停めて迷っているようだったが、私はそのまま走り去った。

しかし、車を走らせていた私の頭にある考えが浮かぶ。


1.あの男の子に親切にしていたら、「電車男」ならぬ「有料道路女」として、萌え~な出来事が起きていたかもしれない
     ↓
2.仮に彼を「エルメス」に対応させ「ダイハツ」と呼ぶことにしよう。
     ↓
3.「戦況報告:よく話を訊いてみると彼は200円持っていなかったから困っていたみたいです。気分も良かったし、返ってこなくてもいいと思って200円を貸してあげることにしますた。そしたら連絡先を聞かれて…一応教えたら、今日彼からティーカップの箱が届きますた!!!カップの裏には”ダイ・ハット・スー”って書いてあるけど…」
     ↓
4.(もしかしてそれはDAIHATSUのティーカップのことか!?それは脈アリかもしれんぞ!との掲示板書き込みなどがあり、次第にその気になっていくきらく)
     ↓
5.「めし どこか たのむ」
     ↓
6.キター(ダイハツと恋をし、洗練されていくきらく)


…。
…。

…。
うわ。あり得ないぃぃぃ。

私は女だから、今まで「電車男」を女性の目線、即ちエルメスの目線で見ていた。そうやって見てみれば、「電車男」は結構普通のラブストーリーだった。しかし、いざ電車男の立場になってみると、風景はがらりと変化するという事に気付いた。キモヲタというハンデを抱えながらもエルメスをゲットするなんて、やっぱり電車男は凄い。「電車男」は奇跡のラブストーリーだったのだ。
今風の若者が、ホルマリン漬け臓器くさい白衣を着た地味女に、そうそう優しい恋のレッスンをしてくれるわけないじゃないか。純愛なんて炎症巣の好中球みたいにどこにでも沢山落ちてるわけないじゃないか。現実とはそういうものだ。鬱だなorz。

私のテンションは急激に下降した。最近私にとって、「彼氏不在問題」は大きな悩みなのだ。うちのポリクリ班メンバーは恋人所有率が高いから、自分が独り身だということになんだか焦りを感じちゃうのだ。ああ彼氏欲しい。でもどう探してみても、出会いとか恋に落ちた瞬間とかそんなもんポロポロ落ちてるものじゃあ無い。
どうしたら彼氏できるんですかね~。

帰宅してから電話でそのことを男友達に愚痴ったら、
「28歳になってもお互い相手がいなかったら結婚してやるから、落ち込まないで頑張って探せ」
と言われてしまった。あのお調子者め。もてない女を下手に励ますと、後悔するんだってことをわかってないな。

は~ぁ疲れた。寝よ寝よ。
[PR]
by kirakirakiraku | 2006-04-15 01:09 | ひと

プロかぁ。

深夜に、ある人から電話がきた。久しぶりの着信。

その人と私の共通の知り合いが病気で倒れたのでお見舞いに行こうと思うが、手土産として持っていくのにふさわしい、血液をサラサラにする食べ物はなんだろうかという相談だった。

しかし、「血液をサラサラにする」なんて、みの もんたの方が詳しそうな事は私にはよくわからない。よって、「ようわからんのでググって下さい」みたいな事を遠まわしに言ったのだが、私が医学生だというだけでそういう電話がかかってくるという事にちょっとビビってしまった。

なんせ電話を受けたときの私と言えば、相談が医学関係のことだとわかった途端「はいはい、へぇ~」とか言いながら携帯を持ってベッドからリビングへと移動し、電話をしながらこっそりイヤーノートを開いていたくらいなのだ。病名は5年生なら当然知っているようなメジャー系のものなのに、はっきり言って詳しい事なぞ何も知らなかった。

結局、お見舞いに生ものはあまり勧められないとか、私じゃなくても言えるであろう下らないアドバイスだけして電話を切った。

電話をかけてきた人は私より先輩で年上なのに、電話口ではやけに丁重だった。「こんなこと聞いていいのかなぁ」とか、「血液サラサラとか言ってバカだって思ってるかなぁ」とか、思っていそうな口調だった気もする。ちょうどその時私は月曜日がやって来る事を思い軽く落ち込んでいたので、声が暗かったせいもあるかもしれない。でも実際医者になって患者さんを担当したら、こういう感じで相手は話しかけてくるのかもしれない、と思った。人と接する仕事は、繊細で難しそうだ。

今は学生だからまだいいけども、医者になったらそれこそ、普通知らないことを知っていると思われるし、的確な応対を期待されるだろう。それがプロというものだ。なのにその時こっそりアンチョコ本を見て、とりあえず当たり障りのない事を言って追い返してしまうというのはとても情けない気がする…。
小さな事ではあるのだが、そろそろ本気で勉強しないとなぁ…、と思う出来事だった。

はぁ、フカキョンのスペシャルドラマみて一人ツッコミしてる場合じゃないなぁ…
マークXのCMの新バージョン見て「うぉ~~!」って叫んでる場合でもない…
頑張らないとなぁ~。何からやるべきかなぁ。う~ん。
[PR]
by kirakirakiraku | 2006-04-10 01:16 | ひと

関係ないけど

某サイトさんを偶然見つけて眺めていたらこんなのが…。

会社のトイレで社歌熱唱
185 名前: 名無し職人 : 2006/03/30(木) 01:12:09
昨日、会社のトイレの鏡の前で
「CDTVを御覧の皆様、こんばんわ。平井堅です。今日は先週リリースされたボクのニューシングルを聴いてください」
と、ビブラート全開で社歌を熱唱していると、奥の個室から専務が出てきた。
「平井くん、会社に遊びに来てるのかね?」
と、仰られ、手を洗わずに出ていかれた。

その日の夕方、先輩の平井さんが主任に呼び出され注意を受けていた。
すんません、それ、オレです。


↑めっちゃ笑った。お腹痛いよヒ~。
なんか有名なサイトさんみたいです。面白い!!
[PR]
by kirakirakiraku | 2006-04-08 21:23 | サイト

ポリ栗第一週目終了。

 いやぁ~疲れたなぁ。きらくです。今日は念願の土曜日、久しぶりにダラダラして極楽気分です。今週はポリ栗一週目だったので、慣れない生活リズムに合わせるのに疲労困憊です。

 とは言え私の場合は病理学からポリ栗が始まったので、白衣は着ているものの生きた患者さんと接することもなく、ポリクリ控え室に軟禁されたような状態で調べ物などをしているだけで、あまり「病棟実習」ってかんじはしない一週間でした。

 それにしても、やっぱり朝早くて帰宅が遅いのはきついですね~。自分の好きな事をできる時間ってのが、圧倒的に少なくなってしまいます。これが外科系とかになるともっと朝早く病院に行かなければならなくなるわけだから、つらいだろうなぁと(涙)。当初の噂では
「病理が一番きつい科らしいよ」
とか聞いていた割に、別の科を回っている友人達の方がつらそうだし…。

 病理には、答えの出ない症例検討をやる辛さとかはあるけど、体力も使わないし一日のほとんどは好きにコーヒー飲んだりお菓子を食べたりできちゃうので、班の雰囲気さえギスギスしていなければ楽だと思います。
 ましてやうちの班員構成は、
「かしこい:ふつう:おばか」=「4:0:1」
となっており(もちろんおばか1は私です)もともと頭のキレを期待されてないのでなおさら…。ほんと、みんな凄く頭がいいし知識もあるので尊敬しちゃいますね。うん。私のすべき事は、はせめて迷惑キャラにならないよう遅刻しないことくらいでしょう(って既に一度遅刻してるし~・汗)。

 でも、医者になる気がすっかり消失している私でも、白衣を着て病棟に行くとやっぱり勉強を頑張らなきゃって気はするものですね。ちょっとやる気が出てきてます。これが病棟マジックってやつかなぁ?


 さて、今朝こそはゆっくり寝るぞ…と思ったけど、B型肝炎のワクチンを打つ予定があったので起きました。私はアレルギーがあってB型肝炎のワクチン中止してたんですけど、なんと去年の秋に、私がアレルギーを起こす物質が入っていないB型肝炎ワクチンが発売されたのですよ!だから今日から打ち始めたわけです。そういう新しいワクチンが発売されたって知った時、ほんとに嬉しかったです。新薬で救われる患者の気分ってこういうのかなぁ…しかも、先生が「三角筋の外縁に打つと痛くないんだよ」って言いながら打ってくれたら、本当に注射も痛くなかった。学校で一回だけ打たれたときは激痛だったのに!わ~い、ベテラン医万歳。

 とまぁ、こんなかんじで過ごしているのですが、来週も頑張りま~す。

 
[PR]
by kirakirakiraku | 2006-04-08 19:24 | 学校

不健康体

今日は、病棟実習(通称ポリ栗)のガイダンスのため学校に行きました。
久しぶりの朝集合です。

が・・・

ここだけの話。

私は、最初の休憩時間になった途端とある部活の部室に駆け込んで、暗い部屋の中でたった一人、エヴァンゲリオンの碇シンジみたいに頭を抱えてしまいました。

あまりに人が多すぎるのですよ。

某タイゾーさんは、

…東京は人がいっぱいいますよ。(中略)おそらくびっくりするほど東京は人がいっぱいいますよ。
僕も、初めて渋谷という町を歩いたとき、「あれ、今日はお祭りかな?」って思いましたもんね。普通の水曜日でしたが。何だか宛てもなく歩いていると、「俺、何か悪い事件に巻き込まれるかも・・・」って、すごい不安になりました。


とか言ってますが、私は部屋にたった100人の人間がいるだけでむしょうに不安になり、

こんなに沢山の人間を見たのは久しぶりだ…!!!!

と息が苦しくなってしまいました。
精神科行こうかと思いました、本気で。

春休み期間でもメールしたり遊んだりするような友人とは気軽に話せるのに、「クラスメイト」「知り合い」程度の人達の存在に妙に混乱してしまうというか…。

しかもガイダンスでの各科代表医師の説明もまた、魂を吸い取られそうな元気っぷり。
そう、そもそも元気のない人間が大学病院で医師を続けている確率は低く、窓際族みたいな人間が、科を代表して実習内容を説明しにくるわけがないのです…。
バイタリティ溢れる先生方を見ていると、
「よくあんなに元気でいられるなぁ…もう帰って寝たい」
くらいしか感想が出てきませんでした。

思うに、いわゆる「廃人」としてここのところ「人間を廃業」しているのに、突然「人の間」に入ったのでショック反応が出たのではないかと。
廃人にとって、「支えあうのが人」「人の間にいるから人間」的なムードはいわば酸素のない空気。息してるんだけど苦しい、そんなかんじです。

この調子では私、2週間ごとに新しい科に配属されては先輩医師や患者さんとの一期一会を繰り返すという「人間」な行為(=ポリ栗)には耐えられないかもしれませんデス…(鬱)。


そして帰りにメガネ屋に寄り、度が合わなくなったメガネのレンズを交換しようとしたところ、非情な勢いで近視が進行していることが判明しました。裸眼視力は0.02くらいに落下し、もとのメガネでは矯正視力0.3くらいしかでなくなっていたとのこと。
どうりで近くも見えないと思いましたよ。
悪化原因は、たぶん目の使いすぎ…。
長時間のインターネット、エクセル入力、読書、テレビ、携帯ゲーム、もう思い当たるところがありすぎて胸が痛いです。

起きてからすぐぶっ続けで携帯画面見てゲームして、疲れ果ててそのまま眠るなんて、目にいいわけないです…。


はぁ、廃人生活は心にも体にも悪いですね。
四月からは心機一転、人間らしく生きようと思いました。
まずは土日を使って、なんとか第一段階のリハビリをしたく思います(涙)。
[PR]
by kirakirakiraku | 2006-04-01 00:46 | 学校