お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こんにちは、きらくです。

なんか最近、バブルが再来しかけているそうですね。
バブルって、経済の、あれですよ。

私は、個人的に、「バブル再来」なんて聞くと、「そりゃ~楽しみだねぇ」と思いますね。

振り返ってみれば、今20代後半の私の青春、経済的には真っ暗な時代でした。
「失われた10年」とか「大不況」とか言われて。

私が子供の頃、バブル真っ只中でしたけど、ボディコン着てジュリアナで踊り狂ってたのは、テレビの中の一回り年上のおね~ちゃんであって、お札のチップ貰って潤ってたのも、テレビの中の知らないボーイのあんちゃんであって、実際に私がその人たちの年齢になった頃の日本は、もうそれどころじゃなかったですからね。

当然私が高校生になった頃には就職戦線は大氷河期で、それを見据えた周りの同世代には、安定志向の資格職とか公務員が大人気でしたよね。

だから、なんか、私の中には変なギャップがあるんですよ。
子供の頃、風景として刷り込まれてた「華やかな大人たち」の姿と、自分が大人になったときの「華やかじゃない自分たち」の姿のギャップ。
「人生なんてラクショ~!」って笑っていた若者と、「生きるって大変だ…」って暗い顔している自分たちとのギャップ。

特に、田舎の医学部に来ちゃったせいもあるでしょうけど…。
(医学部の生活とは大学生活ではなく職業訓練校のそれである)

なのでね、バブルがまた来たらいいじゃないかと思うんですよ。
「世の中って明るいねぇ~」「景気いいねぇ~」って言いながら、世間の片隅で浮かれてみたいわけですよ。一度くらいはね。

医学生の研修先として都会が人気で、田舎に人が来ないっていうの、特に東京が人気だっていうのも、なんかわからなくもない。
景気がよくて、自分が小金持ってる時だったら、やっぱり都会は面白いだろうな、って思うもん。

まぁ、世の中の医学生が何を思って都会を目指しているかはわかんないけど…。

そんなわけで、私もちょっと、東京の病院に見学に行ってみよっかな~と思ってしまう(多分見学だけで終わる)、今日この頃。

…好景気だろうと不景気だろうと、どちらにせよ私はお立ち台の上で踊るようなガラでも、年でもないんですけどね。
[PR]
by kirakirakiraku | 2007-02-28 09:30 | ひと

ドラマの話2007冬

どうも、きらくです。

ドラマって、最初イイって思ってても、回数を重ねるごとにダメになっていったりするので危険ですよね。

でも、懲りずにレビューを書いてみま~す!
…っていうかね。

NHK新ドラマ「ハゲタカ」。


面白かったんですよ~。
さっき見たんですけど。
だから~、ドラマについて書きたくなっただけです、ぶっちゃけ(キムタクのまね)。

今シーズンきらくが観てるのは、
「きらきら研修医」
「華麗なる一族」
「ハゲタカ」
の三つです。

まず「きらきら研修医」は言わずもがな、好きとか観たいとかじゃなくて、とりあえず注目キーワード「医者もの」に反応して、観てるだけですネ。
まぁでも、平和なドラマってカンジでいいですね~。
「小西タン可愛いにゃぁ~。黒目大きいにゃぁ~。」と思いながら、かる~い気持ちで眺めております。
あと、加藤雅也さん演ずるMR(医薬品情報担当者)がいいですね。
MRさんって、実はかなり、病院のキープレーヤーだと思うんですけど、今まであんまりドラマで活躍してるところ見ませんでしたから、MRさんが毎回登場するとちょっと嬉しいですね。

…なのですが「きらきら研修医」、両親は、かなり熱心に視聴している模様。
「明日オペ日でさ~」
とか言うと、
「えっ、前立ちするの!?」←覚えたての言葉を使いたいだけ
とか、
「上の先生が気難しいから疲れる…」
というと
「えっ、ガチャピン先生??」←面白くないがギャグのつもりらしい
とか言ってくるようになりました。
コメディっぽい職業ものって、よその業界の人から見ると、とっつきやすくて面白いのかもしれませんね~。


次に「華麗なる一族」。
これ、第1回が放送された時には、かなり期待してました(過去形)。

めくるめく華麗なる生活ぶり、昭和の匂い、ビジネス合戦、夢の実現…!!

なんてのが観れるかなと。
しかし…もう…orz。

血縁の疑惑だの、変態オヤヂの性癖だの、鯉(しかも名前は「将軍」)だの猪だの、私にとっちゃ~どうでもいいことに時間が割かれ、一番観たかった「時代の荒波の中、繰り広げられるビジネスのドラマ」はおざなりに。

私は、銀行合併のダイナミックなドラマが、背広姿の男たちの活躍が、政治的駆け引きが、万俵鉄平の経営手腕が、観たいねん!!

ご都合主義の脚本とか、時代考証なってない演出とか、昼ドラみたいなドロドロ愛憎とか、安っぽいCGはいらんねん!!!

ふぅ~。力説したら疲れた。ま、そういうことです。

もう、溶けてきそうなアイメイクといい突然森から出てくるところといい、その他イロイロ凄すぎる北大路欣也as万俵大介を観察するくらいしか、楽しみがありませんわね、このドラマ。
つまらんです。

…と、思っていたら、登場したのがNHKドラマ「ハゲタカ」。
こちらは現代日本が舞台(といっても五年くらい遅れてるでしょうけど)、「日本を買い叩く」が目標の外資ファンド社員と、エリート銀行マンの対決を描くドラマ。
ビジネスものなので、きらくのニーズに合っていたのか…。
第1回はとっても面白かったです。
展開にもスキがないし、画像も青みがかって綺麗だし、演技もいいし。
今後ともNHKには、公共放送の意地、見せちゃってほしいもんです。
期待のドラマです。


ではでは。
[PR]
by kirakirakiraku | 2007-02-17 23:50 | 映像

ポリクリが終わった。

どうも、きらくです。

ぽ、ポリクリ終わりました~~!!

うれしいです…。
凄くうれしいです。


昨日はポリクリ全体を振り返って打ち上げしましたよ。
班員の前で初めて酔って潰れました。


うちのポリクリ班は正直、大当たり班だったと思います。

ポリクリ班のメンバーは学校側に強制的に決められてしまうので、運命と思い受け入れるしかないもんです。
好きで一緒にいる友人とは全く性質の違う集団です。
ところがうちの班は、
「ブレーンかつ華麗なる容姿かつしっかり者のメンバーが四名+お荷物一匹(きらく)」
という構成だったので、いつも私は恩恵にあずかっていました。

厳しいドクター達も、うちの班員の、質問に対する的確な解答と、美しい笑顔と、空気を上手に読んだ気遣いある行動のおかげで大抵はニッコリ笑顔になり、優しくしてくれました。
ドクターから理不尽に八つ当たりされた記憶とか、ほとんどありません。

きらくはその中で、遅刻をしたり、授業中はもちろんのことたまにオペ中に寝て意識を失ったり、変なところに車を停めたり、勉強できない子だったり、ウザイ事を言ったり、カレシができないからいじけたりしてチームプレーに水を差しました。
でもいつも班員にフォローしてもらってたので、ストレスの少ないポリクリ生活でした。

本当にお世話になったものです。
この一年間、両親よりも、親友よりも、長い時間一緒にいてもらった人たち。

ありがとうです!!


…けどね。
ポリクリ終わって、寂しいって思わなくもないんだけど、ほとんど寂しいとは思いません。
むしろ、誤解を招きそうな言い方だけど、今後の人生に期待大です。

私、さっさと学生脱出したいんです。

今の私は、親に金銭的に依存してて、毎日社会人みたいに病院通って、立ちっぱなしで見学だけの一日を過ごして、帰って…の繰り返しじゃないですか。
でも、免許とって卒業したら、病院通ってもお給料もらって自立した生活ができるし、患者さんにも治療ができるから、今みたいに厚意で協力してもらうのとは違って人の役に立てるし…、
何より免許取得のために必死でガマンしなくてよくなります。

免許が欲しいから、今は~できない。

この学校に入ってから私は、↑の言葉で、色んな事を諦めてきました。
半ば強制されて医学部に入り、取捨選択できない授業を受け、興味のわかないテスト勉強をして、五年生になってからは毎朝早く起きて、大嫌いだった病院に日々通ったのも(病院という場所は陰気なのでもともと嫌いです)、全ては免許状一枚のため

でも、免許を取ったら、今度こそやっと、自分の人生を自分で決めることができる日がくると思うんです。

ポリクリが楽しくて、医者の仕事もいいなあと思い始めたから、もしかしたらずっと病院勤務するかもしれないけど、それは誰かに強制されることじゃなく、私が決めること。

そうやってちゃんと「自分で選択できる」人生は、きっと楽しいものだって信じているから、無事ポリクリが終わって次に進めることが、心の底から嬉しいんです。


長かった、五年間。あと一年の我慢だ。
頑張れ、自分。


班員の皆さんに底上げしてもらった状態で回るポリクリより、来年の選択ポリクリとか、病院での勤務はつらいかもしれないけど、皆に教えてもらったことを生かして頑張ります!!

お疲れさま!!
そして
ありがとう!!!
[PR]
by kirakirakiraku | 2007-02-10 11:46 | 学校