お気楽に、きらきらしたものを集めます。管理人名前=きらく。かわいいグッズに目がない。一応大学卒業が決定したらしい。


by kirakirakiraku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タオルを投げないで

どうも、きらくです。
国家試験模試で4割の成績をたたき出し、やばさ満点です。
果たして、来年医者になっているのか…
多分、なっていると思います。信じています。

ところで、最近ハマっているものがあります。
それは、タオル。
ふかふか、ふわふわのタオルに包まれていると、
いやなことを忘れます。

今までうちには干からびたようなタオルしかなかったので、
ちょっと奮発して良いのを買ったりしています。

お気に入りは、無撚糸のタオルです。
ふかふか具合が違う!(商品にもよるけど、スゴイのは驚くほどふわふわ)
タオルなんだけど、お風呂上りとかじゃなくて、
普段スリスリして楽しむ抱きぐるみのように使ってしまいそうです!
[PR]
# by kirakirakiraku | 2007-12-20 20:29 | 生活

噂のうわさ

ども、きらくです。

突然だけど、ど田舎に来てわかったことを書こうと思う。
それは、噂の凄さについて。

私はもともと別に都会育ちじゃないけど、田舎育ちというわけでもない。
ただ、うちの学校に来て一番驚いたことの一つは「噂」の凄さだった。

何が凄いって、「量」「速さ」「質」どれもディープ。
一学年100人しか人間がおらず、同質性が高くて狭いコミュニティでは、
噂が凄い勢いで浸透して、共有されていくのだ。
だから、良くないことかもだけど、私自身、ほとんど話したことの無いヒトの
恋愛関係とか、色々、聞いてしまうこともある。

それで、ここに6年間いてわかったことだけど、私自身についても、
やっぱりいくつか噂はまわっているらしい。
まぁ、内容は薄いけど。

どうしてそれに気がつくかというと、いつも滅多に話さない人と
会話すると、
「そういえばきらくちゃんって、○○なんでしょ??」
って言われるからだ。
その内容がいつも同じだから、
「ああ、こういうパターンの噂が流れてるんだ」
ってわかる。

そういう時、大抵テキトーに誤魔化すのだが、
はっきり言ってその噂の内容って、せいぜい当たってるの半分くらいだな、
と思う。

あとは、私の人生にとっては全く重要じゃないことが、
私のトピックスのように流れていたりもする。
「あ、そんなん忘れてたわ」とか
「あ~、それ、私の遠い知り合いで、彼氏じゃないし」とか、
噂を聞いて内心思ったりもする。

もちろんそうやって私にもたらされる噂の中には
全くの根も葉もない噂も混じってて、マイナーキャラの私の噂には
あんまりディープなのは無いようだからそれほど必死に訂正もしないけど、
私に面と向かって言いにくい内容の噂で、どんな嘘が
流れているか想像力豊かに妄想してみると
(そういうのは誰も直接訊いて来ないから私の耳には入るまい)
ちょっとゾッとする。

ちなみにここ数ヶ月一番良く言われてる(と思われる)のが、
「直接訊き」だけで計7名に言われた、
「きらくちゃん、東京での就職活動失敗して田舎行くんだよね、残念だね」
である。

まぁ、これは言われてもしょうがないんだけど、はっきり言えば全然違う。
私は東京の、某掲示板で「就職難易度ランキング」上位に乗っている
某病院からも、特に有名じゃない東京の某某病院からも、
ちゃんと就職内定はもらっていた。
私がマッチング希望一位に書けば、東京マッチは確実って状況まで
持って行けてたのだ。

でも、悩んで悩んで、結局私は、田舎のある病院を第一志望にして、
そこにマッチした。
私はその就職先を心から一番いいと思って選んだので、
外から見れば「失敗」だけど、別に失敗したわけではないと思ってる。
でも噂だと私は「やっぱり東京だめだった敗北者」なのかな…(汗)。
やれやれ。

まぁ、東京に行きたい!って宣言してそのままにしてたこの日記を
見てる人は混乱してしまうかもだけど、私なりに、就職活動が終わってから
色々考えたのだ。
マッチングの中間発表を見たりもしたし…。

ついでに言うと、なんできらくのような不勉強者が東京の人気病院に
内定もらえてたかっていうと、それは某病院の某先生が私を
気に入ってくれて、推してくれたからなんだけど、
マッチングで第一志望にしなかった=裏切ってしまったから、
飛行機乗って謝罪にも行ったりしたくらいなのだ
(ま、それだけの為に飛行機乗ったわけじゃないけどね)。

でも私も結構、噂を聞いて色眼鏡で人を見てしまうことがあるから、
気をつけねばなぁ。
田舎病院にマッチしたから、多分来年も狭い田舎暮らしだしね~。

でもね、もう一つ、気付いた事がある。
田舎だから、噂が凄いわけじゃないんだよね。
コミュニティが狭いから噂が凄いんだと思う。

だって、私がマッチングで受験して結局希望順位登録しなかった
とある東京の病院も、噂が凄かった。
その噂は、某巨大掲示板のその病院のスレに、繰り広げられてた。

スレの中では、関係者ならすぐわかる伏せ字で、
誰と誰が付き合ってるとか、今年の研修医の誰はバカだとか、
研修医の誰はナースに手をつけたとか、
大量の病院内の噂が(おそらく内部の人間によって)
書き込まれていたのだ。

その内容がエグくて、とても希望する気になれなくなって、
そこの病院は私、希望順位登録しなかった。

よく考えれば、どこに行っても、最後は結局狭いコミュニティ。
ってことは、今後もずっと、噂とは縁が切れないのかもね~。
[PR]
# by kirakirakiraku | 2007-12-13 17:39 | 生活

ケンカ続報

ども…きらくです。
以前書いた、なよなよしい友達と、仲直りしました…(多分)。

「縁が切れるにしても、最後に謝るだけ謝っとこう」
って思って電話して、謝ってるうちに泣けてきて、
泣いてるうちに会話が思ったのと違う方向に行って、
ケラケラ笑ってしまい、
多分また友達に戻ったかな~という展開で終わりました。

っていうか、いじめて泣かせて置き去りにしたのに、
「まぁ、ほら、あんなことがあったら、今度はますます、
なんでもぶっちゃけて話せるし、ねぇ…」
などと、(フォローなのか本気なのかわからない)能天気さで言う彼は、
多分、ある意味「本物」なんだなあと思いました。

自分でも「本物」の意味が書いててよくわからないんですが…。
本物の天然?
本物のおっとり屋?

う~ん…

話変わりますが、私は男の人の前で「男役」をやるのは嫌いです。
でもその割りに、すぐ「男役」になってしまう性質があります。

例えば、デートしていてあまりにも段取りが悪い場合、
代わりに仕切ろうとしてしまったり、

どうも頼りない人だなぁと感じると、
「あ~もういいよ、全部自分でやれるから」
って、強情自立モードに入ったり、

「お前が決断できないなら、私についてこい(いわゆるパターナリズム)」
って暴走したり…(汗)。

とはいえ、その行動の裏には究極の甘ったれ願望があるわけで、
正確には、私は男役の振りをするという形で卑屈にスネているだけで、
そもそもそういう「男役な自分」を望んでいるわけじゃないから、
楽しくない。

向こうも、半端に雄雄しい私にイラッとくる場合が多いみたいで、
そのように私が「男役化」することでうまくいかなかった相手は、
友達も含めれば、数知れずです。

話戻って、例のなよなよしい彼の前でも、
私は時々「男役」に回らねばならないので、居心地悪い時があります。
この前いじめちゃった時も、ちょっとその傾向がありました。
多分私はそもそも、彼に好きな人が出来た事実に非常にスネてて、
そのうえ2人で観光するってコンセプトでに集まったのに
「別にどこも遊びに行きたいところはないですね…」とか
「う~ん…ご飯はなんでもいいです…」
とか言うのでイラッときて、やっちゃったのかな、と。

でも彼の場合特別なのは、「男役」にまわった居心地悪い私を
柳のように受け止めて、なんだかよくわからないけど
とりあえず着地させてくれることで、だからずっと続いてきた気がする。

ということは、彼は上手な「女役」ができる人であって、
私にとって、千両役者の女形みたいなものなのかもしれないです。

でもそれって、歌舞伎の女形の人が、女らしい仕草をするために
凄く筋肉を使っているのと同じように、
実は彼が、非常に広い懐で、私を甘えさせてくれているということなのかもしれない…。
単に根っから女々しい性格なだけのような気もするけど。
男らしさも、表裏一体かなぁ?

そんなわけで、色々ありつつも、電話を切った後漠然と
「なんとなく、彼とはこれからもず~っと友達でいる気がする…」
と思った次第です。


ほんと、お騒がせして申し訳ありませんでした(汗)
ではでは。
[PR]
# by kirakirakiraku | 2007-12-02 11:42 | ひと